西東京市立柳沢小学校

  • サイトマップ
  • 交通アクセス

8月10日
2年生が矢ヶ崎農園で6月10日に植えたさつまいもが元気に生育しています。
本日、矢ケ崎農園を訪れたら、サツマイモのお花が咲いたと教えていただきました。
紫色の小さなかわいいお花。毎日、お水をやり、病気になっていないか見てくださる矢ケ崎さんのおかげです。
「畑にいると、子どもたちや保護者の方々が声をかけてくださり、嬉しいです。」
とお話してくださいました。秋にはみどり学級で大根を育てさせていただく予定です。サツマイモの収穫も楽しみです。

8月8日
昨日の日曜日、柳沢あしたば会やぎサポおやじ’s夏休み工作教室が開かれました。
「麻ヒモランタン」「時計」「ストリングアート」「宝箱」の4種類から、子どもが自ら選んだ工作に挑戦。
完成品を見て、「自分もこのような作品を仕上げたい!」と目を輝かせて、取り組みました。
親子で楽しく取り組む姿もあり、集中した雰囲気の中、個性あふれる作品が完成しました。
あしたば会の皆様には朝早くからの準備・運営・片付けまで、笑顔いっぱいで活動していただき、心より感謝申し上げます。

8月5日
柳沢小の校庭・中庭はみどりがいっぱい。けやき、いちょう、桜… どのような樹木があり、いったい何種類くらいの樹木があるのでしょう?
正門前昇降口隣に「柳沢小の樹木一覧」が貼られています。
写真が見づらくなったので、昨年度、環境委員会の子どもたちが、多くの樹木を分担して、張り替えました。
色鮮やかに一新した柳沢樹木一覧。季節ごとに花が咲いたり、落葉したりする姿を見ながら、自然に関心をもってもらえたら嬉しいです。
ぜひ今度ゆっくり眺めてみてください。

8月4日
今年度も南町コミュニティセンター内のぞうさん文庫で、子どもたちが本とのふれあいを楽しませていただいています。
8月は5,12,19日の午後3〜5時の開催。27日は、10〜12時に工作教室も開催していただけるとのこと。
担当の方々とのふれあいもできる空間は、子どもの心も豊かに育ててくれることでしょう。
写真は、そうさん文庫のお知らせですが、周りに写っているのは、図書委員会の委員が作成し、図書室前に飾られた作品です。
本校図書室前の掲示も、いつもあたたかい雰囲気で満ち溢れています。

8月2日
柳沢小には、飼育委員会がお世話を担当するうさぎ、各教室で育てているメダカやカメなどの動物がいます。
長期休暇期間は、日直の教員が掃除や、餌やりなどを行っています。
カメは、各教室で育てている水槽ごと、保健室前に引っ越ししてきます。
人の気配を感じると、ごそごそと音を立てて水槽壁面に顔を付け、えさをねだってきます。
普段は子どもたちでにぎやかな学校、カメも2学期が待ち遠しいかもしれませんね。

8月1日
真夏の太陽の下、技能主任さんが、芝刈り機で芝生を刈ってくれました。
一年中、子どもたちや施設開放の団体さんが使いやすいように、芝の状態を見て、雑草を抜いてくださったり、芝刈り機を動かしてくださったりしています。
施設開放のスポーツチームの方々も使用時に雑草を抜いてくださっています。
本当にありがたいです。
9月にはまた、ふわふわの校庭で子どもたちが元気に走り回る姿が戻ってくることでしょう。

7月28日
5年生が育てているバケツ稲が強い日差しを浴びてすくすくと育っています。
夏休みの平日には、5年生児童が交代で水やりに来ています。
今日も、男児2名が職員室入口で
「失礼します。5年〇組 (名前)です。水やりに来ました!」
と礼儀正しく挨拶し、校庭に出向き、ホースで水撒きをしていました。
農家の方々が食物を育てる大変さとともに、生育する喜びも感じられる体験となっています。

7月27日 
4年生が理科の授業で観察しているヘチマが、夏の太陽を浴びてぐんぐん伸びています。
このヘチマは、地域の「緑のカーテン」事業でお手伝いいただき、植え付けしてもらっています。
4年生だけでなく多くの学年がその生育を間近で見て、生命力の強さや、季節感を感じさせてもらっています。
もうすぐ3階に届きそうです。
子どもたちが戻ってくる2学期には、どこまで伸びているか…お楽しみにしていてください。

7月20日
おかげさまで1学期の終業式を終えました。
ありがとうございました。
昨年度よりもできるようになったことが数多くあった今学期でした。
さて、明日から夏休みです。
ここ数日、全児童に
「一人で悩みを抱え込まずに、親・友達・学校などに相談しましょう」
と伝えています。
保護者に皆様も、この夏の子どもたちの様子を家の中問わず、見守っていただければと思います。
子どもたちの様子で少しでも気になることをお感じになった際には、学校や相談機関に早急にご相談くださいますようお願いいたします。
9月1日、子どもたちの笑顔に再会できるのを楽しみにしています。

7月19日
1,2時間目の5年生の水泳学習を最後に、今年度の水泳指導が終了しました。
昨年度よりもプール内に入ることのできる人数を80人以内と制限を緩和して実施しました。
そのため、昨年度に比べ、プールに入る回数は飛躍的上昇しました。
しかし、感染症対策を講じながら、熱中症対策も行いながらの指導でしたので、コロナ前の水泳学習に比べると、規模が縮小傾向だったことは否めません。
それでも、「新しい様式としての水泳学習」が今年度で確立したと考えています。
今日は、事故「0」で終わったプールに「ありがとう」の思いを伝えました。

7月15日
あれだけ暑かった日々がうそのように、今週は雨が多かったですね。
梅雨が戻ってきたの?と思うほどです。
今日の予報は、午前中よりも午後のほうが雨が強いということでした。
しかし、昼休みには、雨があがっていました。
すると・・出てくる出てくる。
子どもたちが校庭に。
今、遊ばないで、いつ遊ぶ!
と言わんばかりに。
芝は雨で濡れているし、芝を踏みしめると水分が浮かんできます。
でも、そんなことは全く関係なく、楽しそうに遊ぶ子どもたち。
ところが、突然の雨!
あっという間に校庭にはだれもいなくなりました。

7月14日
昨日の5時間目、都立小平特別支援学校のお友達が柳沢小学校に来校しました。
この日は6年生が主催した「夏祭り」だったため、一緒に楽しみました。
6年生のお店ともなると、ルールはシンプルながらも、工夫した内容になっていました。
景品もオリジナルのもので、
「6年生っぽいなぁ」
と感じてしまうものばかりでした。
みどり学級の6年生も参加して、とても楽しい時間を過ごしました。
都立小平特別支援学校のお友達!また柳沢小学校にいらしてくださいね。
ありがとうございました。

7月13日
挨拶運動3日目。
代表委員会の子どもたちは、各教室の前に立っています。
登校してきた人が自ら「おはようございます」の挨拶があると、挨拶を返し、チェックシートに記入していました。
代表委員会の目標は、
レベル「3」の自ら挨拶ができる人を増やすことです。
運動後、職員室前に集合し、チェックリストをみんなで照らし合わせ、
「自ら挨拶できる人が増えました」
「小さい声だった人が大きな声になってきました」
など、この運動のめあてに大きく近付いているのを実感していました。
まさに理想的な活動経過です。

7月12日
挨拶運動2日目。
今日は、正門前に6年2組の子どもたちが運動しました。
そして、田無警察署の皆様やあしたば会の皆様も参加してくださいました。
さて、挨拶レベル「3」は
「自らすすんで挨拶できる」です。
レベル「2」は
「挨拶をされたら必ず挨拶を返すことができる」です。
レベル「1」は
「挨拶しても、返事が全くない」です。
6年生は、レベル「2」を最低限の目標とし、取り組んでいます。
昨日より、レベル「2」以上の子どもが増えてきたと実感していました。
明日も楽しみです。

7月11日
本日から「挨拶運動」が始まりました。
西東京市社会を明るくする運動実施委員会の皆様による
「社会を明るくする運動」
とコラボする形で、代表委員と6年生が運動しています。
今日は、代表委員は校舎内で、6年1組の児童は正門付近での「挨拶運動」でした。
「挨拶運動」をせずとも、すすんで挨拶ができることが本来のあり方ではあります。
しかし、こうして「当たり前のことを当たり前にする」ことの大切さを大人たちと一緒に最高学年の児童が模範となることも重要です。
明日も実施します!

7月8日
出張から戻り、急いで6年生の着衣泳法の学習を撮影しようとプールへ・・。
しかし、間に合わず。
でも、やっと着衣泳法の学習ができたんだなぁと喜びながら、体育館を横切っていると、3年3組が理科の学習で、車を走らせていました。
この前、見たときは、風の力を使って車を走らせていましたが、今日は、ゴムの力を使って車を遠くまで走らせていました。
もちろん、理科の学習ですので、ゴムを巻く数やゴムの長さなどを変えながら、実験に臨んだことでしょう。
今日のデータを次回の理科の時間に活用しながら、一般化してまいります。

7月7日
今日は、3年生を対象に歯科指導を実施しました。
西東京市の健康課から歯科衛生士さんをゲストティーチャーとしてお招きしました。
テーマは
「おやつの食べ方名人になろう」
でした。
はじめに、よく食べるおやつを子どもたちは思い出しました。
その後、おやつの食べ方を学びました。
その際、歯の汚れの正体を教わりました。
最終的には、いつも行っている歯磨きに関して、5つの重要なポイントを教わりました。
大切なのは、実践力です。
今日、教わったように、今後、おやつの食べ方や歯磨きの仕方がきちんとできるかが大事です。
正しいことを続けるって、けっこう難しいことがあります。

7月6日
1年1組の子どもたちは、夏野菜のカレーライスを食べていました。
ジャガイモや玉ねぎはもちろん、インゲンやカボチャも大量に具として入っています。
いろいろな野菜が入っていても、カレーはカレー。
子どもたちは、もりもり食べて、おかわりし、さらにもりもり食べていました。
今日は、プールで水遊びをたっぷりとやりました。
どんどん食べて、タフな体を作っていきましょう。
ところで、先週は、どうしようもないくらいに暑かったですね。
特に、エアコンのない給食室は、想像を絶するほどの暑さだったことでしょう。
調理員の皆様に感謝いたします。

7月5日
昨夜、地域のお住まいの松本様からメダカの稚魚をいただきました。
今回、松本様のご厚意でいただいたメダカは、
「幹之(みゆき)」
という種類です。
その数、100匹!
本日、さっそく5年生の子どもたちが、かわいいメダカの稚魚をじっと見ていました。
ようやく自立できるようになった大きさで、これから通常の大きさになるまで成長していくのでしょう。
このメダカを5年1組・2組、みどり学級の5年生で責任をもって育ててまいります。
松本様、かわいいメダカをありがとうございました。
大切に育てます!

7月4日
暑さ指数をチェックするものの、ほぼ安心した気持ちで数値を確認することができました。
久しぶりの全時間、プール解禁です。
しかし・・・雨。
普通に降られては入水させるわけにはいかず、1,2時間目はアウト。
中休みに奇跡的に雨がやみ、そこを逃さなかったのが1年担任。今、入水しないで、いつ入水するのか!という意気込みで、3,4時間目の体育は水遊び。
1年生は、マスクを外し、しゃべらずに体育の学習に臨みました。
昨年度よりは、多くの回数を水泳(水遊び)指導となるよう、しばらく間、暑さ指数が上昇しないことを願います。

7月1日
この1週間、ずっとこの画面とにらめっこでした。
画像には、
「熱中症アラート発表中:東京」
「暑さ指数:31.9」
これは、校庭での遊びはともかく、プールへ入水させることもアウト。
出勤時からこの画面をちょくちょく見ています。
そして午後の時間になると、下校時の熱中症の心配をし始めます。
ランドセルの代用品OK・水筒の中身の制限の緩和・置き勉による荷物の軽減・マスクの外しの推奨・帽子の推奨などなど、様々な工夫をしているところですが、心配はつきません。
子どもたちが元気で笑顔があふれる生活を維持し続けてまいります。

6月30日
ついに熱中症アラートが発令されました。
校庭での活動は完全に禁止となり、室内で過ごす子どもたちです。
冬の寒さのときには、太陽の光のありがたみを味わっていたはずなのに・・と何とも言えない気持ちです。
そんな中、各階段の踊り場には3年生が図工の時間に作製した「光と花のファンタジー」が飾られています。
日光が差し込むと、それらがさらにすてきに色付き、嬉しい気持ちにさせてくれます。
来週は、今週とは違った天気になるとの予報が出ています。
プールに入れない学年がある中、いい感じの天気になることを願っています。

6月29日
祈りが通じず、どんどん暑くなる一方です。
5月末から校舎外でのマスク外しを積極的に推奨しているところですが、今週からは、校外での帽子の着用を推奨しています。
帽子の色は、できる限り白に近い薄い色がよく、少しでも子どもたちの体を守れればと考えています。
校庭では、体育の赤白帽をかぶらせるようにしていますが、暑さ指数が早い時間帯に急上昇するため、校庭での遊び自体ができないのが現状です。
子どもたちは、こまめに水分を取りながら、校舎内で過ごしています。

6月28日
静かなプールです。
気温と水温の合計が65度に達しないよう、朝から水温を下げる努力をしてきました。
なんとか、合計値が61度程度となり、安心していたところ、暑さ指数が「31.0」に。
中止・・。
5日前の同時刻の指数は「24.5」。
13日前の指数は「17.1」。
自然には勝てないとはいえ、プールに入りたがっている子どもたちの心中を思うと・・。
今年度は体育館にエアコンがあるため、体育の授業が全面的に中止になることはありませんが・・。
プールが寂しそうですね。

6月27日
あっという間に梅雨明け。
しかも、無茶苦茶暑い!
水泳学習や校庭遊びも時間帯によっては禁止。
あれだけ楽しみにしていたプールでの学習が、あっという間にできなくなるとは!
校庭には、だれもいなくなり、用務主事が伸びた芝を芝刈り機で刈っています。
校舎内は、エアコンと扇風機を上手に活用して、適切な室温を保っています。
まずは、きちんとした生活が大切になってきます。
食事・休養・睡眠など、ご家庭と学校とが連携して、子どもたちの健康を守り抜いていかなければなりません。

6月24日
つい先日まで、
「涼し過ぎてプールに入水させられない」
という愚痴をこぼしていたのが嘘のように、今度は、
「暑過ぎてプールに入水させられない」
という不安でいっぱいになっています。
画像は、3年生の水泳の学習の様子です。
暑さ指数が「31」に達すれば入水不可能。
水温と気温の合計が「65」を超えても入水不可能。
という中、「今しかない!」という思いで、指導にあたっています。
3年生は昨年度までは「水遊び」の学習でしたが、今年度からは「水泳」という学習をしています。
来週も入水できますように!と祈るばかりです。

6月23日
今年も校庭で交通安全教室を開催することができました。
田無警察署等の皆様を講師としてお招きし、1,2年生を対象に授業をしていただきました。
子どもたちは、自転車の点検や乗り方を学び、安全に運転することの大切さを学びました。
また、講和や動画を通して、安全に気を付けることがどれだけ大事かを意識しました。
だれもが交通ルール等をしっかりと守れば、事故の確率は「0」に近くなりますね。
今日は、大勢の保護者の皆様にもボランティアとして協力していただきました。
ありがとうございました。

6月22日
6月に入って、三分の二が経過しました。その間、給食時のお昼の放送では、定期的に
「田無地区特別詐欺撲滅音頭(西東京市バージョン)」
が流れています。
これは、田無警察署の方が作成したものです。
目的は、
詐欺犯人の検挙
高齢者の皆様の被害防止対策、子どもたちのおじい様やおばあ様の方々を守るため
子どもたちも将来、被害に遭わないため
です。
かなりの回数が放送され、「放送委員の子どもたちは、口ずさんでいる」との報告が放送担当教員からあがってきました。

6月21日
梅雨入りしていますが、雨が降らない日には、ここぞとばかりに校庭で遊ぶ子どもたちです。
今日は、4年1組と2組の子どもたちが、けやき付近に集まっていたので、様子を見ていると、どうやらクラス対抗で遊んでいるようでした。
ここ数日、気温が上昇し、夏の到来を感じています。
曇りの日でも水泳学習ができるほどの気温や水温です。
そのかわり、暑さ指数に着目するようになっています。
その指数があまりにも高くなると、水泳学習ですら中止になります。
何事も「ほどほど」「普通」というのが最適なのかもしれません。

6月20日
1年生は、他学年に比べ、児童の人数が圧倒的に多いため、2学級ずつのプールでの学習となっています。
したがって、今日は、1年1組にとって2回目、1年3組にとって初めてのプールでの学習でした。
低学年の学習は、「水泳」ではなく「水あそび」的なものとなります。
水に親しみ、水と「お友達」になることが重要です。
学習の様子を見ていると、授業者が
「静かに!」
という場面がありました。
その回数が多ければ多いほど、水あそびの時間が大幅に減少します。
話を正しく聞くこともプールでの学習の大切なルールです。

6月17日
プールでの学習を解禁して2週間。
例年に反して涼しい日が続き、気温・水温が上昇せず、なかなか入水することができない状態が続いています。
現時点で、まだ半数の児童が入水していません。
そんな中、今日の午後、5年生が今年度初めての水泳学習となりました。
マスクを外した5年生は、久しぶりのプールサイドに立っても、声を出しません。
準備運動では、掛け声がなくても授業者の動きに合わせて黙々と運動します。
比較的冷たい水に入っても、声を出さずに、次の指示を聞こうとします。
ルールを守っているため、泳ぐ時間が圧倒的に増します。

6月16日
教育実習も残すところ、あと2日。
今日は、2名の実習生による研究授業日です。
1年1組では、山崎先生が国語の授業をしていました。
この4週間弱といった実習期間で、1年1組の子どもたちとたくさんふれ合い、人間関係を構築してきた中での授業でした。
一人一人の子どもたちの考えや活動に寄り添いながら授業を進めていたのが印象的でした。
この後、3年1組では、山口先生が算数の授業をすることになっています。
明日は、二人とも「一日担任」となって、実習のまとめをします。

6月15日
田無警察署のスクールサポーターの方をお招きし、「セーフティ教室」を開催しました。
今日は、1年生から3年生子どもたちが、警察署の方の話を聞きました。
まず、万引き防止に関する動画を視聴しました。
「万引きは絶対にやってはいけない!」
という警察署の方の力強いお言葉を全児童が心にしっかりと受けとめました。
その後、「いかのおすし」の約束をみんなで確認しました。
まずは、正しく生活することが重要です。
毎年の教室ですが、その「毎年」行うことが大切です。
田無警察署の皆様、ありがとうございました。

6月14日
【養護教諭から】
今日は「たてわり班活動日」でした。
今年度、初めての異学年での遊びでした。
高学年の児童は、各班のリーダーとなって、下級生と遊びました。
その光景は、こちらの心を温かくしてくれました。
なぜって?
高学年の児童は、下級生を遊ばせていること自体を楽しんでいるからです。
だれ一人、遊びから取り残されないよう、声をかけていました。
楽しそうに遊んでいる低学年児童の表情を見て、心から嬉しそうにしていました。
こんなすてきな高学年に見守られながら遊ぶ子どもたちは幸せです。

6月13日
昨日の午後、3年ぶりにあしたば会主催の「ラグビー体験」が行われました。
都立田無工業のラグビー部のお兄さん・お姉さんがスタッフとして体験のお手伝いをしていただきました。
ラグビーをしてみたい柳沢小学校の子どもたちは、お兄さん・お姉さんとパスの練習をしたり、お兄さん・お姉さんの防御をすり抜けてトライしたりとラグビーを満喫しました。
また、やぎサポおやじーずの皆様が避難所関係の道具を点検等をしてくださいました。
あしたば会の皆様、田無工業のラグビー部の皆様、おやじーずの皆様、ありがとうございました。

6月10日
2年生は、毎年恒例のサツマイモの苗を植えるために、矢ヶ崎農園に行ってきました。
サツマイモの苗を植えた後、トラクターによる畑づくりを見学しました。
トラクターの力強さとみるみるうちに整備されていく畑の様子を見た子どもたちから感動の声が聞こえてきました。
その後、整地された畑を歩いてもいいとおっしゃっていただき、希望者(ほとんど全員)で畑の中に入り込みました。
あまりのふかふか感に、別の感動の声が聞こえてきました。
矢ヶ崎農園の皆様、毎年毎年、ありがとうございます。
本年度もよろしくお願いいたします。

6月9日
今週は、どの学年・学級も「プール開き」の式を行っています。
しかし、水温・気温が低すぎるため、さすがに入水することはできず、体育館で式をしたり、プールサイドでルールなどの確認をしたりしています。
今日は、みどり学級の式でした。
水着に着替え、体育館で式を行いました。
そして、プールサイドでの並び方を確認しました。
最後に、シャワーを浴びる体験をしました。
柳沢小学校のシャワーは、よく言われる「地獄のシャワー」ではなく、水量も水温も調節できる「あったかシャワー」です。

6月8日
今日は、「市小研」といって、小学校の教員が、それぞれ勉強を深めたい教科・領域に関する研究会に参加しています。
私は、「生活・総合部会」の担当をしている関係で、本日は、柳沢小学校で生活科の授業力を向上させるための講演会を講師の先生をお招きして実施しました。
さて、お子様の学級の担任は、どの教科・領域に属していると思いますか?
ちなみに私は担任時代に算数部に所属していました。
保護者様からは
「体育部でしょ?」
と思われていました。
果たして、担任の教科を当てることができるでしょうか!

6月7日
4年2組をのぞいてみると、社会科の学習をしていました。
テーマは「浄水場では、どのようにして、川の水を安全でおいしい水にしているのか」でした。
柳沢小学校の近隣には境浄水場があります。
今日は、境浄水場の画像等を見て、何があるのか?どんな工夫をしているのか?などを考えていました。
学校でも家でも公園でも、蛇口をひねると、おいしい水が当たり前のように出て、我々は飲むことができます。
その当たり前にできるために、努力したり、工夫したりしている人がいることを4年生は学んでいます。

6月6日
「6月初旬は暑くなり、やがて梅雨が来てプールに入れなくなるから、プール開きを6月中旬から繰り上げよう」
と、今年度は、本日(6月6日)をプール開きとしていました。
ところが!
涼しいし、雨がやたらと降り続いているし、おまけに梅雨入りだし・・。
やることなすこと裏目に。
今日は4年生のプール開きを仕方なく体育館で行いました。
やりたかったでしょう、水泳を。
せめて昨年度よりは、水泳の時間を増やしてあげたいです。
校庭には水たまりができ、カモが楽しそうに過ごしているのも、柳沢小の梅雨時の光景です。

6月3日
2年生は、生活科で西東京市の公共施設等に関する学習をしています。
そこで、今日は、西東京市中央図書館にお邪魔して、施設内を見学しました。
学校の図書館にある本の冊数も多いですが、それをはるかに上回る数の本・本・本・・。
特に、本が大好きな児童にとっては夢のような世界でした。
最後に、あらかじめ準備していた子どもたちからの質問に対して、丁寧に回答してくださいました。
やはり、図書館内にある蔵書数には驚きの声があがりました。
中央図書館の皆様、ありがとうございました。

6月2日
本日、学年ごとに「ソフトボール投げ」を実施しています。
午前中は、1〜3年生とみどり学級の子どもたちが取り組みました。
ボールを投げるという行為が昭和時代よりも少なくなり、2桁の記録が出ると、歓声が上がっていました。
5時間目になると、4年生が登場。
20mは当たり前という投げっぷりが多く見られ、この後の高学年の記録が楽しみです。
ちなみに、中日ドラゴンズの根尾選手は、小学6年生のときに、88m(助走あり)という記録を出しています。
現在の歴代1位は90mを超えているようです。

6月1日
6月に入りました。
いよいよスポーツテストが行われます。
今日は、放課後の時間を使って、教員がソフトボール投げの準備をしています。
明日は、2か所でテストを実施するため、大勢の教員で準備を進めています。
1mごとにラインを引いていきます。
完成するころには、芸術的な内角が30度の扇形ができることでしょう。
明日は、500人以上の子どもたちが、ソフトボール投げに挑戦します。
昨年度の自分の記録を上回ることが第一目標ですね。
明日まで、雨が降りませんように!

5月31日
昨日から2週間は、読書旬間となっています。
そこで、本日の給食は、読書旬間とコラボしてみました。
『ゆうこのキャベツぼうし』(やまわきゆりこ作・絵:福音館書店)という絵本にキャベツをたっぷりと使用した「ホイコーロー丼」がメニューの一つとなっています。
教室をのぞいてみると、いただきますの段階で、激盛りのホイコーロー丼を発見しました。
ほとんどの子どもたちが、量を増やすことを希望し、長蛇の列が各教室で見られました。
スポーツテストも近いです。
しっかりと食べて、しっかりと運動しましょう!

5月30日
ニュース等を見ていると、
「体育時のマスクを・・」
という報道があります。
しかし、西東京市では、それ以前から、体育時や校庭での休み時間、登下校の際には、マスクを外すことを推奨しています。
また、暑くなるにつれ、担任や養護教諭等が
「マスクを外してもいいんだよ」
と何度も伝えています。
ただし、今年度は、その話を耳にして、すぐにマスクを外す児童の割合が昨年度に比べて下がっている気がします。
「外すことが恥ずかしい」
という報道を耳にしますが、果たして、子どもたちの心境は、どう変化しているのでしょうか。

5月27日
5年生が「お米の学校」の授業を受けています。
今日は「田んぼづくり」と「田植え」です。
「田んぼづくり」は、まさに「泥遊び」に近いレベルです。
「泥遊び」に慣れている子と、そうではない子とでは、こちらまで聞こえる会話が違ってきました。
前者は、「よし!次は、〇〇を用意しておいて」
後者は、「ワー!」「キャー!」
でも、結局は、どちらのタイプでも立派な田んぼが完成していました。
その後、優しく苗を持ち、田植えをします。
その際、誰もが田んぼ(泥)の中に指を突っ込むことになるのですが。

5月26日
放課後の時間帯に全教員が心肺蘇生法講習会を受講しました。
6月に入ると、いよいよ水泳指導が始まります。
それまでに、全教員が講習を受ける義務があります。
柳沢小学校の全教員は、これまでに心肺蘇生法講習会の受講経験があります。
しかし、大切な命を何が何でも守るため、毎年受講し、AEDの使用法を確認しています。
消防署の方がマンツーマンで指導してくださり、今年度の講習が終わりました。
来週は、プール清掃や水入れ、プール開きが近付いています。

5月25日
みどり学級B1組では、国語の時間に「促音」についての学習をしていました。
「ねこ」と「ねっこ」
「っ」が入るだけで、意味が全く違います。
学習の終わりには「っ」が入る言葉を考えました。
いつも使用しているはずですが、こうしてまじまじと考えると、なかなか思いつくことが困難になります。
「かけっこ」「ばった」など、子どもたちが言い始めると、面白いように次々に「っ」の付く言葉が発表されました。
ノートなどに「っ」を書く際には、2つめのお部屋(右上)に書くことを確認し、練習しました。

5月24日
昨日から教育実習生2名が柳沢小学校来ています。
期間は4週間です。
そのうちの1名は、3年1組で山口先生として実習しています。
(もう1名は、次の機会に)
授業中は、指導教官の授業を見学して学び、休み時間になると、校庭に出て、子どもたちと体を動かしています。
実習1週目ということで、授業見学や講義の時間が多いです。
2週目に入るころには第1授業者として、子どもたちに教えることになります。
4週間後、実習生として、どのようになっているか、今から楽しみです。
温かく鍛えてまいります。

5月23日
4・5・6年生を対象に「セーフティ教室」を実施しました。
小学校において、児童の健全育成の活性化及び充実を図るためといったねらいがあります。
今日は、eネットキャラバンから講師の先生をお招きし、インターネットやゲーム機、携帯電話、スマートフォンなどの安心安全な使い方やルールについてお話をいただいたり、動画を視聴したりしました。
ご家庭や学校、地域社会との連携も図りながら、非行・犯罪被害防止教育を今後も推進していきます。
よろしくお願いいたします。

5月20日
昨年度、GIGAスクール委員会に参加した各中学校の代表生徒で話し合われたことを基に、タブレットの使い方のルールを決め、田無第四中学校の生徒が柳沢小学校の児童向けの動画を作成してくれました。
先週と今週で全学級がこの動画を視聴しました。
その中でも
「タブレット3きょうだい」
についての紹介があり、
「トラブルにならないように」
「ただしく生活するために」
「学校生活をたのしくさせるために」
について詳しい説明を受けました。
中学生の皆さん、ありがとうございました。

5月19日
【1年1組担任より】
1時間目にタブレット型PCを使った学習をしました。
もうログインするのが得意になっている子どもたちです。
この時間は、e‐ラーニングを使って、既習の算数の学習問題に挑戦させてみました。
子どもたちは画面をタッチするなどして問題を解決していきました。
4月当初は、タブレット型PCのログインに四苦八苦していましたが、今では、
「はやくタブレットを使いたい」
と要望してくる子が増えています。
e‐ラーニングの学習の仕方が分かれば、子どもたちにどんどん使用させていく予定です。

5月18日
【現地:3年3組担任より】
10時21分現在、2,3年生は無事に都立狭山公園の入口を通り、太陽の広場で写真撮影を終えています。
いよいよウォークラリーが始まります。
3年生がリーダーとなり、2年生を引っ張っていきます。
今日は、絶好の天気!
12時頃には、みんなでお弁当の時間の予定です。
その後、公園内を散策して学校に戻ります。

5月17日
今年度1回目の「たてわり班活動」を実施しました。
今年度初ということから、今日は顔合わせが主な内容でした。
まず、2年生以上の児童は、指定された教室に移動しました。
ところが!
3年の教室に向かったはずなのに、そこは4年の教室だったり、廊下をさまよう子がいたり・・。
もう一度、学校探検でもしようか?
と問いたくなる場面が見られました。
2年生以上の移動が完了すると、6年生が1年生を迎えに行きました。
6年生が1年生を連れていく姿が何とも言えないほどの「愛」を感じさせました。
ありがとう6年生。

5月16日
5年1組の図工の学習の時間です。
黒板には2組の子どもたちが制作した「こいのぼり」が展示していました。
和紙のにじみの美しさを感じjながら表現しようというテーマのもと、すでの黒色でこいのぼりの枠組みを描いた和紙に色を付けていきました。
今日の学習のポイントは、「いかに水分を多く含ませるか」です。
はじめに水だけを和紙に付け、三原色のグラデーションを生かしながら、水分を多く含んだ絵の具で着色していきました。
図工専科教諭が一人一人の作品を称賛しながら授業を進めていました。

5月13日
一昨日と昨日の二日間、本校の教員2名は、6年生の赤城移動教室に向けて実地踏査に行ってまいりました。
この実地踏査は3年ぶりです。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、この2年間、移動教室自体が中止となっていました。
しかし、この2年間で、各学校で感染症対策を講じてきた経験をふまえ、赤城移動教室の実施に向かっています。
今日は、みどりA学級の6年生が、実地踏査に行ってきた担任から赤城の様子を画像を通して説明を受けていました。
子どもたちが、赤城に目を向け始めた記念日です。

5月12日
5年1組では社会科の学習として、「高い土地・低い土地のくらし」に関する学習をしています。
今日は、海抜1000mの群馬県嬬恋村と、海抜0mの岐阜県海津市の画像を比較しました。
子どもたちは、自分のタブレット型PCを使って、あらかじめ担任が送信した2枚の画像を受け取り、念入りに調べ、土地の様子で気付いたことをメモしました。
自分の考えを発表していく中で、「それぞれの土地のくらしは、どうなのだろうか?」という疑問がわき、今後の学習課題となりました。あっという間の45分。
「もう終わり?」と子どもたち。
学習に集中していましたね。

5月11日
今年も好天に恵まれ、「はたらく消防写生会」を実施することができました。
消防車2台が校庭に現れ、子どもたちは思い思いに消防車の絵を描き始めました。
真横からの車の絵を描く子、車の真正面に座って描く子など、アングルは多様です。
さらには、車のおおよその形を描くことから始める子、気になる部品から描き始める子など、子どもたちの様子を見ていると楽しいです。
短い時間ではありましたが、残りの作業は各教室で行います。
完成した作品が廊下の壁面等に掲示されるのが待ち遠しいです。
消防署の皆様、ありがとうございました。

5月10日
天候に恵まれ、1年生は都立武蔵野中央公園に遠足に行ってきました。
前日の雨の残り具合を心配しましたが、芝がかなり乾いてくれたため、予定していた活動を行うことができました。
芝生でドッジボールやリレー等をしたり、学校にはないような固定遊具で遊んだりしました。
回転させて遊ぶ遊具には、遊び当初、大勢の子どもたちが乗り、1,2名の人に回転を依頼していましたが、工夫を重ね、2名乗りに限定し、大勢の人間で回転させる方法を編み出しました。
子どもは、遊びながら、頭を使い、新しいルールや遊び方を築き上げます。

5月9日
みどりB学級4・5年生の算数の学習の様子です。
2学年を1担任が授業しています。
5年生は、体積の学習をしていました。
ある立体を2つの直方体に分けると答えを求めやすいという内容でした。
どの子も「たて切り」を行って立体を2つに分け、回答することができました。
4年生は、3桁同士のかけ算の学習をしていました。
4年生も見事に正答していました。
九九をきちんとマスターしていないと、1問回答するのに莫大な時間を要してしまいます。
やはり、2年生の後半で学習するかけ算九九の学習は、重要になってきますね。

5月6日
三連休が2回あった今年のゴールデンウィークが終わりました。
1年生の給食の準備が気になり、各教室をのぞくと、どのクラスも4月に比べて、格段に手際よくなっていました。
同じフロアでは、4年2組が給食の盛り付けを行っていました。
すると、ある一人の児童の盛り付け方に目が釘付けになってしまいました。
一人一人の好みの量を微妙な間合いで感じ取り、まず、具を盛り付け、それに合わせて汁を入れていました。
その一連の手つきは、まさに食堂の様子を思わせるもので、プロ級でした。
思わず、画像に。
本当なら動画で紹介したいほどです。

5月2日
新年度がスタートして1か月が経ちました。
今日は、1か月前まで柳沢小学校で勤務していた教員たちの離任式を開催しました。
算数教室を会場として、オンライン配信し、子どもたちは自分の教室でその様子を見ました。
去られた教員が画面に映るたびに大歓声が上がり、その声が算数教室まで届いてきました。
代表の児童は、みんなの思いを手紙として教員にしっかりと伝え、花束を渡しました。
最後に、各教室に去られた教員たちが出向き、最後のお別れをしていました。
思い出に残る式となりました。

4月28日
今日は、2年生が1年生に学校の中を案内する「学校たんけん」の日です。
あらかじめ各部屋に掲示してある「部屋紹介」のポスターの箇所に1年生を案内していました。
手づくりのポスターには、クイズが記載されてあり、2年生が問題を読み上げ、1年生が回答していました。
校長室の問題内容は、
「今の校長先生は、何人目?」
というものでした。
答えは、校長室内にある歴代の校長の写真の数をカウントすれば分かります。
2年生がちょっぴりお兄さん・お姉さん気分になった一日でした。

4月27日
休み時間になると、大勢の子どもたちが校庭などで遊んでいます。
タイヤが無数にある場所に目を移すと、1年生が大勢タイヤで遊んでいました。
これだけ大きいタイヤは珍しいようで、人気の場所となっています。
また、6年生と関わる1年生の姿も見られます。
6年生に向かってボールを思い切り投げる1年生。
6年生は、そのボールをそっと1年生に投げ返します。
それでも上手にキャッチできない1年生。
6年生は、
「ごめんね。ごめんね。」
と謝る姿が・・・。
何とも微笑ましい光景でした。

4月26日
柳沢小学校全児童が歯科検診を受けました。
毎日の歯磨きの結果が判明する時でもあります。
毎日、歯を磨くことは、日常生活において欠かせないものです。
しかも、正しい方法で丁寧に磨かなければなりません。
それが当たり前の行動になり、初めて、丈夫な歯であり続けることになります。
ある人は、歯が痛くなってから、まじめに歯磨きをすると耳にしました。
それでは遅いです。
日常において、当たり前の行動は多々あります。
当たり前のことを当たり前にすることができるようにしていきたいものです。

4月25日
中庭には数多くの樹木がそびえたっています。
今日は、業者の方がお見えになり、中庭にある樹木の剪定作業を行っています。
葉が覆い茂っていた枝がなくなると、今まで以上に中庭に日差しが入り、明るくなったような気がします。
休み時間には大勢の児童が中庭にやってきて、思い切り走っている姿をよく見かけます。
2年前の卒業生が描いた土管も遊び場の一つです。
少しずつ、気温が上がってきています。
校庭で体を思い切り動かす際には、マスクを外すことを推奨しています。

4月22日
5年生の「お米の学校」がスタートしました。
今日の学習内容は、健康な種もみを選ぶことでした。
卵を入れたカップに水を入れ、塩を混ぜました。
その後、卵が浮いてくると、塩水のできあがりです。
その塩水に種もみをすべて投入し、かき混ぜました。
すると、浮く種もみと沈む種もみに分かれました。
沈んだ種もみが健康なものです。
その後、健康な種もみを取り出し、消毒しました。
なぜ、浮いた種もみは健康として扱わないのかは、子どもたちがたくさん考えるところです。

4月21日
天気を心配していましたが、雨に降られることがなく、遠足を実施することができました。
歩道は整備されていましたが、高低差が激しい場所でしたので、子どもたちの体力はどんどん失っていったようでした。
待ちに待った弁当タイムでしたが、子ども同士が向き合うことなく、同一方向を向いて黙って食べました。
平坦な道を歩きなれた子どもたちにとって、ややハードな遠足となったようです。
明日は、休みではありません。
ゆっくりと体を休めて、明日、元気に登校してくださいね。
遠足の振り返りをします。

4月20日
お待たせしました!
1年生、やっと給食の時間を迎えました。
第1回目のメニューは「ホットドッグ」「コーンシチュー」「大根のツナあえ」「牛乳」です。
1年生にとって配膳しやすく、食べやすいものになっています。
どの子もお盆を持って、慎重に運んでいました。
そして、「いただきます」
しかし、最初の難関は、牛乳のストローの扱い方のルールを守って、牛乳パックにストローを取り付けることでした。
どのクラスも複数名の大人がフォローしました。
1年生のことですから、そのうち、いとも簡単にストローを取り付けることでしょう。

4月19日
校庭の芝も木々と同様に青々としてきました。
いよいよ1年生の休み時間における校庭デビューです。
1年生と判るように、1年生の子どもたちは赤帽子をかぶっています。
1年生とすれ違うたびに上学年の子どもたちは、優しく声を掛けていました。
校庭には、担任も出てきて、子どもたちと一緒に遊んでいます。
ここのところ、雨模様が多くなり、校庭で思い切り体を動かす場面が減っていますが、遊べるときには徹底的に遊んでほしいと思います。
今日は、6年生が全国学力調査に関するテストを受けています。

4月18日
先週は、クラブ活動が始まり、今週は、委員会活動が始まりました。
柳沢小学校には、「代表」「体育」「集会」「放送」「図書」「保健」「環境」「給食」「飼育」の全9委員会があります。
今日の午前中までは、昨年度の委員会に属していた6年生が活動していましたが、いよいよ、この委員会をもって、新メンバーでの活動となります。
今日は、自己紹介や委員長等を決める組織づくりをはじめ、一年間のめあてや活動内容の確認をしました。
5年生にとっては、初めての委員会活動となり、学校を築いてく立場となりました。

4月15日
今年度のクラブ活動が始まりました。
4年生にとっては、初めてのクラブ活動です。
様子を見ていると、なんか初々しいです。
今年度は、「家庭科」「創作」「科学」「ボードゲーム」「自然動物研究」「イラスト漫画」「陸上」「バドミントン」「ダンス」「卓球」「ドッジボール」の全11種のクラブが発足されています。
今日は、あいにくの雨ですが、活動内容は、クラブ長を決めたり、活動目標を設定したり、年間の計画を立てたりと、組織づくりといったものでした。
次回のクラブ活動は5月16日です。
感染症が落ち着いた中での活動になることを願っています。

4月14日
「1年生を迎える会」を規模を縮小して実施しました。
本来なら、体育館を会場として、2年生以上のみんなで迎えたいところですが、感染症対策として、1年生の各教室に6年生が出向き、歓迎をしました。
「先生あてクイズ」「ジャンケン大会」「柳沢小学校クイズ」など、1年生に喜んでもらうために6年生全員が出し物を考え、準備し、今日に至っています。
今日の感想を6年生が1年生に尋ねた際、
「全部楽しかったです」
など喜びの返答がたくさんありました。
1年生も6年生も大喜びの朝の時間でした。

4月13日
1年生の登校時の下駄箱前の様子パート2です。
4月8日の画像と比較して感じたことは、1年生が大人の指示を受けることなく自力で上履きに履き替えることができていることです。
先週は、すのこに大勢の子どもたちが立ち止まり、動きが滞ることがありました。
しかし、現在、その場所が混むことはありません。
1年生が下履きから上履きに履き替えるのが、スムーズになった証拠です。
素晴らしいことです。
さて、明日、「雨」の予報が出ています。
いよいよ難関である、傘のしまい方の学習に入りそうです。

4月12日
昨日から朝の支度の時間帯を使って、6年生が1年生の世話をしています。
6年生からの
「どうしても世話をしたい!」
という要望を受け、1年生の教室に入室できる6年生の人数を大幅に制限した上で取り組ませています。
本来、6年生と1年生との関係はかなり深いものでしたが、新型コロナウイルスの感染防止のため、なかなか関係を築くことが困難でした。
今年度も入学式に参列することができなかった6年生でしたが、昨年度の6年生と同様、
「自分たちにできることはないか?」
と考え、判断し、実践しています。

4月11日
さあ、今年度の給食のスタートです。
作ってくださるのは、昨年度に引き続き「東洋食品」の皆様です。
栄えある第1回目のメニューは、チキンライス・パリパリサラダ・コーンスープ・牛乳でした。
味・食感・栄養バランスなどなど完璧です。
やっとこの日を迎えることができた子どもたちは、最高の笑顔で黙食をしていました。
この美味しい給食を早く1年生にも食べさせてあげたいです。
今週は、においだけの提供ですが、次週(20日)には、1年生の給食が始まります。
「東洋食品」の皆様、今年度もよろしくお願いいたします。

4月8日
1年生の登校時の下駄箱前の様子です。
自分の下駄箱の位置を全員が覚えることができたようです。
小学校では、小学校でのルールがあります。
それを6日の入学式、7日の二日間でだいぶ覚え、今日を迎えています。
下駄箱前では、外靴を脱ぎ、下駄箱にしまうのみ。
そして、上履きを持って、広いスペースに移動。
その後、ようやく上履きを履くというシステムです。
1学年の人数が100名ほどながら、下駄箱前が狭い空間であることから、本校独自のルールがあります。
1年生は、臨機応変にルールを習得し、確実に取り組んでいます。

4月7日
入学式の翌日、1年生が登校してきました。
「はじめての1時間目」
1年2組の子どもたちは、座り方の学習をしていました。
小学生用の机や椅子を使用するにあたり、座った際の姿勢などをクイズ形式で担任が出題し、子どもたちに身に付けさせていました。
昨日、入学し、この水曜日から金曜日までの三日間、とても大切な時期になっています。
はやく学校生活のルーティンを体で覚え、楽しく活動できるように見守ってまいります。
もうすぐ、下校になります。
下校の仕方も学習の一つです。

4月6日
早めに咲いた桜の花が、まだ残っている校庭で着任式・始業式を行いました。
新しい学年・学級、新しい担任、新しい友達・・短時間ではありましたが、子どもたちの元気な姿を見ることができました。
その後、6年生の力を借りて、入学式の準備をしました。
そして、入学式。
104名のかわいいかわいい1年生が入学してきました。
式後に写真撮影があったり、配付物を受け取ったりと、様々なことがあり、1年生にとって目まぐるしかったことでしょう。
本日から、柳沢小学校は505名の児童数となりました。
さあ、令和4年度のはじまりです。

4月5日
新年度の入学式の準備をしている新6年生です。
話をしっかりと聞き、自分の役割を果たそうとする姿がありました。
まさに本年度の柳沢小学校をリードする最高学年としての心意気を感じました。
これを積み重ねることは、この子たちが将来、
「社会に出て、一人前として生活していくこと」
につながります。
今は、便宜上、「新6年生」と呼ばれています。
やがて、「新」がなくなり、「6年生」と呼ばれる日が、もう、すぐそこにあります。

jitennshas
jitensha-1

本校の駐輪場は大変狭く、全校行事の際に、どのご家庭にも公平に自転車でご来校いただくことは無理な状態です。そこで、PTA役員および育成会の方等々の少人数の方々が来校される場合や、緊急な事情で個人的に急いで来校される場合以外は、
原則禁止とさせていただいております。

jitensha-2

 ただし、全校一斉行事でもやむを得ない事情で「自転車来校を希望する」という場合は、事前に必ず担任まで、その旨をご連絡ください。※その際、必要に応じて「駐輪許可証」をお渡しする場合もございます。事情をご理解いただき、ご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。

sns

「SNS家庭ルール」を作りの参考になさってください。

28shibafuborantelia
TOP20151106-1

40周年を記念して
「たからもの」
どうぞご試聴ください。

柳沢小学校

住所:〒188-0012 西東京市南町二丁目12番37号
電話:042-465-2903
交通アクセス
Copyright © Yagisawa Elementary School. All rights reserved.