このページの先頭です
西東京市立碧山小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

サイトメニューここまで

現在のページ 碧山小学校 の中の 学校の紹介 の中の 教育計画 のページです。

本文ここから

教育計画

更新日:2020年4月1日

1.教育目標

(1)学校の教育目標

 人権尊重の精神及び子どもの権利を大切にすることを基盤とし、めまぐるしく変化するこれからの社会に柔軟に対応し、人と社会と自
然環境と協調しながら、生涯を通じて豊かに生きていくための資質・能力を育成するため、次の目標を設定する。
◎ 自分でよく考え工夫する子(課題解決のため、主体的に考え創意・工夫する子:「問題解決力」)
○ ねばり強く前向きに取り組む子(物事を前向きにとらえ、積極的かつ粘り強く取り組む子:「実践力」)
○ 人の立場に立って行動する子(人との関わりを大切にし、力を合わせて活動する子:「人間関係形成力」)

(2)学校の教育目標を達成するための基本方針

 西東京市教育委員会の教育目標や西東京市教育計画を踏まえ、本校の教育目標達成に向けて、感染症対策に留意しながら、保護者や地域との協働体制のもと、社会に開かれた教育課程を編成する。子どもにやる気をもたせ、子ども・保護者・地域から信頼されるよう、積極的に研究授業や授業公開を行い、互いに切磋琢磨して授業力の向上を図る。また、西東京GIGAスクール構想を活用した誰一人取り残さない教育の実現を図る。さらに、「西東京あったか先生」の推進及び充実に努め、教職員の人権感覚を高める。
ア 自分でよく考え工夫する子(「問題解決力」を育成するために)
【1】 探究的・問題解決的な学習を実践し、子どもの自己解決力・学ぶ意欲の向上を図る。ESDの視点に立った学習活動を通して、魅力ある地域性を生かし、持続可能な開発目標(SDGs)に取り組める児童を育成し、問題解決力の向上を図る。
【2】 不断の向上心をもち、前向きに工夫・改善を目指し、学習効果の最大化を図るためにカリキュラム・マネジメントの視点に立って学習計画を見直し、授業改善を進める。
【3】 基礎的・基本的な事項の確実な定着とその活用を通じて、思考力・判断力・表現力を育成する。また、対話を取り入れた学習を計画することで、主体的・対話的で深い学びを実現する授業を目指す。
【4】習熟度別指導・ICT教育・読書活動の充実を通じて、個に応じた指導を充実させる。多様な子どもたち一人一人に個別最適化された学習指導を一層推進し、学力の向上を図る。
イ ねばり強く前向きに取り組む子(「実践力」を育成するために)
【1】 子ども自らがめあてをもち、振り返りを通じて自己の成長に気付ける活動を重視する。
【2】 SNSの扱い方を含む生活習慣の確立、計画的な安全指導の実施、毎日の給食指導の充実を通じて健康教育を推進するとともに、体育授業の工夫・改善により体力の向上を図る。
【3】 自分のよさに気付いたり、将来の生き方を考えたりするキャリア教育の充実を図る。
ウ 人の立場に立って行動する子(「人間関係形成力」を育成するために)
【1】 道徳教育や交通安全教育の充実を図ることで命の大切さの理解を深める。
【2】 子どもの自己肯定感を高めるとともに、いじめの早期発見・解決に努め、人権教育を推進させるとともに、自他の心の教育を充実させる。そのために、一人一人の子どもを大切にし、子どものわずかな変化を見落とさないようにする。
【3】 異学年交流・幼保小中間連携・障害者との触れ合い活動などを進めるとともに、他人との違いを大切にし、特別支援教育や教育相談の啓発を図る。
エ 学校の教育目標の達成に向けたその他の事項
【1】 全教職員が、「西東京あったか先生」を目指し、子どもから慕われる関係をつくる。
【2】 本校の良き伝統を守りつつ、保護者・地域の声を確実に受け止め、協力体制を構築し、教育の質を高めると共に、各種媒体を活用した教育広報(学校ホームページ等)の充実を推進する。また、地域の人的・物的資源を活用した学習活動の充実を図るとともに、CSへの移行に向け、地域に開かれた教育活動を推進させる。
【3】 教職員の専門性、チームワークを発揮して、「プロの集団 チーム碧山」として組織的に教育活動を推進させるとともに、働き方改革を着実に前進させる。

2.指導の重点

(1)各教科、道徳、特別活動、総合的な学習の時間

ア 各教科
(1) 教科等横断的な視点に立ち、言語活動の充実と思考力・判断力・表現力等の育成を図り、授業改善推進プランに基づいた授業を行う。また、授業交換等、教員の専門性を生かし、分かる授業・よりよい授業の充実を目指し、子どもに成就感を味わわせ、学力の向上を図る。(エ(3))
(2) 本校の「学習の基礎ルール(スタンダード)」の共通実践を通じて、学習規律の定着充実を図る。全国学力・学習状況調査等の分析結果を基に、個に応じた教材や指導方法を工夫改善し、指導と評価の一体化を図る。ペアやグループ等での対話的な学びや読書活動等を工夫し、学習の基盤となる言語能力を育成する。子どもの疑問や驚きを大切にし、めあてや予想、振り返りのある授業を行うことで、主体的な学びを実現する授業を目指す。また、算数科での習熟度別授業では、習熟度に応じた課題提示や適用問題を用意するなどの工夫改善を行い、個に応じた授業を展開する。そのために、東京ベーシック・ドリルや診断シートを活用していく。(ア(3))(ア(4))
(3) 各教科等の授業で、1人1台のタブレット端末を活用し、一斉学習、個別学習、協働学習を行う。また、デジタル教材の日常的な活用を図るとともに、オンライン授業を実施する授業日(オンラインドリル)を年1回実施する。各学年の年間学習指導計画にプログラミング教育を位置付け、子どものプログラミング的思考を育む学習活動を展開する。(ア(2))(ア(4))


イ 道徳科
(1) 自分も他の人も大切にし、一人一人を大切にした学級経営を進める。そして、多面的・多角的に考え内省を重視する指導方法を工夫し、特別の教科 道徳の充実を図る。また、家庭やPTA、育成会・地域との連携を深め、協力して道徳教育を推進し、子どもの心の育成を図る。(ウ(1))
(2) 自尊感情を高め、いじめは絶対に許さないことが自覚できるように、いじめに関する授業を学期初め等年3回以上実施し、道徳的な判断力、心情、実践意欲と態度を育てる。また、SOSの出し方に関する教育の推進を図るために、5年生の年間指導計画に位置付ける。さらに、「西東京市子ども条例」について学習する授業を全学年で行う。(ウ(2))


ウ 外国語活動
(1) 積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を養うために、子どもの興味・関心を引き付け、コミュニケーションの必然性のある学習活動を工夫する。(ア(3))
(2) 言語や文化について理解を深め、英語の音声・表現に慣れ親しむ操作や動作を伴う体験的な活動を創意工夫し、外国語活動の充実と共に、ALTやACを活用した英語教育の推進を図る。(ア(3))(エ(2))


エ 総合的な学習の時間
(1) 3年間に及ぶSDGsの研究活動を「総合的な学習の時間」「生活科」を中心として、あらゆる教育活動の中で具現化させ、ESDを通してSDGsの達成を目指す。また、体験的な活動を重視した総合的な学習の時間を充実させ、各教科等で習得した知識・技能を相互に関連付けながら、子どもが生きる力を育むように指導を行う。(ア(1))
(2) 子どもが「地域に住む人々」「地域に貢献できる自分」の視点をもって、つながりを大切にし、人・社会・自然は互いに関わりながらよさを生かしていることを概念的に理解できるように地域教材の活用を推進する。(エ(2))


オ 特別活動
(1) 学級活動、児童会活動、クラブ活動、たてわり活動、学校行事の充実を図る中で、コミュニケーション能力を高め、人間関係を豊かにし、主体的に取り組み、自己実現を目指して力強く生きる子どもを育成する。(イ(3))(ウ(3))
(2) 課題解決のために話し合い、合意形成を図り、主体的に考えて実践できるように指導する。(ア(1))(イ(1))

(2)特色ある教育活動

【1】 学校司書と連携し、学校図書館を活用した読書活動の活性化に努める。朝読書、たてわり活動を生かしたリーディングバディ、読書郵便等、多様な読書推進活動を実施する。【ア(4)】
【2】 体力向上を目指して体育科の授業の工夫・改善を行う。また、東京2020オリンピック・パラリンピック後の「学校2020レガシー」の構築に向けた体力向上の取組を推進する。その中で、持久走や短なわ等、全校での体力増進活動を計画的に行う。さらに、毎日の給食等を通して食育を推進するなど、体力向上と健康に関する関心を高め、健康教育を充実させる。西東京市が目指す健康応援都市としてがん教育も実施する。【イ(2)】
【3】 各教科等の授業・防災教育・金銭教育・外国語活動・読み聞かせ、総合的な学習の時間等、地域の魅力的な教材・人材を教育活動に積極的に位置付け、教育効果を高める。【エ(2)】
【4】 開校60周年に向け、歴史を振り返り、未来を展望する取組を推進する。その中で、子どもたちや地域の方々の協力のもと、郷土資料室の開設を目指す。【エ】

(3)生活指導・進路指導

ア 生活指導
(1) 学校いじめ防止基本方針を基に、子どもの人権を尊重し差別や偏見をもたせない学級経営、学年経営を行うために、いじめに関する校内研修会を年3回以上実施する。また、「西東京あったか先生」や人権教育プログラム、「西東京市子ども条例」についての校内研修を週1回程度も行い、全教職員が一丸となって一人一人を大切にした指導を充実させる。(ウ(2))(エ(1))(エ(3))
(2)生活指導夕会・生活指導全体会、特別支援校内委員会、いじめ虐待防止校内委員会(毎月2回)を通し全教職員で子どもの情報を共有し、組織的な対応を行い、いじめをしない、させない集団作りや不登校未然防止対策を行う。(ウ(2))(エ(1))
(3) スクールカウンセラーや関係諸機関との連携を密にすると共に、一人一人の特性に応じた支援が図れるよう、特別支援校内委員会を毎週開催して支援策を協議し、個別支援を充実させる。また、個別の教育支援計画や個別指導計画を作成し、随時更新して活用し、特別支援教育の充実を図る。(ウ(2))(ウ(3))(エ(3))
(4) 集団登校による生活・交通安全教育、防災教育を重点に安全教育を推進する。また、児童虐待に係る関係機関や地域と連携した対応策等を協議するため、児童虐待防止外部委員会を毎学期開催する。(ウ(2))(エ(3))
(5) すっきりさわやか週間・朝の挨拶運動・グッドウォーク運動などを通して、基本的生活習慣の定着を図り、挨拶や決まりを守る子どもを育成する。また、夏季休業日明けにスタートアップ期間を設け、学校生活をゆるやかにスタートすることで、教職員が子どもの理解を深め、円滑に学校生活を開始できるようにする。(ウ(2))(エ(1))
(6) だれもが大切にされ、集団の中での居場所が形成されるよう、認めること・褒めることを基盤に、あらゆる教育活動を通じて、指導の充実を図る。また、学年・学級を超えて素晴らしい活動を賞賛する取組を行うなど、集団を通じて自己肯定感を高める取組を推進する。(ウ(2))(ウ(3))(エ(1))
イ 進路指導
(1) キャリア教育全体計画に基づいた全学年の年間指導計画を作成し、キャリア・パスポートを活用し、キャリア教育の充実を推進する。一人一人の子どもが各教科・道徳科・総合的な学習の時間等を通して、自己の長所に気付いたり、保護者や地域の人が生き生きと職業生活に取り組む姿に触れたりすることによって、自分の将来に夢や希望をもち、実現に向けて学び続ける姿勢や態度を養う。(イ(1))(イ(3))
(2) スタートカリキュラムを編成し、入学時における支援の充実を図るとともに、幼保小の連携を進める。また、中学校と連携し、オンラインを含めた児童・生徒間の交流や出前授業など、小中一貫教育を推進する。(ウ(3))

このページのトップに戻る本文ここまで


以下フッターです。

碧山小学校

住所:〒202-0013 西東京市中町五丁目11番4号
電話:042-422-4521
交通アクセス
Copyright © Hekizan Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る