このページの先頭です
西東京市立田無第一中学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

  • 学校の紹介
  • スクールライフ
  • 行事予定
  • 学校の組織
サイトメニューここまで


本文ここから

学校経営方針

更新日:2022年4月7日

令和3年度学校経営方針 西東京市立田無第一中学校長 坂元 竜二

学 校 教 育 目 標
 人格の完成を目指し、持続可能な社会の担い手となる自立した市民を育成するため次の4つの教育目標を定める。
「自ら考え、ねばり強くやりぬく生徒」・・・学びに向かう力
「きまりを守り、思いやりのある生徒」・・・人間関係形成力
「心身ともに健康な生徒」・・・・・・・・・健康増進力
「伝統を尊重し、郷土を愛する生徒」・・・・社会参画力
○(目指す学校像)
 ・生徒一人一人が大切にされ、誰一人取り残さない学校
・「知」「徳」「体」の調和のとれた生きる基盤を地域と共に培う学校
○(目指す生徒像)
 ・自ら考え、心身ともに健康で、きまりを守り、思いやりのある生徒
 ・よりよい社会の形成のために伝統を尊重し、郷土を愛する生徒
○(目指す教師像)
・教育公務員としての自覚と誇りをもち、ライフワークバランスを保ち、学び続け協力し合う教師
・組織の一員としてカリキュラムマネジメントを意識した活躍できる教師

学校教育目標を達成するために
1 自ら考え、ねばり強くやりぬく生徒(「学びに向かう力」を育成するために)
(1)各教科において、主体的・対話的で深い学びを実現し、基礎的・基本的な知識・技能の習得、思考力・判断力・表現力等の育成、学びに向かう力、人間性等の涵養を偏りなく実現する。
(2)総合的な学習の時間において環境教育やSDGsについての学習を推進するとともに、伝統文化に関する教育やキャリア教育の充実を図り、意欲をもって自ら課題を設定し、探究を繰り返す力を育成する。
(3)GIGAスクール構想の実現に向けてすべての教員がタブレットを活用した授業を実践しながら、情報リテラシーを育成し、情報モラル教育を充実させ、学習指導の質の向上を図る。
(4)小学校3校の連携校と、児童・生徒会活動等を通して小中一貫教育の推進を図る。
(5)ICT環境等、時代の変化に対応した学習環境の整備に努める。
2 きまりを守り、思いやりのある生徒(「人間関係形成力」を育成するために)
(1)コロナ禍に対応した学校行事を工夫し、自尊感情や自己肯定感を高め、人権教育及び子どもの権利に関わる教育を推進する。
(2)特別の教科 道徳の時間を中心に全ての教科・領域の指導の中で、思いやりの心や規範意識を向上させ、生命尊重教育を推進する。
(3)スタートアップ期間の新設をはじめ、様々な教育相談活動を通して、西東京市「いじめ防止強化月間」の実施(年3回)と、西東京市子ども条例及び西東京市いじめ防止対策推進基本方針・西東京市いじめ防止対策推進条例に基づき、いじめ防止対策の充実と、児童虐待に関わる健全育成の推進に努める。
 3 心身ともに健康な生徒(「健康増進力」を育成するために)
(1)「学校2020レガシー」の構築に向けた取組を推進し、健康に関する指導を充実させ、「健康」応援都市・西東京市の市民として、健康と体力作りに取り組み、自らの健康を保つことのできる生徒を育成する。
(2)教育支援システムを活用して学校における教育支援体制の充実を図り、「西東京あったか先生」の取組を充実させ、不登校の未然防止や一人一人を大切にする指導、支援、対応を推進する。
(3)特別支援学級における知的障害教育、情緒障害教育の内容と指導、通常の学級における支援、特別支援学級と通常の学級の交流及び共同学習を充実させ、一人一人を大切にする教育を推進する。
4 伝統を尊重し、郷土を愛する生徒(「社会参画力」を育成するために
(1)キャリア・パスポートを活用して、生徒が自身の変容や成長を自己評価しながら、持続可能な社会の担い手となる自立した市民として地域の中で地域と共に学び共に生きる力を育成する。
(2)地域の特別支援学校等との連携・交流及び共同学習を充実させるとともに、生徒にボランティア活動への参加を呼び掛けるなど、社会参画の意識を高める。
(3)SDGsの学習を通して、最新の時事情報を収集し、環境等への貢献と自らと地域の未来を考える力を養う。
5 学校の教育目標の達成に向けたその他の事項
(1)学校組織の活性化のため、研修・研究体制を充実し、教職員の資質・能力の向上を図るとともに、教職員の経営参画意識を高めながら、働き方改革の推進を図る。
(2)学校運営連絡協議会や学校関係者評価委員会の意見を踏まえ、保護者や地域との連携・情報の共有を図り、本校の教育の向上・発展を図る。

経営の方針について
1 西東京市教育委員会の教育目標を踏まえ、本校の教育目標の具現化を図るために、教育活動全体を通して生徒の健全育成を含めた教育を充実させる。そのために、指導の基盤となる学級、学年経営を主軸に学校としての一貫した指導体制を作り、生徒の自尊感情や自己肯定観を高める学校経営を行う。
2 公立学校の使命を自覚し、法令等を遵守し、学習指導要領のねらいを踏まえ、「知・徳・体」のバランスのとれた教育活動を実践する。
3 教職員個々の人格、能力、創意を生かし、「チーム一中」として、生徒一人一人を大切にした誠意ある指導、支援を行う組織とする。

指導の遂行について
1 生徒の学ぶ権利を保障し、適正な教育課程を編成するとともに、指導と評価の充実を図る。
2 「西東京あったか先生」として生徒理解に努め、体罰ゼロの指導を行い、いじめや児童虐待防止に努める。
3 生徒との信頼関係を確立し、基礎学力の向上と基本的な生活習慣を育成する。
4 人間としての生き方についての自覚を深め、道徳的実践力を育成する。
5 特別支援学級の適切な教育活動を展開するとともに、通常の学級との交流及び共同学習、教科等における学習活動を工夫する。これに通常の学級はすすんで協力する。
6 生活指導においては、未然防止及び早期発見に努め、対応に当たっては、最悪の状況を想定し、慎重かつ素早く、誠意をもって組織的な対応を行う。また、毅然とした指導のなかにも、生徒の人格を尊重し、優しさと温かさのある指導を積極的に行う。
7 不登校生徒の支援の在り方を認識し、教育相談を充実するとともに、あらゆる場面や機会を捉えて生徒の実態、家庭の実情等を把握する。

このページのトップに戻る本文ここまで


田無第一中学校

住所:〒188-0012 西東京市南町六丁目9番37号
電話:042-462-2811
交通アクセス
Copyright © Tanashidaiichi Junior High School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る