このページの先頭です
西東京市立東伏見小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで

現在のページ 東伏見小学校 の中の スクールライフ の中の 全校朝会の校長講話 の中の 平成29年度 の中の 「教室はまちがうところだ」 のページです。

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばして本文へ
  • 学校の紹介
  • スクールライフ
  • 行事予定
  • 学校の組織

平成29年度

サブナビゲーションここまで

本文ここから

「教室はまちがうところだ」

更新日:2017年4月27日

平成29年4月24日(月曜日)

おはようございます。おとといの授業参観では、どのクラスも落ち着いて学習に取り組んでいました。進んで手を挙げて答える人が多くて、指名されると、「はい!」と返事をして立ち上がり、それからしっかりと答えている姿が、1年生の教室でも見られ、すごいなあと思いました。でも、発表の声が小さくて、聞こえないくらいの声で答えている人もいました。そんなときは、先生がマイクになり、スピーカー役をしてくれていました。はずかしいのかな、まちがえるのがこわいのかな。せっかく手を挙げて答えるのだから、もっと、元気に大きな声を出すといいのになあ。
そんなふうに考えていて、ある詩を思い出しました。それは、静岡県の学校の先生だった、まきたしんじさんという方がつくった詩です。タイトルは「教室はまちがうところだ」とても長いので初めの部分を紹介します。

教室はまちがうところだ
みんなどしどし手を上げて
まちがった意見を 言おうじゃないか
まちがった答えを 言おうじゃないか

まちがうことを おそれちゃいけない
まちがったものを ワラっちゃいけない
まちがった意見を まちがった答えを
ああじゃあないか こうじゃあないかと
みんなで出しあい 言い合うなかで
ほんとのものを 見つけていくのだ
そうしてみんなで 伸びていくのだ (子どもの未来社刊)

まだまだ、詩は続きます。そして最後はこう言って終わります。「そんな教室作ろうやあ」全文が読みたい人は、図書室で探してみてください。
みなさんも、まちがいをおそれずに、ともだちのまちがった答えを笑わずに、ああでもない、こうでもないとかんがえて、友達や先生と一緒に、よい勉強ができる教室を作ってください。

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

東伏見小学校

住所:〒202-0021 西東京市東伏見六丁目1番28号
電話:042-463-4517
交通アクセス
Copyright © Higashifushimi Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る