このページの先頭です
西東京市立田無第二中学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • サイトマップ
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで

現在のページ 田無第二中学校 の中の 学校の紹介 の中の 学校経営計画 の中の 学校経営計画(令和5年度) のページです。

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばして本文へ
  • 学校の紹介
  • スクールライフ
  • 行事予定
  • 学校の組織

学校経営計画

サブナビゲーションここまで

本文ここから

学校経営計画(令和5年度)

更新日:2023年4月11日

令和5年度学校経営計画 令和5年4月1日 校長 矢野尊久

1 新しく創意工夫する田無第二中学校へ 

 一人ひとりの教職員が協働して、質の高い教育を目指して田無第二中学校を築けるよう、主体的に学校経営へ参画していく。※普通を極める。
「トライアンドリフレクション」をキーワードに創意工夫された田無第二中学校の教育を目指す。(Try&Reflection 挑戦し、次を考えて振り返える)

2 教育目標

 本校の伝統である「誇れる上級生 学ぶ下級生」掲げ、地域、保護者と協働し、身に付けた学力と知性、豊かな心を確かなものにし、社会に貢献できる人材を育てる学校を創る。
健康 誠実 敬愛

3 目指す学校像

〇生徒が生き生きと学ぶ学校
・思いやりと礼儀があり、優しさ、あったかさのある学校
一人ひとりを大切にし、誰一人取り残さない学校 ※不登校生徒削減
・生徒の資質・能力を伸ばせる生徒主体の学校
・教職員が目標をもって経営参画し、生きがいを感じる学校
・保護者や地域が信頼し協力する学校

4 目指す生徒像

自分も他人も大切にする生徒、その上で主体的に自身の力の向上を目指す生徒
 主体的な学びの姿勢をもつ生徒・受け身ではなく
・相互に人権を尊重し、支え合う生徒、人に優しい生徒
・社会性を大切にし、周囲と場に応じたコミュニケーションができる生徒
・自ら考え判断、表現し、メタ認知ができる生徒 ※キャリアパスポート、活動での振り返り
・目標をもち、自分の資質・能力を高める生徒
・取り組むことで達成感を感じられる、自己肯定感のもてる生徒

5 目指す教師像

〇「目指す生徒像」に向けて主体的に経営に参画する教師 ※学校・学年で保護者と共通理解
・一人ひとりの生徒をあたたかく大切に育む教師、深い愛情をもって生徒の良き「聴き手」となり、支援する教師 ※二者面談、西東京市あったか先生、特別支援教育推進、※不登校削減
・高い専門性をもち、創意工夫に満ちた分かりやすい生徒主体の授業に努める教師
ファシリテーション能力とICT活用能力の向上に努める教師
教育活動全体(授業、行事、諸活動、地域との関係等)において目標を設定して組織的に行動できる教師

6 目標達成のための学校経営方針

感じ取り、考える生徒のために 教科指導・生活指導において

  1. 生徒が主体となる指導 ※授業等において講義形式以外の積極的な取り入れ、生徒が考える時間と機会の確保、考えを書いたり、伝えたりする活動の設定

  2. 個別最適化された学びにおいては指導の個別化、学習の個性化を取り入れ、協働的 な学びとのベストミックスの実現 ※ICT活用継続、研究成果継続

  3. 全ての生徒に分かりやすい授業づくり ※ユニバーサルデザインされた授業、授業評価

  4. 生徒のファシリテーション力育成 ※4人班、生徒自身が指導の目標を見定めた話し合い活動、生徒の発言率、確実な振り返りの実施等

  5. 問題解決に向けて様々な方法を考え、よりよいものを選択し、取り組むことができ る生徒の育成 ※研究成果の継続

  6. 指導と評価の一体化、教師と生徒が共通理解をした学び、特に学びに向かう力を大切にした指導粘り強い学びの取組・学びの調整への指導、評価計画(シラバス) ※評価基準、

  7. 自分を大切にする自己有用感醸成、他者理解の推進 ※面談、ハイリスク生徒管理、生徒の多 様性を重視、特別支援教育推進

  8. 不登校生徒へ寄り添った対応と指導 ※不登校を出さない、不登校加配配置校としての取組

  9. 生徒が自主的によりよい校内生活を考える風土の醸成 ※子ども条例、子どもが「ど真ん中」のまち

感じ取り、考える教職員を目指して 経営参画・組織員として

  1. 経営方針に添った目標を教職員自身が具体的に設定、自己評価できる参画姿勢 ※PDCAサイクルにより具体的な数値目標を設定、評価、学校評価表に反映

  2. 質の高い公立学校における教育を実践、西東京市や東京都の教育理念を大切した取組 ※学力向上、西東京平和の日、ふるさと探究学習、西東京あったか先生等

  3. 業務の効率化(時間、物、意識の整理)をした働き方改革

  4. 感染症対策制限緩和に伴う授業のあり方や諸行事・諸活動の創造

  5. 地域学校協働活動において工夫と連携を重視 学校運営協議会、ふるさと探究学習

  6. 教師自身が授業、諸活動においてファシリテータション ※教師主体ではなく生徒主体

信頼のある学校 職務・服務・教育公務員として

  1. 西東京あったか先生の主旨に添った指導と人権感覚 ※言葉遣い(生徒がいてもいなくても)、虐待・いじめ防止

  2. 服務規律の遵守 ※服務事故0 机フラット化

  3. 地域との協働による地域連携 ※学校運営協議会

  4. ハラスメントのない職場づくり

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

田無第二中学校

住所:〒188-0003 西東京市北原町二丁目9番1号
電話:042-462-2812
交通アクセス
Copyright © Tanashidaini Junior High School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る