西東京市立柳沢小学校

  • サイトマップ
  • 交通アクセス

2月6日
2月には、各学年における学習発表会が行われます。
体育館や音楽室、中庭からは素敵な音色等が届きます。
今日の午後は3年生が体育館で合奏の練習をしていました。
どの子も福原教諭の話をしっかりと聞き入れ、よりよい演奏にしようと熱心な姿が見られました。
今週は、明日の1年生を皮切りに、週末には3年生の発表があります。
学習発表会後には保護者会も予定しています。
ご多用のところ恐れ入りますが、ぜひご参観・ご参会くださいますようお願い申し上げます。

2月3日
体育の時間には、校庭でベースボール型ゲームをする学年や画像のように4年生がサッカーをしている様子が見られます。
サッカーW杯が行われて一年も経過していない現在、女の子も含め、サッカーのルールを知っている子どもが増加しているような気がします。
近々、野球の世界大会が行われますが、こうしてスポーツを観たり、感動したり、やってみたりする機会が増えてきそうです。
寒さに負けず、校庭を走り回っている子どもを見ると、元気がもらえます。

2月2日
2年2組の算数の時間。
逆思考の文章問題を子どもたちが解いていました。
これまで「残りは」「合わせて」というキーワードから「ひき算」や「たし算」と式化してきました。
しかし、「残りは」という言葉が文章に登場しても、「たし算」で問題解決することがあります。
これが「逆思考」です。
子どもたちは、文章を読み取り、それを「テープ図」にあらわして、演算決定をしていました。
子どもたちのノートには、考え方がぎっしりと詰まっています。

2月1日
大寒波が終わり、少しずつぽかぽかした冬に戻りつつあります。
休み時間になると校庭では、大勢の子どもたちがボール遊びをしたり、鬼ごっこをしたり、大繩で遊んだりしている様子が伺えます。
寒かろうが暑かろうが、少しでも時間があれば、校庭に現れます。
早くも2月。
4週間きっちりで3月に。
6年生は卒業し、5年生以下は一つ進級します。
これからは、一年間の総まとめの学習が始まります。
しっかりと学習内容を定着させて、進級させます。

1月31日
3年3組が理科の学習をしていました。
「じしゃくのきょく」というタイトル通り、子どもたちは磁石のN極とS極について細かく学習していました。
今は、「ゴム磁石」というものがあり、折り曲げたり切ったりすることができます。
さあ、このゴム磁石を真っ二つに切ると、その断面の極はどうなるのか?
子どもたちは様々な予想を立てました。
そして、いよいよ真っ二つに!
好奇心旺盛な子どもたちは、様々な方法で極を調べたり、さらに切ったりしていました。

1月30日
今年度最後の「学校運営連絡協議会」を開催しました。
日頃からお世話になっている地域の皆様やPTAの皆様をお招きし、柳沢小学校の一年間を振り返ったり、今後の取組を考えたりしました。
令和6年度からはコミュニティースクール(CS)が始まります。
次年度は、CSに向けた準備期間となります。
学校だけではなく、地域の皆様と一緒に「町全体」で子どもたちを育ててまいります。
今後とも柳沢小学校にお力をお貸しくださいますようよろしくお願いいたします。

1月27日
みどり学級の子どもたちは、図工の時間に鬼のお面を制作しました。
紙袋を母体にし、色を塗ったり、紙を加工して貼ったりするなどして、思い思いの表情のお面に仕上げました。
図工の時間が終わり、次の時間になっても、でき上がったお面を大事そうに触っていたところを撮影しました。
どの子もお面を付けると、やたらと強くなった感じになったようで、私に襲い掛かる子もいました。
画像は、みどりA1組の様子です。
楽しそうです。

1月26日
3年1組の子どもたちが音楽室で学習していました。
曲名は「ふじ山」。
授業者は、歌詞を丁寧に読み取らせ、その情景を思い浮かばせ、最後に画像で紹介・・という流れで「ふじ山」を味わわせていました。
さて、大寒波の影響で、物凄く冷え込んでいます。
「昔は、これと同じように寒かったような気が・・」
と思いつつも防寒に努めています。
コロナだけではなく、インフルエンザにも気を付けなければならない時季です。
くれぐれもお体をご自愛ください。

1月25日
どの学校でも、月に1回、避難訓練を実施しています。
それとは別に教職員を対象とした
「自衛不審者対応訓練」
を実施しています。
今日は、田無警察署のスクールサポーターを講師としてお招きし、訓練を行いました。
さすまたの使用方法をはじめ、不審者を自由に行動させない対処の仕方を学びました。
今日は、児童が帰宅した後に実施しましたが、児童がいる場合の訓練も計画しています。

1月24日
西東京市には、「西東京市教育委員会教育長表彰」という制度があります。
「日頃、何かを頑張り続けている児童・生徒を称えたい」
という教育長の思いから、この制度が誕生しました。
昨日、本校の5年女子児童が西東京市役所の教育長室で表彰を受けました。
本女児は、長い間、水泳に取り組み続け、全国大会で5位に入賞するなど大活躍しているところです。
一つのことをやり続ける・やり抜くことは、今後の人生において必ず成長の糧になります。

1月23日
先週の金曜日(20日)から本日まで、西東京市の小学校の児童作品展がきらっとで開催されています。
新型コロナウイルス感染症対策のため、ここ2年は開催を見送っていました。
しかし、図工の平面作品と書写の作品を展示していこうと、3年ぶりに開催されています。
本来なら、すべての保護者の皆様、地域の皆様にご鑑賞いただきたいところですが、人数制限を設けており、出品された児童のご家族のみのご鑑賞となっています。

1月20日
朝の時間帯に「たてわり遊び打合せ会」が行われました。
6年生が1年教室まで1年生を迎えにいき、指定された打合せ場所に連れていきます。
1年生は、自分よりもはるかに大きい6年生を信用してついていきます。
打合せは6年生がリーダーシップを取りながら進めていっています。
5年生以下は、そんな6年生を見て学んでいます。
6年生にとっては、今やっていることの全てが、
「小学校生活最後」
となっていくのでしょうね。
頑張っています、6年生!

1月19日
今日の給食はキムチラーメン。
どの教室を見回っても、子どもたちは無言でわしわしとラーメンを頬張っていました。
黙食しなくてもよいことにはなってはいますが、しゃべっている時間がもったいないかのように、麺をすすりまくっていました。
やはり、大好きな物や美味しい物は、人を黙らせる力があるようです。
私が子どもの時代は「ソフト麺」一択でした。
今では、スープや汁に合わせた麺が登場します。
でも、なんだかソフト麺が懐かしくなります。

1月18日
職員室から見える4年生の力作です。
校舎内を歩いていると、全学年全学級の子どもたちの書き初めが展示されています。
いよいよ明日から校内書き初め展が始まります。
冬休みの宿題で練習し、3学期になり、すぐに書き上げました。
白色(紙)と黒色(墨)のみで作品を仕上げます。
同じ手本を見ながら書いていますが、一人一人の文字の味わいはそれぞれです。
一画一画に子どもたちの思いが詰まっています。
短い期間ではありますが、ご覧いただければと思います。

1月17日
昨年度に引き続き、Everly様から2名の演奏者をお招きし、音楽鑑賞教室を開催しました。
「春の海」「テキーラ」「ディズニーメドレー」「校歌」などなど。
子どもたちは自分が知っている曲が演奏されると、体全体でリズムを取りながら聴いていました。
今日は、ピアノはもちろん、尺八という楽器をメインに演奏してくださり、普段、聴いたことがない音色を味わうことができました。
曲に合わせて手拍子するなど、みんなで楽しみながら鑑賞しました。

1月16日
今日から2年生は「かけ算九九校長検定冬の陣」に突入しました。
「3学期は、いつから検定を始めるのですか?」
「冬休み、家で特訓してきました」
など、やる気満々の声が耳に入っていました。
そして、本日、待ちに待った検定スタートです。
合格して喜ぶ子。
合格できなくても、規定時間内でより多くの計算をして、自分の成長を喜ぶ子。
勝負の厳しさを味わい、悔しがる子。
いろいろな姿が見られました。
まずは、検定に挑戦した勇気、お見事でしたよ!

1月13日
今年に入って、一度も雨が降っていないようです。
太陽の光がとても優しく温かいものになり、子どもたちは校庭で思い切り体を動かしています。
冬休みが明けて、今週が終わろうとしています。
様々なことが穏やかになっている感じがしますが、油断をせず、子どもたちを見取ってまいります。
どの学級でも書き初めが終了し、担任は掲示作業に突入しています。
コロナは終息しませんが、保護者の皆様にも書き初めをご覧になっていだけるよう努めています。

1月12日
この時季恒例の「タグラグビー講習会」を実施しました。
対象学年は5年生です。
楕円のラグビーボールに対応するのがなかなか困難な子どもたちでした。
自分よりも前方にボールを投げることができないというルールに慣れるのも時間がかかり、ラグビーというシンプルなルールではありますが、難しかったようです。
それでも実践型の子どもたちです。
試合に入ると、ルールに沿った動きができ、タグラグビーの楽しさを味わっていました。
もうちょっと試合をしたかったようでした。

1月11日
廊下が寒すぎる!
でも、教室内は温かい。
そんな中、みどり学級の子どもたちが書き初めをしていました。
児童一人の教員1名が付き、一文字一文字きちんと確認し、さらに一画一画確かめながら、丁寧に作品を仕上げていました。
書き終えた児童に教員が称賛の声をかけ、児童は自分の作品を見ながら満足そうにしている姿がとても印象的でした。
昨日の始業式の日に書き初めをした学級もあり、今週末には全学級で素敵な作品が勢ぞろいする予定です。

1月10日
今日から3学期が始まりました。
学校に子どもたちの声や姿が戻り、活気付いてきました。
今年は「うさぎ年」です。もの静かで行儀が良い。
上品で繊細。
人間関係において平和主義。
周囲の人の話を上手に聞く。
今年は、我々もそのように生活していきましょう!と子どもたちに話しました。
新型コロナウイルスはまだ収束していません。
だからこそ、互いに協調しながら穏やかに生活することが大切です。
今年もよろしくお願いいたします。

1月8日
あけましておめでとうございます。
この日は、保谷第二小学校の校庭で「どんど焼き」が行われました。
古くからの伝統行事であり、同小学校の正月の風物詩でもあります。
柳沢小学校は、「やぎサポおやじーず」と一緒に参加しています。
今年から、柳沢の6年生も点火に参加しました。
それにしても物凄いお焚き上げでした。

12月23日
おかげさまで、本日、2学期の終業式を終えることができました。
今日は、1年生が児童代表の言葉を述べました。
「成功させたい」
という気持ちからくる緊張感の中、各学級代表の子どもたちは、堂々とした態度と声で発表することができました。
自分の番が終わった際、やり遂げた感いっぱいの表情がとても印象的でした。
1年教室に戻ると、学級の友達全員から盛大な拍手をもらっていました。
本年もありがとうございました。
よいお年を!

12月22日
この時期になると、「書き初めの練習」「最後のテスト」「大掃除」をしているクラスがあります。
3年3組では、「お楽しみ会」をしていました。
子どもたちが店を営業し、玩具のお金を使用して取引をしていました。
私も100円を手にして、150円のピザを値切って購入しました。
すると、
「これも持っていきな」
と500円玉をいただきました。
「売上じゃないの?」
と心配すると
「大丈夫!」と。
いやぁ、大丈夫じゃないでしょう。
気前が良すぎる子どもたちでした。

12月21日
朝から寒くて寒くて・・。
午前中に全ての教室を見回っていますが、廊下がキンキンに冷え切っていました。
寒い!!
教室に入ると、体が溶けるような感じがします。
そんな午前でしたが、昼休みには暖かな日差しが!
夏にはあれほど嫌がっていた太陽が、とてもありがたく感じました。
子どもたちは、午前の中休みも午後の昼休みも気温に関係なく、元気に遊んでいました。
教員も大勢校庭に。
素晴らしい光景です。
2学期は、あと2日となりました。

12月20日
2年生が「おもちゃランド」を開催しました。
招待された1年生は
「今日はおもちゃランドのために学校に来た」
と張り切り、2年生は
「景品、足りるかなぁ」
とやる気と不安な思いで本番を迎えました。
コロナ対策として1年生がクラスごとに会場に来ます。
約30名の1年生を17店舗で取り合うために2年生の呼び込みが始まります。
1年生はにこにこしながら各店舗で楽しんでいました。
もらった景品をまるで宝物のように大切に持ち歩いている姿が印象的でした。

12月19日
1年1組の子どもたちが給食中にナンを食べていました。
私は小中学生時代にナンを給食で食べてことがないどころか、ナンの存在を知ったのが高校卒業時です。
「この子たちは、この年齢で既にナンをしっているのかぁ」と思いながら、
「もともとナンって知っていた?」と尋ねました。
すると、
「知っていたよ〜」という返事。
今は、昔に比べていろいろなものが流通していることを改めて理解しました。
それにしても美味しそうに食べているなぁ。

12月16日
4年生は、多摩六都科学館に見学に行きました。
先月まで星の数が世界一だったプラネタリウムを見ました。
冬の夜空の様子を詳しく説明していただいたので、さっそく今夜、星を観察してみるのもいいですね。
そのほか、各展示を見たり、「空気の性質実験ショー」に参加したりしました。
今日、学んだことは、日常生活でも当たり前のように存在します。
今まで当たり前に見過ごしてきたことをじっくりと考えるのもいいことだと思います。

12月15日
2年生のかけ算九九校長検定が流行してきました。
学級内で九九の検定に合格してきた子どもたちが、最後の難関に挑戦してきます。
ゲームに例えるとまさに「ラスボス」でしょう。
ほとんどの子どもたちは、初回に大きな壁にぶち当たります。
「半分もできなかった」
「あと4問なのに」
など、多様な声が聞こえてきます。
そして、自分のレベルを把握し、翌日、「昨日の自分」に挑戦します。
涙の数だけタイムが縮まる子どももいます。
次回は来週です。

12月14日
6年生は卒業アルバムの作成に向けて、作文を書いています。
そんな中、個人写真撮影が行われました。
これが卒業へのカウントダウンをより加速させます。
今年もランチルームでの撮影。
移動教室等、いつも我々と一緒にいてくださったプロのカメラマンさんが、子どもたちを笑顔にしてくれます。
その一瞬を逃さず、撮影されていきます。
「次は、わたしの番だ」
とそわそわし始める人もいます。
アルバムの完成は卒業式後です。
今から楽しみですね。

12月13日
新型コロナウイルス感染症対策に関する東京都のガイドラインの一部改訂に伴い、給食時には小さな声で話すことができるようになりました。
これまで通り、体の向きは、全員、黒板に向かっています。
また、マスクなしで会話する際には、相手と正面に向かうことはしないようにしています。
食べ終わった際には、マスクを着用すれば、相手のほうを向きながら会話することができます。
1年2組の子どもたちもルールを守って会話をしていました。

12月12日
今年度の西東京市における「めぐみちゃんメニュー事業」では、柳沢小学校の3名の児童の作品がメニュー化されました。
そのうち一つは8月25日付の日記で紹介しています。
今日は、その6年児童と、冷製パスタを作った4年児童、フルーツケーキを作った3年児童の3名を表彰し、記念品を贈呈しました。
学校と地域とのつながりがより大切である今、地域の野菜や果物を使った料理を考え、商品化していく取組は大変素晴らしいことです。

12月9日
このクラスの子どもたちは、いつも姿勢がいいです。
椅子の座り方だけではなく、机との絶妙な間隔、背筋の伸び、どれをとっても素晴らしいです。
私が不意に教室に訪れても、姿勢が見事なのです。
画像は、給食の準備時のものです。
会話も必要なものだけにし、給食を待っていました。
さて、このクラスはどこでしょうか?
ヒントは、先日、都立武蔵野中央公園に生活科見学に一緒に行った際も、道路の歩き方が見事なクラスでした。

12月8日
田無第四中学校の生徒会主催の
「小中交流会」
が行われました。
5時間目に四中の先生による授業(数学・社会)を6年生が体験しました。
6時間目は、生徒会の皆様による四中の行事・施設・制服・委員会・部活動の紹介がありました。
その内容に子どもたちはパンフレットを見比べながら、興味をもって話を聞いていました。
たまに、本校の卒業生が登場することがあり、嬉しさと懐かしさを感じました。
四中の皆様、ありがとうございました。

12月7日
西東京市体育協会の方々を講師に招き、5年生が投球練習の出前授業を受けました。
まずは、ボールの持ち方や投げ方を教わり、キャッチボールの練習。
ボールを持たない手や、足の向きなど、これまで考えていなかったことに意識を向けて投げるうちに、「遠くに飛んだ!」とうれしい」声が聞こえてきました。
次に打撃練習。
最後までボールを見つめ、おもいきりバットを振りました。
基本をもう一度学び直す、よい機会となりました。

12月6日
保健委員会が「けんこうかるた」を作成し、正面玄関内に掲示しています。
「よくあそび・よくたべて・こころもからだもぽっかぽか」
というキーワードの一つ一つの文字を頭として、かるたを作成しました。
文章を考えたのは、各学級だったり、教職員だったりと学校全体で取り組みました。
それを保健委員がかるたにしました。
各学級、よく考え抜いた文章だなぁと玄関付近を通るたびに思います。
先日の学校公開の際、ご覧になった方も多いでしょうね。

12月5日
今年も2年生が「校長かけ算検定」に挑戦し始めました。
学級内で、九九検定に合格した人だけが受検できるこの検定。
ここでは、ひたすらタイムにこだわりをもちます。
そして「昨日の自分を超える!」というテーマです。
合格して喜び、さらなる上を目指す子。
合格できずに悔しがり、再度挑戦してくる子。
約3,4か月の道のりですが、子どもたちの努力の証が見られる期間でもあります。
2年生にとって最後の高い壁。
乗り越えていく姿を見守ってまいります。

12月2日
5年生が5時間目に行われる「お米の学校」の準備をしていました。
朝、5年生の教室前にいると、ほとんどの子どもたちが、未明に行われたサッカーw杯について語り合っていました。
今日の午前中までは、大人も子どももサッカーについて口にしたり耳にしたりしていました。
給食後、ようやくサッカー熱が平常になり、普段の子どもたちの様子に戻っています。
「先生、明日は祝日になりますか?」
祝日にはなりませんが、学校は休業日です。

12月1日
3年2組の道徳の授業の様子です。
とても落ち着いた様子です。
「自分のよいところを見つけ、それを伸ばすためには、どんな気持ちが大切なのかを考えよう」
というテーマのもと、子どもたちは、日常の自分の頑張りを想起し、紹介し合いました。
その後、教科書を読み、主人公の気持ちを深く考えたり、気持ちに寄り添ったりしました。
最後に、もう一度自分の頑張りを振り返りました。
子どもたちが、自分の考えをしっかりともっている姿に感心しました。

11月30日
みどり学級宿泊学習の昨夜は、事前にグループごとに計画・準備してきた部屋でのレクや、ナイトハイクなど、楽しく取り組みました。
今朝も6時に起床し、自分たちで布団をたたんだり、荷物をまとめたりした後に、元気に朝食をとりました。
これからキッザニアでの体験活動が始まります。
グループで時間を調整しながら回ったり、昼食をとったりと、気持ちを伝え合いながら活動する経験となります。
元気に帰校してくれることを待っています。

11月29日
みどり学級の宿泊学習1日目。
紅葉が美しい校庭で、子どもたち主体の見事な出発式を終え、手を振って元気に出発しました。
はじめに葛西臨海水族園で、高学年を中心とした班行動を行いました。
様々な水の中の生き物を、マナーを守って見学しました。
お土産も、何を買おうか悩みながら楽しく購入し、明日、持ち帰ります。
雨に降られることなく宿舎に到着。
自分ができることは自分で行うなど、各自のめあてをもって過ごしています。

11月28日
緑の芝に真っ白な線が引かれました。
「ランラン週間」の始まりです。
子どもたちの持久力向上をねらいとし、休み時間に音楽を聴きながら、自分のペースで走り続けるものです。
今日がその始まりの日。
コロナウイルス感染症対策として指定された学年の子どもたちが走り始めました。
今日は、昨日と違って、気温がかなり下がっています。
体調にも気を付けながら、上手に走り続けてほしいものです。
明日は、みどり学級の宿泊学習スタートです。

11月25日
4年1組の子どもたちが、校庭で学習をしていました。
学習中、幾枚もの黄色く色付いた葉がひらひらと舞い落ちる様子を見て、地面に落ちる前に葉を捕まえようとする姿があちらこちらに見られました。
地面には養生が終わり、緑に色付いた芝があり、それを黄色い葉が覆っています。
そんな中、ふかふかの校庭に寝転ぶ子どももいました。
気持ちがいいことでしょう。
11月下旬ではありますが、まだまだ秋です。
学習しながら秋を満喫している子どもたちでした。

11月24日
1・3・5年生が煙体験をしました。
火事の際、命を落とすのは「火」よりも、むしろ「煙」が原因であることを学びました。
いかに煙を体内に入れずに、視界のよくない通路を歩くかという練習をしました。
今回使用する煙には特別な香りが入っています。
「リンゴの匂いだ」「甘い匂いだ」
などと体験後の子どもたちが感想を言っているのを耳にしました。
「ああ、しっかりと煙を吸ってしまっているなぁ」
と思いましたが、貴重な体験をすることができた子どもたちでした。

11月22日
好天の中、みどり学級の子どもたちは、矢ケ崎農園さんのご協力のもと、大根掘りを行いました。
掘れた大根を袋いっぱいに詰め込み、誇らしげに見せてアピールする子どもたちでした。
今日は、人参のおすそ分けとして、人参掘りも行わせていただきました。
満足感いっぱいの表情の子どもたちでした。
矢ケ崎農園さんのご協力は平成15年度から続いています。
こうして地域の皆様のご協力をいただきながら、学習をより深めることができます。
ありがとうございます。

11月21日
一昨日の土曜日、道徳授業地区公開講座を開催しました。
各学級で道徳の授業を公開しました。
3時間目には、6年生とその保護者の皆様を対象とした講演会を実施しました。
講師はスポーツジャーナリストの瀬戸口仁先生でした。
当日は、「相互理解」というテーマのもと、
「人と違っていてもいい」
ということを学び、
「ブレイクパターン」
を習得しました。
学んだことをさっそく試してみたでしょうか?
まずは、「やってみる」ことが大切ですね。

11月18日
5年担任による研究授業を実施しました。
学習内容は、台形の面積の求め方を考えようというものでした。
これまで子どもたちは、長方形・正方形・平行四辺形・三角形の面積の求め方やその公式を学習し理解しています。
今日は、台形を既習の形に変形させて面積を求める子どもたちが大勢いました。
子どもたちは、自分の考えを発表したり、友達の考えを聞き、自分の考えを深めたりしていました。
次回、台形の面積の公式を考えていきます。

11月17日
みどり学級の教室の空きスペースに多くのリュックサックが置かれています。
11月末に3年ぶりに実施する宿泊学習に向けての準備です。
1か月前から子どもたちは、荷物をつめたリュックサックを学校に持参しています。
毎週、時間を設定し、グループごとに集まり、自分の荷物の出し入れをしながら確認しています。
「自分でできることは、自分でやろう!」というめあての達成のために、子どもたちは日々準備をしています。
きっと当日は成功しますね。

11月16日
芝生の養生が終盤にさしかかっています。
かなり緑色に色付いてきているのが画像でもよく分かると思います。
芝生の向こう側には黄色く色付いた葉がとてもきれいに見えます。
今がまさに見ごろです。
でも、その葉も近日中には、全て地面に落ちます。
子どもたちは、芝生に入らないように工夫して遊んだり、体育の授業を受けたりしています。
もうすぐ養生が終わります。
そうなると「ランラン週間」に突入します。
今後は、持久力を高めていきます。

11月15日
1週間後に「たてわり班活動」が行われます。
そのため、今日は、5・6年生が活動の計画を立てています。
各教室に決められた班員が集まり、1〜4年生に楽しんでもらえる遊びを考えています。
ある教室は、すでに活発に意見を出し合っていました。
また、ある教室では、これから活気付いてくることを期待する雰囲気のような話合いが見られました。
いずれにせよ、1週間後、低・中学年の子どもたちの表情がすべての結果を表すことになります。
頑張れ、高学年!

11月14日
東京オリンピック・パラリンピックが昨年行われ、今年は、東京都が
「子供を笑顔にするプロジェクト」
を実施しています。
柳沢小学校では、「くるくるシルク」様をお迎えし、
「笑いと驚き!クラウンパフォーマンスショー」
を開催していただきました。
次々に繰り出される出し物に、子どもたちはわくわくし、笑顔いっぱいになりました。
今もコロナ禍ではありますが、ここでの体験が学び続けていこうとするきっかけになってくれればと願っています。

11月11日
2年2組で研究授業が行われました。
国語の「おもちゃの作り方の説明書を書いて一年生にプレゼントしよう」という学習でした。
どのように説明すれば、1年生全員に理解してもらえるだろうかと2年生は考えに考え抜きました。
授業後は、全教員による協議会を実施し、授業の良かった点や修正点等について話し合いました。
最後に講師の先生からご指導をたくさんいただきました。
教師は、実践を通して、授業力をさらに高めています。

11月10日
4年生は社会科見学中です。
最初の見学先は、奥多摩湖(小河内ダム)でした。
「東京の水がめ」と言われるだけあり、その広さに子どもたちは大感激でした。
思わず「ヤッホー!」と山に向かって叫ぶ子も。
こんなに遠くから水が運ばれることに子どもたちは様々な思いを感じていました。
次の見学先は、羽村取水堰です。
途中、野生の猿を見付け、「ラッキー!」と喜んでいる4年生です。

11月9日
今日は、午前も午後も出張のため、朝の時間のうちに教室を見回りました。
子どもたちは、登校後、荷物の整理をしながら、友達と楽しそうに会話しています。
それが終わると、各々がタブレットPCを取り出し、自席に着き、学習をしていました。
問題を解いている子、調べ学習をしてメモをとる子など様々です。
登校後から朝の会までの間、タブレットPCを扱うことが、すでに習慣になっている子が多いです。
まさに「文房具化」しています。

11月8日
今月末、みどり学級全員で宿泊学習をする予定です。
令和元年の秋の宿泊を最後に、新型コロナウイルス感染症対策として実施を見合わせてまいりました。
3年ぶりの実施が間近になってきたことで、今日は部屋割りメンバーごとに集まり、メンバーの確認などを行いました。
リーダーはもちろん6年生です。
赤城移動教室での経験を生かし、1泊2日をやり遂げてほしいです。
3年生以下の児童は、初めての宿泊学習となります。
楽しみですね。

11月7日
廊下には左側と右側を二分する青いテープが貼られています。
人通りが激しい廊下は、このようにテープがはがれています。
はがれていても二分するような感じではありますが、委員会活動時に子どもたちが教員と力を合わせて、きれいに汚れたテープをはがしていました。

11月4日
1年生は好天のもと、都立武蔵野中央公園で生活科見学をしました。
テーマは、自然に親しむことでした。
ちょうどこの時季は、どんぐりがたくさん落ちており、色を変えた葉がひらひらと舞い降りていました。
そんな秋めいた中、子どもたちは、どんぐり拾いに夢中でした。
たくさん拾っては、「見て見て!」
とこちらに嬉しそうに報告してきました。
これから、どんぐりを使って、何かを制作していきます。
生活科の学習は始まったばかりです。

11月2日
3年生は社会科見学に行きました。
まず、郷土資料室に行きました。
西東京市で有名(南関東で最大級)な下野谷遺跡について学んだり、昔の道具を体験したりしました。
さらに、下田半兵衛さんの活躍を知ったり、西東京市でも戦争があったことを学んだりしました。
昼食後、江戸東京たてもの園を見学しました。
昔あった歴史的建造物などを見たり、中に入ったりし、今と違うことを感じました。

11月1日
みどりB学級の2・3年生が1年生と遊ぶためにすごろくを制作していました。
自分たちでマスの内容を決め、赤(進む)・黄(何かをする)・青(戻る)といった色分けをして分かりやすいものにしていました。
実際に、自分たちでゲームをしてみると、スタートするたびに、「スタートに戻る」という現象が連続でおきました。
「ルールを守って、楽しくすごろく遊び」ができるために、マスの内容のあり方を修正していた子どもたちでした。

10月31日
6年生は社会科見学に行ってきました。
まず、科学技術館を見学しました。
様々な科学について、学んだり体験したりしました。
次に国会議事堂でした。
普段、テレビ等で見ることはありますが、今日は、その中に入り、議会場や皇族の皆様の控室等を見学しました。
6年生にとって、これでみんなで校外に出かけて学習することは最後でした。
あとは、学習発表会・6年生を送る会・卒業式などなどです。
卒業までのカウントダウンがスタートした感じです。

10月28日
2年生が町探検に行ってきました。
「田無南町二郵便局」「市役所」「エネオス」「東京老人ホーム」「田無駅前交番」「丸石サイクル」「ふじまき豆腐店」「ピザ・ダーノ」の皆様には大変お世話になりました。
また、引率してくださった保護者の皆様にも大変お世話になりました。
子どもたちは、普段経験できないことを見たり、感じたりするなど、貴重な勉強になりました。
これから学習のまとめをし、発表会へと学習は進みます。
今後とも、よろしくお願いいたします。

10月27日
5年生は社会科見学に行っています。
まず、東久留米卸売市場の見学です。
大きなマグロが登場し、それを解体するところを間近で見学することができました。
名前の知らない魚があるなど、市場ならではの学びができました。
質問等を通して、肉や魚の流通のルートをしっかりと学びました。
この後は、小金井公園やグローブライドに行って学習する予定です。

10月26日
本日は、就学時健康診断があります。
次年度、小学校に入学予定の子どもたちがお家の方と一緒に柳沢小学校に来ます。
まずは、体育館で受付し、与えられた番号の座席で待機します。
その後、各教室において健康診断となります。
ご来校する子どもによっては、初めての柳沢小学校への入校かもしれませんね。
まずは、広い体育館を見て、校舎内を歩きながら小学校の様子を感じ取ってくれたらなぁと思っています。
そして、来春には、ご入学をお待ちしております。

10月25日
2年1組の算数の学習内容は、かけ算でした。
「1箱の6個のお菓子が入っていて、それが4箱あるとき、お菓子は全部で何個あるか」
という学習問題です。
1学期なら「6+6+6+6」と考えていましたが、今では「6×4」と子どもたちは立式していました。
今は、かけ算の概念について深く学習しています。
その後、かけ算九九を暗記することになるでしょう。
学級内で暗記を合格すると、毎年恒例の「校長検定」に挑むことになります。
そろそろ準備をしてまいります。

10月24日
先週、4年生は車椅子・高齢者体験を行いました。
今日は、「障がいのある人と共に」というテーマのもと、これまで学習してきたこと(障がいの種類・点字体験・障がい者への接し方など)をグループでまとめていました。
詳しく調べたい際にはタブレットPCを活用し、自分の言葉に置き換えて文書にまとめていました。
ここ数日、気温の寒暖差が激しいです。
暑過ぎず寒過ぎずではありますが、子どもたちの健康を学校でも見守ってまいります。

10月21日
体育館では、4年生が車椅子・高齢者体験をしていました。
車椅子に乗車した際の感じ方、車椅子の介助をする際の注意ポイント等を実体験を通して学びました。
また、耳の聞こえが不自由な場合や、目が不自由な場合、手足の動きが不自由な場合等の疑似体験をすることができました。
まだ9歳・10歳の子どもたちです。
実際に不自由さを味わっていない子どもにとっては、驚きの体験だったことでしょう。
一人一人の体験時間は短めでしたが、何か心に残ってくれればと願っています。

10月20日
1年1組の子どもたちが体育館で体を動かしていました。
授業者の指示をしっかりと聞き取り、指定された色の線に触れるという遊びの最中でした。
こうしてみると体育館には幾種類もの線が引かれています。
どの線も何らかのスポーツで使用されるものです。
1年生にとって、床をまじまじと観察する機会なんて、あまりなかったことでしょう。
今日一日で、すごい発見をしたことと思います。
楽しみながら体を動かし、遊びを通して体をどんどん鍛えていきます。

10月19日
今日から校庭の芝生の養生がスタートしました。
業者の方が大勢お見えになり、養生の準備をしていました。
準備が終わり次第、種をまきます。
春には、新しい芝が芽を出すことでしょう。
また、芝生周辺には、たくさんの杭が立てられ、ロープでつながれていきます。
芝生への進入禁止です。
これは、いままで踏み固めてきた芝を休ませる効果があります。
校庭で思い切り転んでも怪我一つせず、すくっと立ち上がることができる芝。
しばらくは土の部分のみでの活動となります。

10月18日
運動会が終わり、穏やかな校庭です。
あれだけ活気づいた校庭でしたが、運動会が終わると、なんだか寂しい感じです。
運動会のご参観や温かい応援や拍手等、ありがとうございました。
また、運動会後、校庭の復旧のために大勢の保護者の皆様にご協力をいただき、あっという間に片付けが終わりました。
感謝申し上げます。
今日から、子どもたちは運動会モードなしでの登校となっています。
まずは、落ち着いて学習に取り組めるよう、そして、頑張った分、結果を出せるよう、指導してまいります。

10月15日
「100点を取れるかどうかは別として、100%の力を出し切ってほしい」
そんな願いのもと、本日、運動会を迎えました。
どの子どもたちも自分がやれることに精一杯取り組む姿が見られました。
開会式での「やる気」顔。
閉会式での「やり切った」顔。
どちらも素敵な表情でした。
保護者の皆様や地域の皆様には、これまで大変お世話になりました。
こうして一大行事を乗り越えられたことは、子どもたちにとって大きな経験となりました。
お子様をいっぱいいっぱい褒めたたえてくださいね。

10月14日
1時間目から最終リハーサルを実施する予定でしたが、なんと雨!
雨が止むのを待ちながら2度の開始時刻の繰り下げにより、何とか全学年のリハーサルを終えました。
午後は、6年生と教職員で最終準備に取り掛かりましたが、途中で雨!
「なんで???」
天気予報を確認すると、
「あれっ!明日が晴れじゃない??」
ここまで来たら、何とか明日、実施したいところです。
子どもたちのテンションも上がっています。
ひたすら明日の好天を祈り続けます。

10月13日
校庭から4年生の元気な掛け声が校長室まで響き渡ります。
なんか呼ばれているような気がして、中央ベランダに出てみると、お腹の底から声を出しているのが分かるほどの姿の4年生たちが踊っていました。
9月に鳴子が届いて以来、カチカチと鳴らす音が毎日にように校長室まで届き、今日は本番に近いような衣装で踊り切っていました。
今日は、雨の予報が出ていましたが、午前中は、なんとか校庭で練習することができそうです。
どの学年も「雨」というキーワードにドキドキしながらの練習です。

10月12日
3年生が校庭で運動会の練習をしています。
学年が上がるにつれて、隊形移動が複雑化してきます。
まずは、その位置確認を徹底的に行いました。
その後、ハカの声出し。
3年生の元気の良い声が校長室の壁を突き破って届いています。
花笠を持ってはいますが、今日は「白」花笠。
教室で色とりどりに装飾された本物の花笠は、まだ校庭デビューはしていません。
本物の花笠、元気な声、上手な踊りや動き、正確な隊形移動は、週末までのお楽しみです。
雨が降らなくて何よりの一日です。

10月11日
3連休明けの1時間目の踊り。
5年生が校庭で踊っていました。
休み明けの1時間目の最初の踊りとなると、最初から全力モードで踊っている子やまだまだ心も体も眠っている子もいます。
しっかりと腰を割ったり、声を出したりするのは、なかなか難しいものです。
今日は、45分間と与えられた時間の中で練習を繰り返し、この時間の最後には、機敏な動きやダイナミックな動きをする子どもが増えてきました。
4日後の本番までには、さらに心と体のテンションをさらに高めてまいります。

10月7日
6年生が3・4時間目に体育館で運動会の表現の練習をしていました。
本来ですと、2時間続きの練習はとても貴重なものであり、校庭で立ち位置や隊形移動の確認をしたり、校庭での表現の仕方を学ぶ予定でした。
しかし、残念過ぎるほどの雨。
小雨なら傘をさしてでも校庭で練習し、様々な確認をしたいところでした。
今日が終わると、次回の練習は来週。
しかも月曜日が祝日のため、運動会本番までグッと近付いた気持ちになります。
自然現象には勝てない中、工夫した指導をしているところです。

10月6日
3年3組の子どもたちが音楽の授業を受けていました。
実は、昨日も国語の授業を受けている様子を見学しました。
その際、子どもたちの姿を見て感動したのは、挙手の姿勢です。
昨日、この姿を見たとき、カメラを持参していなくて、とても残念な思いをし、今日までその気持ちを引きずっていました。
しかし、今日、またこの素晴らしい光景に出会い、すかさずカメラに収めました。
「私を指名して!」
と訴えるような思いのつまった「やる気」のある姿です。
1時間目から見ることができて幸せです。

10月5日
本日から数日間、雨が降ることが多いという予報が出ています。
先週から運動会の練習が始まり、体育館で振り付け等の学習を体育館で行いました。
そして、今週中盤から校庭で踊りの立ち位置や隊形移動等の練習に取り組みたいと思っていた矢先の雨予報。
う〜ん、頭が痛い!
朝は、どうにか曇りの天気だったため、1年担任は
「今のうちに!」
と校庭で授業をしていました。
日差しがないぶん、熱中症の心配は軽減しますが、さすがに雨粒は、歓迎しません。
なるべく「曇り」を願っています。

10月4日
みどり学級の6年生は、田無第一中学校を見学しました。
「中学校って、こんなところだよ」などいうことを耳にはしていると思います。
そこで、実際に行って、確かめてみようということで、午前中に見学しました。
互いに自己紹介(柳沢出身の先輩がいる!)を行いました。
その後、たくさん質問をしました。
「怖い先生はいますか?」
「勉強は難しくなりますか?」
などという質問に、ユーモアたっぷり、かつ丁寧な回答をいただきました。
最後に、合唱コンクールの練習の様子を見学しました。

10月3日
10月1日・2日の二日間、南町コミュニティセンター(旧南町地区会館)で、「南町まつり」が行われました。
令和元年度までは、柳沢小学校の児童が発表したり、作品を展示したりしてきました。
しかし、新型コロナウイルス感染防止の観点から、まつり自体が中止になったり、本校児童が直接的に参加することができない中での実施だったりしました。
今年度は、久しぶりに、本校児童の作品がこのセンターに戻ってきました。
少しずつではありますが、かつてのような開催を取り戻しています。

9月30日
2学期がスタートして早くも1か月が経過しました。
秋分の日が過ぎ、昼の時間よりも夜の時間が長くなっています。
みどりB学級の教室では、4年生が「竹笛」、5年生が「成長」という文字の学習をしていました。
筆で書く前に、文字の特徴などを子どもたちに考えさせました。
すると、
「横線が右上になっている」
など、1画1画に着目して自分の考えを述べる子どもたちの姿が見られました。
「では、そういう点に注意して書きましょう」
でも、鉛筆と違って、筆は・・・。

9月29日
2年1組では、算数の学習が行われていました。
授業者が「イチゴミルク」と言いながら、薄ピンク色した液体を数本用意しました。
形の違う3つの容器に「イチゴミルク」を入れ、
「どれが一番多く入っているか?」
と問いました。
子どもたちは、理由を付けながら自分の考えを述べました。
別の実験では、2つの容器を提示し、
「どちらが多くの『イチゴミルク』を入れることができるか?」
と考えさせました。
子どもたちは、検証方法を考え、最終的には、自分のペットボトルと友達のペットボトルのかさを比べ合いました。

9月28日
今日は、久しぶりの校内研究授業日でした。
みどりB学級の3年生だけが5時間目の授業を受けました。
内容は、国語の『三年とうげ』の学習を通して、民話の面白さを伝え合うことでした。
子どもたちは、今日の日を楽しみにし、やる気満々で学習に臨みました。
まず、一人が「おすすめの民話」を紹介しました。
次に、聞き手が質問や感想を記入しました。
最後に、質疑応答・・・という流れを3セット行いました。
堂々とした態度で、友達に発表する子どもたちの姿に感心しました。

9月27日
今週から運動会の練習が始まりました。
みどり学級の部屋をのぞき、3年生が不在な理由を尋ね、3年3組の教室に行ってみました。
すると、3組とみどり学級の3年生が交流活動をしていました。
運動会の表現として、3年生全体では「花笠音頭」を披露します。
今日は、その花笠を制作する日です。
例年とは違い、サンバ風な花笠を制作します。
互いにアイデアを出し合ったり、色ぬりの工夫をし合ったりと、交流を深めながら制作にあたっていました。
次は、踊りを覚えることになりますね。

9月26日
今学期のクラブ活動が始まりました。
先週は祝日、先々週は6年生の移動教室のため、9月最終週ではありますが、子どもたちはクラブの時間を楽しく過ごしました。
画像は、「ボードゲームクラブ」です。
今日は、トランプを使って、「神経衰弱」などの遊びをしていました。
感染症対策として、同一のクラブを2部屋に分けての実施です。
ところで、トップページには、「命を守る夏」のポスターを添付しています。
彼岸が過ぎて、外すことも考えましたが、まだ暑いので、そのままにしています。

9月22日
今日の昼休みには、
「たてわり班活動」
を実施しました。
高学年のお兄さんお姉さんが企画・運営する遊びです。
雨の予報でしたが、嬉しいことに好天に恵まれ、1〜6年生が仲良く遊びました。
校庭では、鬼遊びやドッジボールをする班が多く、ボールをキャッチしては、低学年の子にボールを渡す高学年の姿がどの班にも見られました。
本気で投げれば、物凄く速いボールを投げるはずですが、柔らかく投げている姿が微笑ましかったです。
あっという間の15分間でした。

9月21日
今日の午後は、
「オンライン・ドリル」
を実施しています。
これは、昨年度、数回あった臨時休業によるオンライン授業の練習です。
昨年度、経験している子どもたちなら、方法を覚えているかもしれません。
しかし、転入生や1年生にとっては、初めての経験となっています。
自宅で一人でパソコンを操作するなんて、さぞかし楽しさもあり不安もあることでしょう。
そして、画面にクラスの友達や先生が映っていたら、どんなにか安心したことでしょう。
今日は、そんな体験をしています。

9月20日
図工室をのぞいてみると、3年3組の子どもたちが
「夜空いっぱいの花火」
を制作していました。
真っ黒な色画用紙に絵の具の使い方を工夫しながら作品を仕上げていました。
真っ黒な色画用紙に花火の色をつけるには、白を混ぜたり、水の量を少なくしたりといった工夫が大前提となります。
今日はさらに、乾いてから色を重ねたり、綿棒や歯ブラシを使って色をつけたりしました。
子どもたち一人一人の思いの詰まった花火になってきています。
完成が楽しみです。

9月16日
1年3組の子どもたちが、中庭で活動していました。
階段を下りる私を見付け、手を振ってくれました。
「何しているの?」
「虫捕り!」
大きな網を持っている子。
プラスチック容器を持っている子。
いつもはよく見かける虫ですが、いざ捕まえようとするとなかなか見つかりません。
しかも見つけたとしても、それを捕まえるのが困難。
どこに生息しているのか、どのようにして捕らえるか・・どれも勉強ですね。
そして、捕まえたら、どう扱うかも今後の勉強になってきます。

9月15日
移動教室を終えた6年生が今週初めて自分たちの教室に入りました。
ここ数日、赤城の宿舎でのバイキング料理でしたので、久しぶりの給食の味です。
なんかホッとする味です。
予定していた場所ではない山に登ったほかは、すべて予定通りの活動を経験してきた6年生。
出発する前と、学校に到着した後の子どもたちの姿勢や眼差しは、かなりのレベルまで向上していました。
そして、5年生は、6年生不在だった三日間、最高学年として柳沢小学校を守っていましたね。
素晴らしいことです。

9月14日
移動教室2日目のキャンプファイヤーの炎の画像です。
真っ暗な夜空の下、心を鎮めながら、みんなで一つの炎を見つめる子どもたちの表情が想像できます。
火の神のセレモニーの後は、係の子どもたちを中心に準備してきたレクを存分に楽しみました。
今日は、アドベンチャーラリーを十分に楽しみ、西東京市に戻ってきます。
きっとたくさんの思い出をつくって帰ってくることでしょう。
移動教室の実施に際して、保護者の皆様をはじめ、多くの方々にご協力をいただき、感謝申し上げます。

9月13日
赤城移動教室2日目。
天気にも恵まれ、全員元気に活動開始。
午前は群馬県立自然史博物館見学。班の仲間と、迫力のある展示物を意欲的に見学して回りました。
午後はぐんまフラワーパーク。お土産を購入できる時間には、誰に何を買っていくか、金額と相談しながら品物をよく見て考えに考えていました。
家族と離れ、普段、お世話になっている人のことを思い浮かべている表情が見られました。
この後、夕食後はキャンプファイヤーの予定です。最後の晩、盛り上がることでしょう。

9月12日
6年生が赤城移動教室に元気に出発しました。
感染症拡大防止のため、実施が見送られてきた移動教室。まだ完全に感染状況が落ち着いたわけではありませんが、感染予防をしっかりと学んできた6年生なので、対策を可能な限り練って実施となりました。
今日のメインの活動は登山。
予定していた地蔵岳は山頂の工事が長引いていたため、長七郎山に登りました。
一つ一つの活動に、できて良かったという感動を抱きながら参加し、無事に宿舎に到着。
心に残る思い出づくり更新中です。

9月9日
2年1組の子どもたちが図工の学習をしていました。
「こんにちは、むぎゅたん」というタイトルでした。
ここでは粘土を使用します。そのため、15分の時間をかけて、硬くなった粘土をこねてこねて柔らかくしました。
一つの大きな粘土にし、そこからひねり出したり、つまみ出したりします。
そうすると、何か知っている生物になったり、新種の生物になったりと子どもたちは、想像を膨らませながら、楽しく造形活動をしていました。
これからみんなの作品を見合います。
楽しみです。

9月8日
今日は5年生の習熟度別授業(算数)を参観しました。
「四角形の4つの角の大きさの和の求め方を考えよう」というテーマでした。
子どもたちは自分のタブレットPCでデジタル教科書を開き、画面上に与えられた四角形に直接を線を書き込みながら思考していました。
自分の考えがまとまったら、友達にその考えを説明しました。
自分の頭で分かっていることを頭で整理し、自分の言葉で、友達に分かりやすく解説し、理解させることは、相当な力が身に付くことにつながります。

9月7日
今週は「夏休み作品展」を開催しています。
廊下や広場にはすてきな作品が展示されています。
やりたいことをとことん取り組んでほしい。
好きなことをどんどん追究してほしい。
という思いがありますが、子どもたちの気持ちが伝わる作品が豪華に並んでいます。
一人の女の子が、ある作品の前から離れません。
「ああ、これをいつまでも見ていられる」
と先輩の作品に心が釘付けの様子でした。
「来年は、これを作ってみたい」
という男の子の声も聞こえてきました。
作品を見合うよさが現れていました。

9月6日
みどり学級「夏祭り」を開催しました。
1学期から準備を進め、ようやく開催することができました。
「なかよく きょうりょくして なつまつりを たのしもう」
というテーマのもと、
「射的訓練所」「カービィボーリング」「風で動く車」「まとあて」「風の力でふきとばせ!くうきほう」「くじびき」「GO!さかなつり」
といった店が並びました。
子どもたちは、店番をしたり、他店で遊んだりして楽しく過ごしました。
いただいた手作りの景品は校長室に飾っています。

9月5日
スタートアップ期間3日目です。
児童との面談に多くの時間をかけた先週でした。
そして、今日から給食がスタートです。
初日の主食は「みそキムチラーメン(つけ麺)」です。
付け合わせの「レタスのオイスターソース炒め」も絶品!
「ぶどうゼリー」まで付いていて、嬉しい限りです。
放送委員会によるお昼の放送も始まり、最初の曲が詐欺撲滅音頭。
夏休み前と変わらない感じや雰囲気が、児童の規則正しい生活を取り戻してくれています。
次週からは6年生の移動教室。
まずは健康第一の一週間にしたいです。

9月2日
夏休み明け2日目。
昨日や本日にテストを実施する学級が多くあります。
テスト内容のほとんどは「漢字」です。
これまでに学習してきた漢字を夏休み期間に復習し、その成果を実証する意味合いが強いです。
「できる」ようにするには、まず「分かる(インプット)」することです。
しかし、インプットだけの作業では、忘れてしまう可能性が高いです。
インプットしたことをアウトプットする作業が重要です。
テストは、その最適なものです。
そして、できるようになった漢字を日常で使用することで確実な理解につながります。

9月1日
夏休みが明け、大勢の子どもたちが学校に戻ってきました。
今日から2学期のスタートです。
夏休みをどのように過ごしたかは、この2学期の学校生活に大きく関わってきます。
今学期は、6年生の移動教室をはじめ、運動会、みどり学級の宿泊学習、各学年による生活科見学や社会科見学があります。
感染症対策を講じながら、健康に過ごせればと願っています。
まずは、この2日間、規則正しい生活を取り戻し、体も心も頭も学校生活モードにしていってほしいです。

8月31日
昨日、PTAの4年生学年活動「水鉄砲であそぼう」が校庭で行われました。
豪快に水を浴びたり、芝生の校庭を水をかけ合いながら全力で走ったりする4年生のエネルギーの大きさは、見ている大人に元気を与えてくれるものでした。
保護者の方々の交流の場ともなりました。役員の皆様、ありがとうございました。
いよいよ明日から2学期のスタート。
長期休暇の後、ゆっくりと学校生活に心と身体を戻していけるよう、丁寧に声をかけ、子どもたちを見守っていきます。

8月26日
「避難所運営協議会」委員の方々が、災害時の避難所設営に向けて、避難所開設の流れや校舎内外の設備の確認をしてくださいました。
混乱状態であっても迅速かつ適切に避難所を運営するには普段からの準備が必要であり、真剣に話し合いながら見回ってくださいました。
委員の皆様に心より感謝申し上げます。
教職員も日々、避難方法や備蓄品(PTAの備蓄品もあります。)の確認等、行っています。
9月1日は防災の日。「自助・共助・公助」について改めて見つめ直す大切な日としていきます。

8月25日
西東京市産業振興課による市内産農産物を使用したメニューを小・中学生が考える「めぐみちゃんメニュー事業」に今年度も多くの児童が挑戦し、本校から3名の児童の案が商品化されました。
本日、教員が販売所で購入したのが、写真にあるお弁当で、6年児童の考えた「ジャガイモ鮭マヨネーズ」(写真左上)がメインメニューとなっていました。
「美味しい!」と食する教員に羨望のまなざしを向ける教職員一同…子どもたちの発想が生きる取組、挑戦する柳沢児童、すてきですね。 

8月24日
校庭は、セミの声が聞こえるのみで、とても静かです。
夕方涼しくなると、施設開放運営委員の方々が「あそび場開放」で子どもたちの遊びを見守ってくれます。
写真の奥に見える管理棟では、ボールやフリスビー、一輪車、フラフープなどの貸し出しがあり、夏休みは水鉄砲で遊ぶのが人気なようです。
8月22日〜26日、29日〜31日は16時〜17時半、8月27日(土曜日)10時〜12時(暑さや天候により中止もあり)受付で電話・氏名記入で参加できます。(参加票が出せるとベスト)
ぜひ遊びにきてくださいね。

8月22日
落ち着いた雰囲気のスペース、ここは「あいあいるうむ」と呼ばれる教育相談室です。
2学期が始まると、金曜日にはスクールカウンセラー(SC)が朝から夕方まで待機し、笑顔で迎えてくれます。
ちょっともやもやした気持ちのとき、困ったことがあるとき、相談したいとき、子どもや保護者がゆっくり心をほぐせる時間を過ごせます。
夏休み後半、ちょっと心が重そうな表情をしている子がいたら、「あいあいるうむって、すてきなお部屋だね。」と伝えてあげてください。

8月18日
子どもたちがいない校内の廊下は普段より長く感じます。
暑い中で、主事さんが何日もかけて、ワックスをかけた廊下は、ピカピカ。
2週間後、子どもたちが「廊下が光ってる!」と驚くことでしょう。
2学期に備えて、夏休みには、校舎内外の設備の点検や給食室の点検整備などが、毎日のように行われています。
子どもたちが安全に過ごせるように、念入りに確認します。子どもたちの学びのために、多くの大人が一生懸命に
準備してきたことを、伝えていきたいです。

8月10日
2年生が矢ヶ崎農園で6月10日に植えたさつまいもが元気に生育しています。
本日、矢ケ崎農園を訪れたら、サツマイモのお花が咲いたと教えていただきました。
紫色の小さなかわいいお花。毎日、お水をやり、病気になっていないか見てくださる矢ケ崎さんのおかげです。
「畑にいると、子どもたちや保護者の方々が声をかけてくださり、嬉しいです。」
とお話してくださいました。秋にはみどり学級で大根を育てさせていただく予定です。サツマイモの収穫も楽しみです。

8月8日
昨日の日曜日、柳沢あしたば会やぎサポおやじ’s夏休み工作教室が開かれました。
「麻ヒモランタン」「時計」「ストリングアート」「宝箱」の4種類から、子どもが自ら選んだ工作に挑戦。
完成品を見て、「自分もこのような作品を仕上げたい!」と目を輝かせて、取り組みました。
親子で楽しく取り組む姿もあり、集中した雰囲気の中、個性あふれる作品が完成しました。
あしたば会の皆様には朝早くからの準備・運営・片付けまで、笑顔いっぱいで活動していただき、心より感謝申し上げます。

8月5日
柳沢小の校庭・中庭はみどりがいっぱい。けやき、いちょう、桜… どのような樹木があり、いったい何種類くらいの樹木があるのでしょう?
正門前昇降口隣に「柳沢小の樹木一覧」が貼られています。
写真が見づらくなったので、昨年度、環境委員会の子どもたちが、多くの樹木を分担して、張り替えました。
色鮮やかに一新した柳沢樹木一覧。季節ごとに花が咲いたり、落葉したりする姿を見ながら、自然に関心をもってもらえたら嬉しいです。
ぜひ今度ゆっくり眺めてみてください。

8月4日
今年度も南町コミュニティセンター内のぞうさん文庫で、子どもたちが本とのふれあいを楽しませていただいています。
8月は5,12,19日の午後3〜5時の開催。27日は、10〜12時に工作教室も開催していただけるとのこと。
担当の方々とのふれあいもできる空間は、子どもの心も豊かに育ててくれることでしょう。
写真は、そうさん文庫のお知らせですが、周りに写っているのは、図書委員会の委員が作成し、図書室前に飾られた作品です。
本校図書室前の掲示も、いつもあたたかい雰囲気で満ち溢れています。

8月2日
柳沢小には、飼育委員会がお世話を担当するうさぎ、各教室で育てているメダカやカメなどの動物がいます。
長期休暇期間は、日直の教員が掃除や、餌やりなどを行っています。
カメは、各教室で育てている水槽ごと、保健室前に引っ越ししてきます。
人の気配を感じると、ごそごそと音を立てて水槽壁面に顔を付け、えさをねだってきます。
普段は子どもたちでにぎやかな学校、カメも2学期が待ち遠しいかもしれませんね。

8月1日
真夏の太陽の下、技能主任さんが、芝刈り機で芝生を刈ってくれました。
一年中、子どもたちや施設開放の団体さんが使いやすいように、芝の状態を見て、雑草を抜いてくださったり、芝刈り機を動かしてくださったりしています。
施設開放のスポーツチームの方々も使用時に雑草を抜いてくださっています。
本当にありがたいです。
9月にはまた、ふわふわの校庭で子どもたちが元気に走り回る姿が戻ってくることでしょう。

7月28日
5年生が育てているバケツ稲が強い日差しを浴びてすくすくと育っています。
夏休みの平日には、5年生児童が交代で水やりに来ています。
今日も、男児2名が職員室入口で
「失礼します。5年〇組 (名前)です。水やりに来ました!」
と礼儀正しく挨拶し、校庭に出向き、ホースで水撒きをしていました。
農家の方々が食物を育てる大変さとともに、生育する喜びも感じられる体験となっています。

7月27日 
4年生が理科の授業で観察しているヘチマが、夏の太陽を浴びてぐんぐん伸びています。
このヘチマは、地域の「緑のカーテン」事業でお手伝いいただき、植え付けしてもらっています。
4年生だけでなく多くの学年がその生育を間近で見て、生命力の強さや、季節感を感じさせてもらっています。
もうすぐ3階に届きそうです。
子どもたちが戻ってくる2学期には、どこまで伸びているか…お楽しみにしていてください。

7月20日
おかげさまで1学期の終業式を終えました。
ありがとうございました。
昨年度よりもできるようになったことが数多くあった今学期でした。
さて、明日から夏休みです。
ここ数日、全児童に
「一人で悩みを抱え込まずに、親・友達・学校などに相談しましょう」
と伝えています。
保護者に皆様も、この夏の子どもたちの様子を家の中問わず、見守っていただければと思います。
子どもたちの様子で少しでも気になることをお感じになった際には、学校や相談機関に早急にご相談くださいますようお願いいたします。
9月1日、子どもたちの笑顔に再会できるのを楽しみにしています。

7月19日
1,2時間目の5年生の水泳学習を最後に、今年度の水泳指導が終了しました。
昨年度よりもプール内に入ることのできる人数を80人以内と制限を緩和して実施しました。
そのため、昨年度に比べ、プールに入る回数は飛躍的上昇しました。
しかし、感染症対策を講じながら、熱中症対策も行いながらの指導でしたので、コロナ前の水泳学習に比べると、規模が縮小傾向だったことは否めません。
それでも、「新しい様式としての水泳学習」が今年度で確立したと考えています。
今日は、事故「0」で終わったプールに「ありがとう」の思いを伝えました。

7月15日
あれだけ暑かった日々がうそのように、今週は雨が多かったですね。
梅雨が戻ってきたの?と思うほどです。
今日の予報は、午前中よりも午後のほうが雨が強いということでした。
しかし、昼休みには、雨があがっていました。
すると・・出てくる出てくる。
子どもたちが校庭に。
今、遊ばないで、いつ遊ぶ!
と言わんばかりに。
芝は雨で濡れているし、芝を踏みしめると水分が浮かんできます。
でも、そんなことは全く関係なく、楽しそうに遊ぶ子どもたち。
ところが、突然の雨!
あっという間に校庭にはだれもいなくなりました。

7月14日
昨日の5時間目、都立小平特別支援学校のお友達が柳沢小学校に来校しました。
この日は6年生が主催した「夏祭り」だったため、一緒に楽しみました。
6年生のお店ともなると、ルールはシンプルながらも、工夫した内容になっていました。
景品もオリジナルのもので、
「6年生っぽいなぁ」
と感じてしまうものばかりでした。
みどり学級の6年生も参加して、とても楽しい時間を過ごしました。
都立小平特別支援学校のお友達!また柳沢小学校にいらしてくださいね。
ありがとうございました。

7月13日
挨拶運動3日目。
代表委員会の子どもたちは、各教室の前に立っています。
登校してきた人が自ら「おはようございます」の挨拶があると、挨拶を返し、チェックシートに記入していました。
代表委員会の目標は、
レベル「3」の自ら挨拶ができる人を増やすことです。
運動後、職員室前に集合し、チェックリストをみんなで照らし合わせ、
「自ら挨拶できる人が増えました」
「小さい声だった人が大きな声になってきました」
など、この運動のめあてに大きく近付いているのを実感していました。
まさに理想的な活動経過です。

7月12日
挨拶運動2日目。
今日は、正門前に6年2組の子どもたちが運動しました。
そして、田無警察署の皆様やあしたば会の皆様も参加してくださいました。
さて、挨拶レベル「3」は
「自らすすんで挨拶できる」です。
レベル「2」は
「挨拶をされたら必ず挨拶を返すことができる」です。
レベル「1」は
「挨拶しても、返事が全くない」です。
6年生は、レベル「2」を最低限の目標とし、取り組んでいます。
昨日より、レベル「2」以上の子どもが増えてきたと実感していました。
明日も楽しみです。

7月11日
本日から「挨拶運動」が始まりました。
西東京市社会を明るくする運動実施委員会の皆様による
「社会を明るくする運動」
とコラボする形で、代表委員と6年生が運動しています。
今日は、代表委員は校舎内で、6年1組の児童は正門付近での「挨拶運動」でした。
「挨拶運動」をせずとも、すすんで挨拶ができることが本来のあり方ではあります。
しかし、こうして「当たり前のことを当たり前にする」ことの大切さを大人たちと一緒に最高学年の児童が模範となることも重要です。
明日も実施します!

7月8日
出張から戻り、急いで6年生の着衣泳法の学習を撮影しようとプールへ・・。
しかし、間に合わず。
でも、やっと着衣泳法の学習ができたんだなぁと喜びながら、体育館を横切っていると、3年3組が理科の学習で、車を走らせていました。
この前、見たときは、風の力を使って車を走らせていましたが、今日は、ゴムの力を使って車を遠くまで走らせていました。
もちろん、理科の学習ですので、ゴムを巻く数やゴムの長さなどを変えながら、実験に臨んだことでしょう。
今日のデータを次回の理科の時間に活用しながら、一般化してまいります。

7月7日
今日は、3年生を対象に歯科指導を実施しました。
西東京市の健康課から歯科衛生士さんをゲストティーチャーとしてお招きしました。
テーマは
「おやつの食べ方名人になろう」
でした。
はじめに、よく食べるおやつを子どもたちは思い出しました。
その後、おやつの食べ方を学びました。
その際、歯の汚れの正体を教わりました。
最終的には、いつも行っている歯磨きに関して、5つの重要なポイントを教わりました。
大切なのは、実践力です。
今日、教わったように、今後、おやつの食べ方や歯磨きの仕方がきちんとできるかが大事です。
正しいことを続けるって、けっこう難しいことがあります。

7月6日
1年1組の子どもたちは、夏野菜のカレーライスを食べていました。
ジャガイモや玉ねぎはもちろん、インゲンやカボチャも大量に具として入っています。
いろいろな野菜が入っていても、カレーはカレー。
子どもたちは、もりもり食べて、おかわりし、さらにもりもり食べていました。
今日は、プールで水遊びをたっぷりとやりました。
どんどん食べて、タフな体を作っていきましょう。
ところで、先週は、どうしようもないくらいに暑かったですね。
特に、エアコンのない給食室は、想像を絶するほどの暑さだったことでしょう。
調理員の皆様に感謝いたします。

7月5日
昨夜、地域のお住まいの松本様からメダカの稚魚をいただきました。
今回、松本様のご厚意でいただいたメダカは、
「幹之(みゆき)」
という種類です。
その数、100匹!
本日、さっそく5年生の子どもたちが、かわいいメダカの稚魚をじっと見ていました。
ようやく自立できるようになった大きさで、これから通常の大きさになるまで成長していくのでしょう。
このメダカを5年1組・2組、みどり学級の5年生で責任をもって育ててまいります。
松本様、かわいいメダカをありがとうございました。
大切に育てます!

7月4日
暑さ指数をチェックするものの、ほぼ安心した気持ちで数値を確認することができました。
久しぶりの全時間、プール解禁です。
しかし・・・雨。
普通に降られては入水させるわけにはいかず、1,2時間目はアウト。
中休みに奇跡的に雨がやみ、そこを逃さなかったのが1年担任。今、入水しないで、いつ入水するのか!という意気込みで、3,4時間目の体育は水遊び。
1年生は、マスクを外し、しゃべらずに体育の学習に臨みました。
昨年度よりは、多くの回数を水泳(水遊び)指導となるよう、しばらく間、暑さ指数が上昇しないことを願います。

7月1日
この1週間、ずっとこの画面とにらめっこでした。
画像には、
「熱中症アラート発表中:東京」
「暑さ指数:31.9」
これは、校庭での遊びはともかく、プールへ入水させることもアウト。
出勤時からこの画面をちょくちょく見ています。
そして午後の時間になると、下校時の熱中症の心配をし始めます。
ランドセルの代用品OK・水筒の中身の制限の緩和・置き勉による荷物の軽減・マスクの外しの推奨・帽子の推奨などなど、様々な工夫をしているところですが、心配はつきません。
子どもたちが元気で笑顔があふれる生活を維持し続けてまいります。

6月30日
ついに熱中症アラートが発令されました。
校庭での活動は完全に禁止となり、室内で過ごす子どもたちです。
冬の寒さのときには、太陽の光のありがたみを味わっていたはずなのに・・と何とも言えない気持ちです。
そんな中、各階段の踊り場には3年生が図工の時間に作製した「光と花のファンタジー」が飾られています。
日光が差し込むと、それらがさらにすてきに色付き、嬉しい気持ちにさせてくれます。
来週は、今週とは違った天気になるとの予報が出ています。
プールに入れない学年がある中、いい感じの天気になることを願っています。

6月29日
祈りが通じず、どんどん暑くなる一方です。
5月末から校舎外でのマスク外しを積極的に推奨しているところですが、今週からは、校外での帽子の着用を推奨しています。
帽子の色は、できる限り白に近い薄い色がよく、少しでも子どもたちの体を守れればと考えています。
校庭では、体育の赤白帽をかぶらせるようにしていますが、暑さ指数が早い時間帯に急上昇するため、校庭での遊び自体ができないのが現状です。
子どもたちは、こまめに水分を取りながら、校舎内で過ごしています。

6月28日
静かなプールです。
気温と水温の合計が65度に達しないよう、朝から水温を下げる努力をしてきました。
なんとか、合計値が61度程度となり、安心していたところ、暑さ指数が「31.0」に。
中止・・。
5日前の同時刻の指数は「24.5」。
13日前の指数は「17.1」。
自然には勝てないとはいえ、プールに入りたがっている子どもたちの心中を思うと・・。
今年度は体育館にエアコンがあるため、体育の授業が全面的に中止になることはありませんが・・。
プールが寂しそうですね。

6月27日
あっという間に梅雨明け。
しかも、無茶苦茶暑い!
水泳学習や校庭遊びも時間帯によっては禁止。
あれだけ楽しみにしていたプールでの学習が、あっという間にできなくなるとは!
校庭には、だれもいなくなり、用務主事が伸びた芝を芝刈り機で刈っています。
校舎内は、エアコンと扇風機を上手に活用して、適切な室温を保っています。
まずは、きちんとした生活が大切になってきます。
食事・休養・睡眠など、ご家庭と学校とが連携して、子どもたちの健康を守り抜いていかなければなりません。

6月24日
つい先日まで、
「涼し過ぎてプールに入水させられない」
という愚痴をこぼしていたのが嘘のように、今度は、
「暑過ぎてプールに入水させられない」
という不安でいっぱいになっています。
画像は、3年生の水泳の学習の様子です。
暑さ指数が「31」に達すれば入水不可能。
水温と気温の合計が「65」を超えても入水不可能。
という中、「今しかない!」という思いで、指導にあたっています。
3年生は昨年度までは「水遊び」の学習でしたが、今年度からは「水泳」という学習をしています。
来週も入水できますように!と祈るばかりです。

6月23日
今年も校庭で交通安全教室を開催することができました。
田無警察署等の皆様を講師としてお招きし、1,2年生を対象に授業をしていただきました。
子どもたちは、自転車の点検や乗り方を学び、安全に運転することの大切さを学びました。
また、講和や動画を通して、安全に気を付けることがどれだけ大事かを意識しました。
だれもが交通ルール等をしっかりと守れば、事故の確率は「0」に近くなりますね。
今日は、大勢の保護者の皆様にもボランティアとして協力していただきました。
ありがとうございました。

6月22日
6月に入って、三分の二が経過しました。その間、給食時のお昼の放送では、定期的に
「田無地区特別詐欺撲滅音頭(西東京市バージョン)」
が流れています。
これは、田無警察署の方が作成したものです。
目的は、
詐欺犯人の検挙
高齢者の皆様の被害防止対策、子どもたちのおじい様やおばあ様の方々を守るため
子どもたちも将来、被害に遭わないため
です。
かなりの回数が放送され、「放送委員の子どもたちは、口ずさんでいる」との報告が放送担当教員からあがってきました。

6月21日
梅雨入りしていますが、雨が降らない日には、ここぞとばかりに校庭で遊ぶ子どもたちです。
今日は、4年1組と2組の子どもたちが、けやき付近に集まっていたので、様子を見ていると、どうやらクラス対抗で遊んでいるようでした。
ここ数日、気温が上昇し、夏の到来を感じています。
曇りの日でも水泳学習ができるほどの気温や水温です。
そのかわり、暑さ指数に着目するようになっています。
その指数があまりにも高くなると、水泳学習ですら中止になります。
何事も「ほどほど」「普通」というのが最適なのかもしれません。

6月20日
1年生は、他学年に比べ、児童の人数が圧倒的に多いため、2学級ずつのプールでの学習となっています。
したがって、今日は、1年1組にとって2回目、1年3組にとって初めてのプールでの学習でした。
低学年の学習は、「水泳」ではなく「水あそび」的なものとなります。
水に親しみ、水と「お友達」になることが重要です。
学習の様子を見ていると、授業者が
「静かに!」
という場面がありました。
その回数が多ければ多いほど、水あそびの時間が大幅に減少します。
話を正しく聞くこともプールでの学習の大切なルールです。

6月17日
プールでの学習を解禁して2週間。
例年に反して涼しい日が続き、気温・水温が上昇せず、なかなか入水することができない状態が続いています。
現時点で、まだ半数の児童が入水していません。
そんな中、今日の午後、5年生が今年度初めての水泳学習となりました。
マスクを外した5年生は、久しぶりのプールサイドに立っても、声を出しません。
準備運動では、掛け声がなくても授業者の動きに合わせて黙々と運動します。
比較的冷たい水に入っても、声を出さずに、次の指示を聞こうとします。
ルールを守っているため、泳ぐ時間が圧倒的に増します。

6月16日
教育実習も残すところ、あと2日。
今日は、2名の実習生による研究授業日です。
1年1組では、山崎先生が国語の授業をしていました。
この4週間弱といった実習期間で、1年1組の子どもたちとたくさんふれ合い、人間関係を構築してきた中での授業でした。
一人一人の子どもたちの考えや活動に寄り添いながら授業を進めていたのが印象的でした。
この後、3年1組では、山口先生が算数の授業をすることになっています。
明日は、二人とも「一日担任」となって、実習のまとめをします。

6月15日
田無警察署のスクールサポーターの方をお招きし、「セーフティ教室」を開催しました。
今日は、1年生から3年生子どもたちが、警察署の方の話を聞きました。
まず、万引き防止に関する動画を視聴しました。
「万引きは絶対にやってはいけない!」
という警察署の方の力強いお言葉を全児童が心にしっかりと受けとめました。
その後、「いかのおすし」の約束をみんなで確認しました。
まずは、正しく生活することが重要です。
毎年の教室ですが、その「毎年」行うことが大切です。
田無警察署の皆様、ありがとうございました。

6月14日
【養護教諭から】
今日は「たてわり班活動日」でした。
今年度、初めての異学年での遊びでした。
高学年の児童は、各班のリーダーとなって、下級生と遊びました。
その光景は、こちらの心を温かくしてくれました。
なぜって?
高学年の児童は、下級生を遊ばせていること自体を楽しんでいるからです。
だれ一人、遊びから取り残されないよう、声をかけていました。
楽しそうに遊んでいる低学年児童の表情を見て、心から嬉しそうにしていました。
こんなすてきな高学年に見守られながら遊ぶ子どもたちは幸せです。

6月13日
昨日の午後、3年ぶりにあしたば会主催の「ラグビー体験」が行われました。
都立田無工業のラグビー部のお兄さん・お姉さんがスタッフとして体験のお手伝いをしていただきました。
ラグビーをしてみたい柳沢小学校の子どもたちは、お兄さん・お姉さんとパスの練習をしたり、お兄さん・お姉さんの防御をすり抜けてトライしたりとラグビーを満喫しました。
また、やぎサポおやじーずの皆様が避難所関係の道具を点検等をしてくださいました。
あしたば会の皆様、田無工業のラグビー部の皆様、おやじーずの皆様、ありがとうございました。

6月10日
2年生は、毎年恒例のサツマイモの苗を植えるために、矢ヶ崎農園に行ってきました。
サツマイモの苗を植えた後、トラクターによる畑づくりを見学しました。
トラクターの力強さとみるみるうちに整備されていく畑の様子を見た子どもたちから感動の声が聞こえてきました。
その後、整地された畑を歩いてもいいとおっしゃっていただき、希望者(ほとんど全員)で畑の中に入り込みました。
あまりのふかふか感に、別の感動の声が聞こえてきました。
矢ヶ崎農園の皆様、毎年毎年、ありがとうございます。
本年度もよろしくお願いいたします。

6月9日
今週は、どの学年・学級も「プール開き」の式を行っています。
しかし、水温・気温が低すぎるため、さすがに入水することはできず、体育館で式をしたり、プールサイドでルールなどの確認をしたりしています。
今日は、みどり学級の式でした。
水着に着替え、体育館で式を行いました。
そして、プールサイドでの並び方を確認しました。
最後に、シャワーを浴びる体験をしました。
柳沢小学校のシャワーは、よく言われる「地獄のシャワー」ではなく、水量も水温も調節できる「あったかシャワー」です。

6月8日
今日は、「市小研」といって、小学校の教員が、それぞれ勉強を深めたい教科・領域に関する研究会に参加しています。
私は、「生活・総合部会」の担当をしている関係で、本日は、柳沢小学校で生活科の授業力を向上させるための講演会を講師の先生をお招きして実施しました。
さて、お子様の学級の担任は、どの教科・領域に属していると思いますか?
ちなみに私は担任時代に算数部に所属していました。
保護者様からは
「体育部でしょ?」
と思われていました。
果たして、担任の教科を当てることができるでしょうか!

6月7日
4年2組をのぞいてみると、社会科の学習をしていました。
テーマは「浄水場では、どのようにして、川の水を安全でおいしい水にしているのか」でした。
柳沢小学校の近隣には境浄水場があります。
今日は、境浄水場の画像等を見て、何があるのか?どんな工夫をしているのか?などを考えていました。
学校でも家でも公園でも、蛇口をひねると、おいしい水が当たり前のように出て、我々は飲むことができます。
その当たり前にできるために、努力したり、工夫したりしている人がいることを4年生は学んでいます。

6月6日
「6月初旬は暑くなり、やがて梅雨が来てプールに入れなくなるから、プール開きを6月中旬から繰り上げよう」
と、今年度は、本日(6月6日)をプール開きとしていました。
ところが!
涼しいし、雨がやたらと降り続いているし、おまけに梅雨入りだし・・。
やることなすこと裏目に。
今日は4年生のプール開きを仕方なく体育館で行いました。
やりたかったでしょう、水泳を。
せめて昨年度よりは、水泳の時間を増やしてあげたいです。
校庭には水たまりができ、カモが楽しそうに過ごしているのも、柳沢小の梅雨時の光景です。

6月3日
2年生は、生活科で西東京市の公共施設等に関する学習をしています。
そこで、今日は、西東京市中央図書館にお邪魔して、施設内を見学しました。
学校の図書館にある本の冊数も多いですが、それをはるかに上回る数の本・本・本・・。
特に、本が大好きな児童にとっては夢のような世界でした。
最後に、あらかじめ準備していた子どもたちからの質問に対して、丁寧に回答してくださいました。
やはり、図書館内にある蔵書数には驚きの声があがりました。
中央図書館の皆様、ありがとうございました。

6月2日
本日、学年ごとに「ソフトボール投げ」を実施しています。
午前中は、1〜3年生とみどり学級の子どもたちが取り組みました。
ボールを投げるという行為が昭和時代よりも少なくなり、2桁の記録が出ると、歓声が上がっていました。
5時間目になると、4年生が登場。
20mは当たり前という投げっぷりが多く見られ、この後の高学年の記録が楽しみです。
ちなみに、中日ドラゴンズの根尾選手は、小学6年生のときに、88m(助走あり)という記録を出しています。
現在の歴代1位は90mを超えているようです。

6月1日
6月に入りました。
いよいよスポーツテストが行われます。
今日は、放課後の時間を使って、教員がソフトボール投げの準備をしています。
明日は、2か所でテストを実施するため、大勢の教員で準備を進めています。
1mごとにラインを引いていきます。
完成するころには、芸術的な内角が30度の扇形ができることでしょう。
明日は、500人以上の子どもたちが、ソフトボール投げに挑戦します。
昨年度の自分の記録を上回ることが第一目標ですね。
明日まで、雨が降りませんように!

5月31日
昨日から2週間は、読書旬間となっています。
そこで、本日の給食は、読書旬間とコラボしてみました。
『ゆうこのキャベツぼうし』(やまわきゆりこ作・絵:福音館書店)という絵本にキャベツをたっぷりと使用した「ホイコーロー丼」がメニューの一つとなっています。
教室をのぞいてみると、いただきますの段階で、激盛りのホイコーロー丼を発見しました。
ほとんどの子どもたちが、量を増やすことを希望し、長蛇の列が各教室で見られました。
スポーツテストも近いです。
しっかりと食べて、しっかりと運動しましょう!

5月30日
ニュース等を見ていると、
「体育時のマスクを・・」
という報道があります。
しかし、西東京市では、それ以前から、体育時や校庭での休み時間、登下校の際には、マスクを外すことを推奨しています。
また、暑くなるにつれ、担任や養護教諭等が
「マスクを外してもいいんだよ」
と何度も伝えています。
ただし、今年度は、その話を耳にして、すぐにマスクを外す児童の割合が昨年度に比べて下がっている気がします。
「外すことが恥ずかしい」
という報道を耳にしますが、果たして、子どもたちの心境は、どう変化しているのでしょうか。

5月27日
5年生が「お米の学校」の授業を受けています。
今日は「田んぼづくり」と「田植え」です。
「田んぼづくり」は、まさに「泥遊び」に近いレベルです。
「泥遊び」に慣れている子と、そうではない子とでは、こちらまで聞こえる会話が違ってきました。
前者は、「よし!次は、〇〇を用意しておいて」
後者は、「ワー!」「キャー!」
でも、結局は、どちらのタイプでも立派な田んぼが完成していました。
その後、優しく苗を持ち、田植えをします。
その際、誰もが田んぼ(泥)の中に指を突っ込むことになるのですが。

5月26日
放課後の時間帯に全教員が心肺蘇生法講習会を受講しました。
6月に入ると、いよいよ水泳指導が始まります。
それまでに、全教員が講習を受ける義務があります。
柳沢小学校の全教員は、これまでに心肺蘇生法講習会の受講経験があります。
しかし、大切な命を何が何でも守るため、毎年受講し、AEDの使用法を確認しています。
消防署の方がマンツーマンで指導してくださり、今年度の講習が終わりました。
来週は、プール清掃や水入れ、プール開きが近付いています。

5月25日
みどり学級B1組では、国語の時間に「促音」についての学習をしていました。
「ねこ」と「ねっこ」
「っ」が入るだけで、意味が全く違います。
学習の終わりには「っ」が入る言葉を考えました。
いつも使用しているはずですが、こうしてまじまじと考えると、なかなか思いつくことが困難になります。
「かけっこ」「ばった」など、子どもたちが言い始めると、面白いように次々に「っ」の付く言葉が発表されました。
ノートなどに「っ」を書く際には、2つめのお部屋(右上)に書くことを確認し、練習しました。

5月24日
昨日から教育実習生2名が柳沢小学校来ています。
期間は4週間です。
そのうちの1名は、3年1組で山口先生として実習しています。
(もう1名は、次の機会に)
授業中は、指導教官の授業を見学して学び、休み時間になると、校庭に出て、子どもたちと体を動かしています。
実習1週目ということで、授業見学や講義の時間が多いです。
2週目に入るころには第1授業者として、子どもたちに教えることになります。
4週間後、実習生として、どのようになっているか、今から楽しみです。
温かく鍛えてまいります。

5月23日
4・5・6年生を対象に「セーフティ教室」を実施しました。
小学校において、児童の健全育成の活性化及び充実を図るためといったねらいがあります。
今日は、eネットキャラバンから講師の先生をお招きし、インターネットやゲーム機、携帯電話、スマートフォンなどの安心安全な使い方やルールについてお話をいただいたり、動画を視聴したりしました。
ご家庭や学校、地域社会との連携も図りながら、非行・犯罪被害防止教育を今後も推進していきます。
よろしくお願いいたします。

5月20日
昨年度、GIGAスクール委員会に参加した各中学校の代表生徒で話し合われたことを基に、タブレットの使い方のルールを決め、田無第四中学校の生徒が柳沢小学校の児童向けの動画を作成してくれました。
先週と今週で全学級がこの動画を視聴しました。
その中でも
「タブレット3きょうだい」
についての紹介があり、
「トラブルにならないように」
「ただしく生活するために」
「学校生活をたのしくさせるために」
について詳しい説明を受けました。
中学生の皆さん、ありがとうございました。

5月19日
【1年1組担任より】
1時間目にタブレット型PCを使った学習をしました。
もうログインするのが得意になっている子どもたちです。
この時間は、e‐ラーニングを使って、既習の算数の学習問題に挑戦させてみました。
子どもたちは画面をタッチするなどして問題を解決していきました。
4月当初は、タブレット型PCのログインに四苦八苦していましたが、今では、
「はやくタブレットを使いたい」
と要望してくる子が増えています。
e‐ラーニングの学習の仕方が分かれば、子どもたちにどんどん使用させていく予定です。

5月18日
【現地:3年3組担任より】
10時21分現在、2,3年生は無事に都立狭山公園の入口を通り、太陽の広場で写真撮影を終えています。
いよいよウォークラリーが始まります。
3年生がリーダーとなり、2年生を引っ張っていきます。
今日は、絶好の天気!
12時頃には、みんなでお弁当の時間の予定です。
その後、公園内を散策して学校に戻ります。

5月17日
今年度1回目の「たてわり班活動」を実施しました。
今年度初ということから、今日は顔合わせが主な内容でした。
まず、2年生以上の児童は、指定された教室に移動しました。
ところが!
3年の教室に向かったはずなのに、そこは4年の教室だったり、廊下をさまよう子がいたり・・。
もう一度、学校探検でもしようか?
と問いたくなる場面が見られました。
2年生以上の移動が完了すると、6年生が1年生を迎えに行きました。
6年生が1年生を連れていく姿が何とも言えないほどの「愛」を感じさせました。
ありがとう6年生。

5月16日
5年1組の図工の学習の時間です。
黒板には2組の子どもたちが制作した「こいのぼり」が展示していました。
和紙のにじみの美しさを感じjながら表現しようというテーマのもと、すでの黒色でこいのぼりの枠組みを描いた和紙に色を付けていきました。
今日の学習のポイントは、「いかに水分を多く含ませるか」です。
はじめに水だけを和紙に付け、三原色のグラデーションを生かしながら、水分を多く含んだ絵の具で着色していきました。
図工専科教諭が一人一人の作品を称賛しながら授業を進めていました。

5月13日
一昨日と昨日の二日間、本校の教員2名は、6年生の赤城移動教室に向けて実地踏査に行ってまいりました。
この実地踏査は3年ぶりです。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、この2年間、移動教室自体が中止となっていました。
しかし、この2年間で、各学校で感染症対策を講じてきた経験をふまえ、赤城移動教室の実施に向かっています。
今日は、みどりA学級の6年生が、実地踏査に行ってきた担任から赤城の様子を画像を通して説明を受けていました。
子どもたちが、赤城に目を向け始めた記念日です。

5月12日
5年1組では社会科の学習として、「高い土地・低い土地のくらし」に関する学習をしています。
今日は、海抜1000mの群馬県嬬恋村と、海抜0mの岐阜県海津市の画像を比較しました。
子どもたちは、自分のタブレット型PCを使って、あらかじめ担任が送信した2枚の画像を受け取り、念入りに調べ、土地の様子で気付いたことをメモしました。
自分の考えを発表していく中で、「それぞれの土地のくらしは、どうなのだろうか?」という疑問がわき、今後の学習課題となりました。あっという間の45分。
「もう終わり?」と子どもたち。
学習に集中していましたね。

5月11日
今年も好天に恵まれ、「はたらく消防写生会」を実施することができました。
消防車2台が校庭に現れ、子どもたちは思い思いに消防車の絵を描き始めました。
真横からの車の絵を描く子、車の真正面に座って描く子など、アングルは多様です。
さらには、車のおおよその形を描くことから始める子、気になる部品から描き始める子など、子どもたちの様子を見ていると楽しいです。
短い時間ではありましたが、残りの作業は各教室で行います。
完成した作品が廊下の壁面等に掲示されるのが待ち遠しいです。
消防署の皆様、ありがとうございました。

5月10日
天候に恵まれ、1年生は都立武蔵野中央公園に遠足に行ってきました。
前日の雨の残り具合を心配しましたが、芝がかなり乾いてくれたため、予定していた活動を行うことができました。
芝生でドッジボールやリレー等をしたり、学校にはないような固定遊具で遊んだりしました。
回転させて遊ぶ遊具には、遊び当初、大勢の子どもたちが乗り、1,2名の人に回転を依頼していましたが、工夫を重ね、2名乗りに限定し、大勢の人間で回転させる方法を編み出しました。
子どもは、遊びながら、頭を使い、新しいルールや遊び方を築き上げます。

5月9日
みどりB学級4・5年生の算数の学習の様子です。
2学年を1担任が授業しています。
5年生は、体積の学習をしていました。
ある立体を2つの直方体に分けると答えを求めやすいという内容でした。
どの子も「たて切り」を行って立体を2つに分け、回答することができました。
4年生は、3桁同士のかけ算の学習をしていました。
4年生も見事に正答していました。
九九をきちんとマスターしていないと、1問回答するのに莫大な時間を要してしまいます。
やはり、2年生の後半で学習するかけ算九九の学習は、重要になってきますね。

5月6日
三連休が2回あった今年のゴールデンウィークが終わりました。
1年生の給食の準備が気になり、各教室をのぞくと、どのクラスも4月に比べて、格段に手際よくなっていました。
同じフロアでは、4年2組が給食の盛り付けを行っていました。
すると、ある一人の児童の盛り付け方に目が釘付けになってしまいました。
一人一人の好みの量を微妙な間合いで感じ取り、まず、具を盛り付け、それに合わせて汁を入れていました。
その一連の手つきは、まさに食堂の様子を思わせるもので、プロ級でした。
思わず、画像に。
本当なら動画で紹介したいほどです。

5月2日
新年度がスタートして1か月が経ちました。
今日は、1か月前まで柳沢小学校で勤務していた教員たちの離任式を開催しました。
算数教室を会場として、オンライン配信し、子どもたちは自分の教室でその様子を見ました。
去られた教員が画面に映るたびに大歓声が上がり、その声が算数教室まで届いてきました。
代表の児童は、みんなの思いを手紙として教員にしっかりと伝え、花束を渡しました。
最後に、各教室に去られた教員たちが出向き、最後のお別れをしていました。
思い出に残る式となりました。

4月28日
今日は、2年生が1年生に学校の中を案内する「学校たんけん」の日です。
あらかじめ各部屋に掲示してある「部屋紹介」のポスターの箇所に1年生を案内していました。
手づくりのポスターには、クイズが記載されてあり、2年生が問題を読み上げ、1年生が回答していました。
校長室の問題内容は、
「今の校長先生は、何人目?」
というものでした。
答えは、校長室内にある歴代の校長の写真の数をカウントすれば分かります。
2年生がちょっぴりお兄さん・お姉さん気分になった一日でした。

4月27日
休み時間になると、大勢の子どもたちが校庭などで遊んでいます。
タイヤが無数にある場所に目を移すと、1年生が大勢タイヤで遊んでいました。
これだけ大きいタイヤは珍しいようで、人気の場所となっています。
また、6年生と関わる1年生の姿も見られます。
6年生に向かってボールを思い切り投げる1年生。
6年生は、そのボールをそっと1年生に投げ返します。
それでも上手にキャッチできない1年生。
6年生は、
「ごめんね。ごめんね。」
と謝る姿が・・・。
何とも微笑ましい光景でした。

4月26日
柳沢小学校全児童が歯科検診を受けました。
毎日の歯磨きの結果が判明する時でもあります。
毎日、歯を磨くことは、日常生活において欠かせないものです。
しかも、正しい方法で丁寧に磨かなければなりません。
それが当たり前の行動になり、初めて、丈夫な歯であり続けることになります。
ある人は、歯が痛くなってから、まじめに歯磨きをすると耳にしました。
それでは遅いです。
日常において、当たり前の行動は多々あります。
当たり前のことを当たり前にすることができるようにしていきたいものです。

4月25日
中庭には数多くの樹木がそびえたっています。
今日は、業者の方がお見えになり、中庭にある樹木の剪定作業を行っています。
葉が覆い茂っていた枝がなくなると、今まで以上に中庭に日差しが入り、明るくなったような気がします。
休み時間には大勢の児童が中庭にやってきて、思い切り走っている姿をよく見かけます。
2年前の卒業生が描いた土管も遊び場の一つです。
少しずつ、気温が上がってきています。
校庭で体を思い切り動かす際には、マスクを外すことを推奨しています。

4月22日
5年生の「お米の学校」がスタートしました。
今日の学習内容は、健康な種もみを選ぶことでした。
卵を入れたカップに水を入れ、塩を混ぜました。
その後、卵が浮いてくると、塩水のできあがりです。
その塩水に種もみをすべて投入し、かき混ぜました。
すると、浮く種もみと沈む種もみに分かれました。
沈んだ種もみが健康なものです。
その後、健康な種もみを取り出し、消毒しました。
なぜ、浮いた種もみは健康として扱わないのかは、子どもたちがたくさん考えるところです。

4月21日
天気を心配していましたが、雨に降られることがなく、遠足を実施することができました。
歩道は整備されていましたが、高低差が激しい場所でしたので、子どもたちの体力はどんどん失っていったようでした。
待ちに待った弁当タイムでしたが、子ども同士が向き合うことなく、同一方向を向いて黙って食べました。
平坦な道を歩きなれた子どもたちにとって、ややハードな遠足となったようです。
明日は、休みではありません。
ゆっくりと体を休めて、明日、元気に登校してくださいね。
遠足の振り返りをします。

4月20日
お待たせしました!
1年生、やっと給食の時間を迎えました。
第1回目のメニューは「ホットドッグ」「コーンシチュー」「大根のツナあえ」「牛乳」です。
1年生にとって配膳しやすく、食べやすいものになっています。
どの子もお盆を持って、慎重に運んでいました。
そして、「いただきます」
しかし、最初の難関は、牛乳のストローの扱い方のルールを守って、牛乳パックにストローを取り付けることでした。
どのクラスも複数名の大人がフォローしました。
1年生のことですから、そのうち、いとも簡単にストローを取り付けることでしょう。

4月19日
校庭の芝も木々と同様に青々としてきました。
いよいよ1年生の休み時間における校庭デビューです。
1年生と判るように、1年生の子どもたちは赤帽子をかぶっています。
1年生とすれ違うたびに上学年の子どもたちは、優しく声を掛けていました。
校庭には、担任も出てきて、子どもたちと一緒に遊んでいます。
ここのところ、雨模様が多くなり、校庭で思い切り体を動かす場面が減っていますが、遊べるときには徹底的に遊んでほしいと思います。
今日は、6年生が全国学力調査に関するテストを受けています。

4月18日
先週は、クラブ活動が始まり、今週は、委員会活動が始まりました。
柳沢小学校には、「代表」「体育」「集会」「放送」「図書」「保健」「環境」「給食」「飼育」の全9委員会があります。
今日の午前中までは、昨年度の委員会に属していた6年生が活動していましたが、いよいよ、この委員会をもって、新メンバーでの活動となります。
今日は、自己紹介や委員長等を決める組織づくりをはじめ、一年間のめあてや活動内容の確認をしました。
5年生にとっては、初めての委員会活動となり、学校を築いてく立場となりました。

4月15日
今年度のクラブ活動が始まりました。
4年生にとっては、初めてのクラブ活動です。
様子を見ていると、なんか初々しいです。
今年度は、「家庭科」「創作」「科学」「ボードゲーム」「自然動物研究」「イラスト漫画」「陸上」「バドミントン」「ダンス」「卓球」「ドッジボール」の全11種のクラブが発足されています。
今日は、あいにくの雨ですが、活動内容は、クラブ長を決めたり、活動目標を設定したり、年間の計画を立てたりと、組織づくりといったものでした。
次回のクラブ活動は5月16日です。
感染症が落ち着いた中での活動になることを願っています。

4月14日
「1年生を迎える会」を規模を縮小して実施しました。
本来なら、体育館を会場として、2年生以上のみんなで迎えたいところですが、感染症対策として、1年生の各教室に6年生が出向き、歓迎をしました。
「先生あてクイズ」「ジャンケン大会」「柳沢小学校クイズ」など、1年生に喜んでもらうために6年生全員が出し物を考え、準備し、今日に至っています。
今日の感想を6年生が1年生に尋ねた際、
「全部楽しかったです」
など喜びの返答がたくさんありました。
1年生も6年生も大喜びの朝の時間でした。

4月13日
1年生の登校時の下駄箱前の様子パート2です。
4月8日の画像と比較して感じたことは、1年生が大人の指示を受けることなく自力で上履きに履き替えることができていることです。
先週は、すのこに大勢の子どもたちが立ち止まり、動きが滞ることがありました。
しかし、現在、その場所が混むことはありません。
1年生が下履きから上履きに履き替えるのが、スムーズになった証拠です。
素晴らしいことです。
さて、明日、「雨」の予報が出ています。
いよいよ難関である、傘のしまい方の学習に入りそうです。

4月12日
昨日から朝の支度の時間帯を使って、6年生が1年生の世話をしています。
6年生からの
「どうしても世話をしたい!」
という要望を受け、1年生の教室に入室できる6年生の人数を大幅に制限した上で取り組ませています。
本来、6年生と1年生との関係はかなり深いものでしたが、新型コロナウイルスの感染防止のため、なかなか関係を築くことが困難でした。
今年度も入学式に参列することができなかった6年生でしたが、昨年度の6年生と同様、
「自分たちにできることはないか?」
と考え、判断し、実践しています。

4月11日
さあ、今年度の給食のスタートです。
作ってくださるのは、昨年度に引き続き「東洋食品」の皆様です。
栄えある第1回目のメニューは、チキンライス・パリパリサラダ・コーンスープ・牛乳でした。
味・食感・栄養バランスなどなど完璧です。
やっとこの日を迎えることができた子どもたちは、最高の笑顔で黙食をしていました。
この美味しい給食を早く1年生にも食べさせてあげたいです。
今週は、においだけの提供ですが、次週(20日)には、1年生の給食が始まります。
「東洋食品」の皆様、今年度もよろしくお願いいたします。

4月8日
1年生の登校時の下駄箱前の様子です。
自分の下駄箱の位置を全員が覚えることができたようです。
小学校では、小学校でのルールがあります。
それを6日の入学式、7日の二日間でだいぶ覚え、今日を迎えています。
下駄箱前では、外靴を脱ぎ、下駄箱にしまうのみ。
そして、上履きを持って、広いスペースに移動。
その後、ようやく上履きを履くというシステムです。
1学年の人数が100名ほどながら、下駄箱前が狭い空間であることから、本校独自のルールがあります。
1年生は、臨機応変にルールを習得し、確実に取り組んでいます。

4月7日
入学式の翌日、1年生が登校してきました。
「はじめての1時間目」
1年2組の子どもたちは、座り方の学習をしていました。
小学生用の机や椅子を使用するにあたり、座った際の姿勢などをクイズ形式で担任が出題し、子どもたちに身に付けさせていました。
昨日、入学し、この水曜日から金曜日までの三日間、とても大切な時期になっています。
はやく学校生活のルーティンを体で覚え、楽しく活動できるように見守ってまいります。
もうすぐ、下校になります。
下校の仕方も学習の一つです。

4月6日
早めに咲いた桜の花が、まだ残っている校庭で着任式・始業式を行いました。
新しい学年・学級、新しい担任、新しい友達・・短時間ではありましたが、子どもたちの元気な姿を見ることができました。
その後、6年生の力を借りて、入学式の準備をしました。
そして、入学式。
104名のかわいいかわいい1年生が入学してきました。
式後に写真撮影があったり、配付物を受け取ったりと、様々なことがあり、1年生にとって目まぐるしかったことでしょう。
本日から、柳沢小学校は505名の児童数となりました。
さあ、令和4年度のはじまりです。

4月5日
新年度の入学式の準備をしている新6年生です。
話をしっかりと聞き、自分の役割を果たそうとする姿がありました。
まさに本年度の柳沢小学校をリードする最高学年としての心意気を感じました。
これを積み重ねることは、この子たちが将来、
「社会に出て、一人前として生活していくこと」
につながります。
今は、便宜上、「新6年生」と呼ばれています。
やがて、「新」がなくなり、「6年生」と呼ばれる日が、もう、すぐそこにあります。

jitennshas
jitensha-1

本校の駐輪場は大変狭く、全校行事の際に、どのご家庭にも公平に自転車でご来校いただくことは無理な状態です。そこで、PTA役員および育成会の方等々の少人数の方々が来校される場合や、緊急な事情で個人的に急いで来校される場合以外は、
原則禁止とさせていただいております。

jitensha-2

 ただし、全校一斉行事でもやむを得ない事情で「自転車来校を希望する」という場合は、事前に必ず担任まで、その旨をご連絡ください。※その際、必要に応じて「駐輪許可証」をお渡しする場合もございます。事情をご理解いただき、ご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。

sns

「SNS家庭ルール」を作りの参考になさってください。

28shibafuborantelia
TOP20151106-1

40周年を記念して
「たからもの」
どうぞご試聴ください。

柳沢小学校

住所:〒188-0012 西東京市南町二丁目12番37号
電話:042-465-2903
交通アクセス
Copyright © Yagisawa Elementary School. All rights reserved.