このページの先頭です
西東京市立保谷中学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

  • 学校の紹介
  • スクールライフ
  • 行事予定
  • 学校の組織
サイトメニューここまで


本文ここから

9月の給食

更新日:2022年9月30日

9月30日(金曜日)

☆鮭わかめごはん
☆はりはり漬け
☆豚汁
☆柿
☆牛乳

今日の給食は和食の献立です。『はりはり漬け』とは新潟県の郷土料理で、切干大根をしょうゆに漬けたものです。雪の多い新潟県では、冬を越すための保存食としてつくられていました。柿は秋が旬の果物です。柿にはビタミンCがとても多く含まれています。人が1日に摂取するビタミンCの推奨量は100mgです。なんと柿には70mgのビタミンCが含まれて、大きめの柿だと1個食べれば1日分のビタミンが摂れる計算になります。ビタミンCは風邪などの感染予防や免疫力を高める働きがあります。しっかり食べて午後も元気に過ごしましょう。

9月29日(木曜日)

☆ガーリックフランス
☆秋野菜のポトフ
☆いかのマリネサラダ
☆牛乳

今日の給食は洋食の献立です。『秋野菜のポトフ』はさつまいも、しめじ、かぶなどの秋野菜がはいっており、じっくり煮込んだポトフになります。『いかのマリネサラダ』にはいっているイカは、海の中で泳いでいますが、魚の仲間ではありません。魚のような背骨はなく、貝と同じ仲間になります。栄養面では、高たんぱく、低脂肪、低カロリーです。疲れを早くとり、体に必要ないコレステロール値を下げる効果があります。イカは歯ごたえがあるので、よくかんで食べましょう。

9月28日(水曜日)

☆豚丼
☆根菜のごま汁
☆芋餅
☆牛乳

『芋餅』とは、北海道の郷土料理です。北海道産のじゃがいもをゆでて、つぶし、片栗粉などを混ぜてお餅にしたものです。給食では、お餅を油で揚げて、しょうゆと砂糖でつくったたれをかけていただきます。北海道のじゃがいもは、生産・収穫量が日本一で、国内のじゃがいもの生産量の約8割を占めています。じゃがいもに含まれているビタミンCは加熱しても崩れにくく、体に取り入れられます。

9月27日(火曜日)

☆シーフードスパゲティ
☆大根サラダ
☆アップルクーヘン
☆ジョア

今日の給食は洋食の献立です。主食のスパゲティがエビとイカがはいった『シーフードスパゲティ』に変更となりました。エビは日本人が好きな魚介類のひとつで、エビを食べる量が多いため、インド・インドネシア・タイ・オーストラリアなどの各国でエビを養殖し、日本に輸出しています。イカも同じく日本では多く食べられています。歯ごたえがあり、切り方でよって食感が変わります。エビもイカも高たんぱくで低カロリーの食品で、旨味もあるため、さまざまな料理に使われています。よくかんで、味わって食べましょう。

9月26日(月曜日)

☆古代米ごはん
☆スンドゥブ
☆チャプチェ
☆みかん
☆牛乳

今日の給食は人気の韓国料理です。『スンドゥブ』は「豆腐」という意味で、豆腐・豚肉・キムチ・ねぎなどを入れて、辛みのあるコチジャンというみそで味付けした料理です。『チャプチェ』は野菜と春雨を炒め合わせた料理です。豚肉・春雨・野菜などをごま油で炒め、甘辛く味付けしました。本場韓国ではチャプチェに使用する春雨はさつまいものでんぷん粉で作られている太めのものですが、給食では日本で一般的に使われている緑豆の春雨を使っています。しっかり食べて、今週も元気に過ごしましょう。

9月22日(木曜日)

☆ふんわり親子丼
☆小松菜のからし和え
☆ぶどう
☆牛乳

今日の給食は『ふんわり親子丼』です。親子丼は割り下などで煮た鶏肉を溶き卵でとじ、ごはんの上にのせた料理です。「親子」という名前は、鶏肉と卵を一緒に使うことから親子丼といいます。卵はひよこが成長するために必要とされる栄養素が含まれているので「完全栄養食品」と呼ばれています。しかし、ビタミンCや食物繊維などは含まれていないので、野菜と組み合わせると理想的な栄養バランスになります。果物のぶどうは秋が旬です。今日のぶどうは「巨峰」という品種です。

9月21日(水曜日)

☆ごま揚げパン
☆鶏団子のスープ
☆アロエヨーグルト
☆牛乳

今日の給食の『ごま揚げパン』は、きなこ揚げパンのごまバージョンです。ねじりパンを油で揚げて、ごまと砂糖、そしてほんの少しの塩を合わせたものにからめます。『鶏団子のスープ』は給食室で手作りした鶏団子がはいっています。鶏団子の他にも、にんじん・小松菜・白菜・しいたけ・長ねぎなどたくさんの野菜がはいっていて、栄養満点です。しっかり食べて、試験疲れをとりましょう。

9月20日(火曜日)

☆中華おこわ
☆ジャンボキムチ餃子
☆中華コーンスープ
☆牛乳

『餃子』は中国生まれの料理です。中国では、旧正月や結婚式などのお祝の席で食べられる料理で、大晦日にはたくさんの餃子をつくり、新年を迎えるそうです。食べ方は水餃子が主流で、具は白菜を使い、にんにくは入れないようです。日本では具に白菜かキャベツのどちらかを使っています。キャベツはキャベツの甘みとシャキシャキした歯ごたえを楽しめます。白菜は水分が多く、ふっくらジューシーな焼き上げになります。給食では、キャベツを使って具を作りました。直径15cmの大きな餃子の皮に具を包み、油で揚げた手作り餃子です。よく味わって食べましょう。

9月16日(金曜日)

☆鶏肉と蓮根のトースト
☆ポークビーンズシチュー
☆キャラメルポテト
☆牛乳

日の給食はパンの献立です。『鶏肉と蓮根のトースト』は
食パンに炒めた鶏肉と蓮根などの具とチーズをのせてオーブンで焼きました。『キャラメルポテト』は秋が旬のさつま芋を使ったデザートです。さつまいもを素揚げして、キャラメルソースでからめます。キャラメルソースは、バター、砂糖、アーモンド、シナモンを合わせて火にかけ、キャラメル色になるまで混ぜました。さつまいもは英語でスイートポテトと言いますが、これはさつまいも自体に甘みがあるため、この名前がつきました。よくかんで味わって食べましょう。

9月15日(木曜日)

☆麦ごはん
☆ピリ辛肉じゃが
☆鶏ごぼう汁
☆冷凍みかん
☆牛乳

今日の給食の『ピリ辛肉じゃが』は保谷中学校で人気メニューです。「肉じゃが」には豆板醤という中国発祥の辛みの強いみそがはいっています。『鶏ごぼう汁』のごぼうは1000年くらい前に中国から日本に伝わってきました。昔は薬として使われていましたが、平安時代の終わりから野菜として食べられるようになりました。食物繊維を多く含み、おなかの調子を整える働きがあります。日本ではおなじみの野菜ですが、食用としているのは日本のほかに台湾や韓国の一部だけのようです。

9月14日(水曜日)

☆かてめし
☆ゼリーフライ
☆大豆の磯煮
☆味噌けんちん
☆牛乳

今日の給食は埼玉県の郷土料理です。主食の『かてめし』は埼玉県の秩父地方でよく食べられている混ぜごはんです。ごはんの量を増やすために野菜などを煮て味付けしたものです。主菜の『ゼリーフライ』の名前の由来は、この形にあります。小判のような形をしているため、初めは「銭フライ」と呼ばれていたようですが、いつしか『ゼリーフライ』と言われるようになりました。給食では茹でたじゃがいもとおからなどを混ぜ、小判型にしたものを油で揚げました。できるだけ残さず、きれいに食べましょう。

9月13日(火曜日)

☆おっきりこみ
☆こんにゃくの白和え
☆焼餅
☆牛乳

今日の給食は群馬県の料理です。『おっきりこみ』は幅の広い麺と野菜がはいった煮込み料理です。『こんにゃくの白和え』のこんにゃくは、こんにゃく芋からつくられています。群馬県では全国のこんにゃく芋の90%以上が生産されています。すりつぶした豆腐、こんにゃく、にんじん、ほうれんそうにごまとしょうゆで味つけした栄養満点の白和えです。『焼餅』は小麦粉とみそ、きざんだ野菜などをいれて焼いたものです。食べるとみその風味が感じられます。よくかんで食べましょう。

9月12日(月曜日)

☆三色ピラフ
☆鶏肉のトマト煮
☆ベリータルト
☆牛乳

今日の給食は本町小学校の児童が考案したデザートで、西東京市の畑でつくられた果物を使った『ベリータルト』です。市内の加藤ファームさんでつくられたブルーベリー、無着色のいちごジャム、卵、牛乳、砂糖を混ぜてタルトカップに流し、オーブンで焼きました。ブルーベリーの旬は夏です。紫色したブルーベリーは、目の疲れをとり、視力の低下を防ぐ働きがあると言われています。しっかり食べて、今週も元気に過ごしましょう。

9月9日(金曜日)

☆菊入りさつま芋ごはん
☆鰆の梅マヨネーズ焼き
☆白菜と大根の浅漬け
☆お月見白玉汁
☆牛乳

9月9日は『重陽の節句』と呼ばれる日です。古くは中国から伝わった行事で、菊の花で健康と長寿を祈ります。今日の給食は食用菊の花びらとさつまいもがはいった炊き込みごはんです。菊は桜とともに日本を象徴する花で、秋に花を咲かせます。食用菊は味や香りがよく、少し甘みがあり食べやすいです。『鰆の梅マヨネーズ焼き』は、焼いた鰆という魚にマヨネーズと梅を合わせたソースをかけた料理です。よく味わって食べましょう。

9月8日(木曜日)

☆ミーゴレン
☆青菜のスープ
☆りんごの揚げ
☆牛乳

『ミーゴレン』とは、インドネシアやマレーシアなどでよく食べられている焼きそばです。「ミー」とは麺という意味で、調味料にナンプラーという魚醤やレモンをいれて香づけをしています。デザートの『りんごの揚げ春巻き』はりんご・シナモン・砂糖を混ぜたもの春巻きの皮1つ1つ丁寧に包み、油で揚げました。よく味わってください。

9月7日(水曜日)

☆ひじきと油揚げのごはん
☆いわしの竜田揚げ
☆キャベツのおろし和え
☆じゃがいものみそ汁
☆牛乳

『いわしの竜田揚げ』のいわしは、漢字で「魚」へんに「弱い」と書いて「鰯」と書きます。海の中で敵から身を守るため群れになって泳ぎ、遠くから見ると巨大な生物のように見えます。漁師はこの群れを囲み、まとめていわしを獲ります。いわしには、たんぱく質・カルシウム・体に良いとされる脂質が多く含まれています。今日の給食は、下味をつけたいわしに衣をつけて油であげた『龍田揚げ』です。しっかり食べて、午後も元気に過ごしましょう。

9月6日(火曜日)

☆トマトのカレーライス
☆糸寒天サラダ
☆梨
☆牛乳

『糸寒天サラダ』の糸天とは、海藻の天草などの海藻類を煮溶かして、乾燥させたものです。海藻からつくられているので、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊は腸内環境を整える働きがあり、腸内で水分を吸収してくれるので、満足感も得られやすいです。他の野菜と合わせることで栄養バランスよく食べることができます。果物の『梨』は秋が旬です。水分が多く、少しザラザラした口あたりが特徴です。 旬の果物を味わってください。

9月5日(月曜日)

☆タコライス
☆イナムドゥチ
☆サーターアンダギー
☆牛乳

今日の給食は沖縄県の料理です。『イナムドゥチ』とは、沖縄に古くから伝わる琉球料理のひとつで、旧正月や成人式などのお祝でよく食べられます。沖縄で「イナ」はいのしし、「ムドゥチ」はもどきを意味します。給食では、いのししの代わりに豚肉を使った具だくさんみそ汁をいただきます。『サーターアンダギー』は揚げ菓子の一種で、丸型の揚げドーナツです。給食室でサーターアンダギーを手作りしました。よくかんで食べましょう。

9月2日(金曜日)

☆オレンジフレンチトースト
☆カリカリ大豆のサラダ
☆ブイヤベース
☆牛乳

今日から2学期の給食が始まります。初日の給食は洋食の献立です。「フレンチトースト」は溶いた卵・牛乳・マーガリン・砂糖を食パンに浸み込ませて焼いたものです。今日の給食は、牛乳の代わりにオレンジジュースがはいった『オレンジフレンチトースト』です。『ブイヤベース』は、フランスの地中海地方の海鮮スープです。給食では、メルルーサという白身魚・いか・えびをいれ、トマト味のコクのあるスープに仕上がっています。よく味わって食べてください。

このページのトップに戻る本文ここまで


保谷中学校

住所:〒202-0015 西東京市保谷町一丁目17番4号
電話:042-463-2551
交通アクセス
Copyright © Houya Junior High School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る