このページの先頭です
西東京市立柳沢中学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

  • 学校の紹介
  • スクールライフ
  • 行事予定
  • 学校の組織
サイトメニューここまで

現在のページ 柳沢中学校 の中の スクールライフ の中の 生徒の活動の様子 の中の 能の体験・鑑賞教室を実施しました のページです。

本文ここから

能の体験・鑑賞教室を実施しました

更新日:2018年2月8日

オリンピック・パラリンピック教育 能の体験・鑑賞教室

校報「朱雀」二月七日号「能の体験・鑑賞教室」をアップしました。


校報「朱雀」能の体験・鑑賞教室


27日体育館にて

東京都オリンピック・パラリンピック教育では、その育成すべき人間像の一つに「日本人としての自覚と誇りをもち、自ら学び行動できる国際感覚を備えた人間」を掲げていますが、本校はこの点を重点項目ととらえ、種々の取組を進めてきました。
今回は、昨年度に引き続き、本校卒業生でもある、銕仙会能楽師、小早川修様を筆頭に、銕仙会の皆様による能の体験・鑑賞教室を開催しました。


銕仙会 小早川修様

一月二十六日金曜日の午後、一年生のワークショップをし、一月二十七日土曜日の一、二時間目に二年生がワークショップを実施しました。

ワークショップ


DVDによる解説


青柳教諭による司会

ワークショップは小早川様のご指導のもと、視聴覚室での実施でした。能の全体像や歴史などのレクチャー、面(おもて)の解説や、装束を実際に着せていただくなどのミニ体験などを交え、たっぷりと講義していただきました。
休憩をはさんで、謡の解説と練習。能「敦盛」を題材に、物語の朗読やキリの稽古、楽器の解説と三番叟大鼓の練習などを行いました。


装束の体験


小早川様による笛の実演


面(翁)


エアで大鼓の練習

体験

一月二十七日土曜日、二年生のワークショップ後、続いては体験・鑑賞教室です。一年生、二年生が体育館に集まり、講習を行いました。
笛、小鼓、大鼓、立ち居振る舞いの四つを体験します。全体を四グループに分け、銕仙会の方々が全部のグループを回って体験させてくださいました。


小鼓の体験


大鼓の体験


笛の体験


立ち居振る舞いの稽古

我が国の伝統的な音楽は、拍節感の多様さや即興的な表現、装飾的な要素をふんだんにまとった旋律など、生徒の自由な意見や発案を促すための要素を豊富に内包しています。新学習指導要領に示されている、主体的、対話的で深い学びを促すためにはとても効果的な題材であり、しかも日本の伝統文化の理解を深めるためにも重要な取組です。
実習では、生徒の皆さんが興味関心をもって取り組む姿がたくさん見られました。

鑑賞

最後は鑑賞です。
今年は敦盛の半能をお願いしました。体育館は寒く、それがかえって凜とした空気を作ってくれます。そこに、四拍子にのせて能が始まると、体育館は瞬時に幽玄の世界に包まれました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページのトップに戻る本文ここまで


柳沢中学校

住所:〒202-0022 西東京市柳沢三丁目8番22号
電話:042-463-5014
交通アクセス
Copyright © Yagisawa Junior High School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る