このページの先頭です
西東京市立田無第二中学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで

現在のページ 田無第二中学校 の中の スクールライフ の中の 今日の給食 の中の 11月の給食 のページです。


本文ここから

11月の給食

更新日:2017年11月29日

11月30日(木) 五穀おこわ、いわしのから揚げ、おろし和え、豚汁、牛乳

291130

きょうの五穀おこわは、赤米、もちきび、もちあわ、麦、もち米、大豆が入っています。昔は、白米が貴重だったため、きびや麦、あわなどの雑穀を、白米に混ぜて食べていました。最近では、健康食ブームでいろいろな雑穀の商品が発売されています。これらの雑穀にはビタミン類、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。特に食物繊維は、腸の働きをよくし、生活習慣病の予防に効果があります。また、かみごたえがあるので、良く噛むことで歯周病の予防にもなります。しっかり噛んで食べましょう。

11月29日(水) 木の実トースト、キャベツのカレーポトフ、カリカリベーコンのサラダ、牛乳

291129

きょうのカレーポトフは、西東京市の共通献立です。市内の保育園や小学校の栄養士さんたちは、「野菜をたっぷり食べよう」「めざましスイッチ朝ごはん」を目標に取り組んでいます。野菜のことをいろいろ知ってもらおうと「野菜たっぷりカレンダー」を毎年作っています。今回は、市内の保育園や小中学校で地場産農産物を使った共通献立を実施することになりました。きょうのカレーポトフとサラダには、地場産のキャベツとにんじんをたっぷり使っています。味わって食べてください。

11月28日(火) カレーラーメン、ジャーマンポテト、みかん、牛乳

291128

きょうはノロウイルスについてお話します。ノロウイルスは冬季を中心に発生する感染性胃腸炎の原因となるウイルスです。感染力が強くごく少量のウイルスでも手や食べ物などを介して口から体内に入ることで感染します。感染すると下痢やおう吐、発熱などの症状が出ます。誰でもかかるので家族や学校では集団で感染することがあります。ノロウイルスに感染しないための最大の予防策は手洗いです。トイレのあと、食事の前は石けんを使ってきちんと手洗いをしてください。また、具合が悪いときは無理をしないようにしましょう。

11月24日(金) バラ天丼、白菜そぼろ汁、みそドレッシングサラダ、牛乳

291124

きょうは和食についてお話します。平成25年に「和食 日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。それを受けて、「いい日本食」の語呂合わせから11月24日を、日本の食文化について見直し、和食文化の保護・継承の大切さについて考える日として「和食の日」と制定されました。和食の特徴は、ご飯を中心に旬の食材である魚介類や野菜、きのこなどと、みそや豆腐などの大豆製品を組み合わせると、栄養素や食品のバランスを自然にとることができます。また、和食は季節感や年中行事も大切にしています。

11月22日(水) えびチリ焼きそば、白菜スープ、茎わかめのナムル、牛乳

291122

きょうはプリプリとした食感がおいしいエビについてお話します。エビをゆでると赤くなるのは、アスタキサンチンという色素のためで、カニやサケにも含まれています。アスタキサンチンは抗酸化作用があり、動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立ちます。また、目の疲れを予防する働きもあります。きょうのえびはバナメイというエビです。クルマエビの仲間なので甘みと風味があります。スーパーではブラックタイガーとともに一番出回っているエビです。味わって食べてください。

11月17日(金) アーモンド蒸しパン、シーフードチャウダー、キャベツとコーンのサラダ、りんご、牛乳

291117

きょうは蒸しパンに入っているアーモンドのお話です。アーモンドは、カシューナッツ、くるみ、ピーナッツなどといっしょにナッツ類といいます。ナッツには体によい良質の植物性脂肪、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。またアーモンドの最大の特徴はビタミンEが豊富であることです。ビタミンEは抗酸化作用があるため、生活習慣病を防ぐ働き、血行を良くする働き、老化を抑制する働きなどがあります。しっかり食べましょう。

11月16日(木) ごはん、はりはり漬け、豆腐の卵とじ、のっぺい汁、牛乳

291116

きょうは里芋のお話です。山にできる山芋に対し、里にできる芋という意味で、里芋といわれています。里芋は水分以外のほとんどがでんぷんで、加熱すると消化吸収しやすくなります。高血圧予防に効果的なカリウムと、生活習慣病によい食物繊維がたっぷり含まれています。ぬめり成分のガラクタンは免疫力を高める効果があり、同じくぬめりに含まれるムチンは粘膜を保護する作用があり、風邪予防になります。しっかり食べて風邪に負けないようにしましょう。

11月15日(水) みそ煮込みうどん、小松菜の和え物、ミルクかりんとう、牛乳

291115

きょうは給食に野菜を届けてくれる農家さんの紹介をします。90年前から向台町6丁目で農業をされている田倉農園さんは、現在4代目です。79アールの広い農地に、露地栽培とハウス栽培で、小松菜、大根、かぶ、にんじん、ねぎ、白菜、キャベツなどを育てています。できるだけ農薬を使わないように、堆肥を使ったり、畑の土に活性炭を入れて肥やしにするなど、安心で安全なそしておいしい野菜を食べてほしいと日々、野菜作りに励んでおられます。味わって食べてください。

11月14日(火) ドライカレーライス、コロコロサラダ、牛乳

291114

きょうはドライカレーに入っているレーズンについてお話します。レーズンは完熟したぶどうを天日干ししたものです。木になったままで自然乾燥していたぶどうが見つかったことがレーズンの歴史の始まりといわれています。薬用としても重宝され、古代ローマではなんと壺二杯分と男子の強制労働者一人と交換ができたそうです。現在ではアメリカのカリフォルニア州がもっとも有名な産地です。レーズンの栄養価はぶどうを干すことでさらに高まります。特にミネラルがグンと増え、貧血や骨粗しょう症の予防によいとされます。しっかり食べましょう。
 

11月13日(月) チーズトースト、ボルシチ、さやいんげんサラダ、牛乳

291113

きょうのボルシチはロシア料理です。玉ねぎ、にんじん、キャベツ、肉などの材料をスープでじっくり煮込んで作ります。ボルシチはブイヤベース、トムヤムクン(あるいはふかひれスープ)とともに世界三大スープのひとつに数えられています。ロシア料理の定番と思われているボルシチですが、実はウクライナが発祥といわれています。肥沃な穀倉地帯が広がるウクライナは昔からのグルメの宝庫だったのです。寒いとに食べるのにぴったりのボルシチを味わって食べてください。

11月10日(金) 胚芽米ごはん、タラチゲ、せん切りポテトサラダ、梨(新興)、牛乳

291110

きょうは胚芽精米についてお話します。胚芽精米とは、玄米からぬかだけを取り除き、胚芽を80%以上残したものです。白米は、胚芽とぬかを取り除いたものです。胚芽精米には、稲の発芽に必要なミネラルとビタミンが豊富で、糖質をエネルギーに換えるビタミンB1、発育を促進するビタミンB2、タンパク質の代謝に欠かせないビタミンB6、若さを保つといわれているビタミンEなどが含まれています。よく噛んでしっかり食べましょう。

11月9日(木) チキンライス、洋風卵焼き、オニオンスープ、牛乳

291109

きょうは卵についてお話します。現在では毎日のように食べられている卵ですが、昔は滋養強壮に病人が食べる貴重な食品でした。卵には、ひよこが成長するために必要とされるたくさんの栄養成分が含まれているからです。良質のたんぱく質をはじめ、脂質、ビタミンA、B群、鉄などほとんどの栄養素が含まれているので「完全栄養食品」と呼ばれていますが、ビタミンCや食物繊維が豊富な野菜などを合わせてとるとさらに栄養バランスがよくなります。洋風卵焼きを味わって食べてください。

11月7日(火) ヘルシーハンバーガー、きのことマカロニのシチュー、わかめサラダ、牛乳

291107

きょうはおからのお話です。おからは豆腐を作る際にできる豆乳を絞った残りかすです。地域によって「卯の花」や「きらず」などの別名があります。おからにはごぼうの2倍の量の食物繊維が含まれており、カルシウム、たんぱく質なども豊富で、またローカロリーのためヘルシーフーズとして大いに注目を集めています。最近ではおから入りクッキーやせんべいなど売られています。また、おからの食物繊維はセルロースという水に溶けないタイプのもので、腸内の残留物をそうじしてくれるので大腸ガンの予防につながります。おから入りヘルシーハンバーガーを味わって食べてください。

11月6日(月) えのきごはん、鮭と大豆の揚げ煮、だご汁、牛乳

291106

きょうのだご汁は、熊本県の郷土料理です。「だご」とは、熊本弁で団子のことで、だご汁とは小麦粉を練ってちぎった平らな団子を汁に入れたものです。だご汁は同じ熊本県でも、地域によってちがい、阿蘇地方では山の具が豊富に入ったみそベースの汁で、有明地方では、貝類が入ったすまし汁です。きょうは里芋をゆでてつぶし、小麦粉を加えて団子を作り、野菜ときのこがたっぷり入ったみそ汁に入れました。味わって食べてください。

11月2日(木) 高野豆腐のそぼろごはん、焼きししゃも、ごま和え、わかめのみそ汁、牛乳

291101

きょうは高野豆腐のお話です。高野豆腐は、別名「凍り豆腐」「しみ豆腐」とも呼ばれ、その名のとおり、豆腐を凍らせて乾燥させたものです。高野山で製造されたものが全国に広まったものとされていますが、実際には、東北地方でもしみ豆腐と呼ばれる同じ製法のものがあり、戦国大名伊達政宗が、兵糧を研究するうちに開発したと伝えられています。現在は寒冷地である長野県が日本最大の生産地です。高野豆腐のそぼろごはんを味わって食べてください。

11月1日(水) 十三夜ごはん、揚げだし豆腐のおろしソース、キャベツのおかか和え、たぬき汁、牛乳

291101

 きょう11月1日は十三夜です。日本では古くから秋の名月を鑑賞する「お月見」の風習があります。お月見というと旧暦八月十五日の十五夜がもっとも有名ですが、古来からもうひとつの旧暦九月十三日の十三夜も、また美しい月であると重んじられてきました。十五夜には里芋などを供えることが多いため「芋名月」と呼ばれていますが、十三夜は栗や豆を供えることから「栗名月」とか「豆名月」といわれています。きょうの十三夜ごはんには、栗と青大豆が入っています。味わって食べてください。

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

田無第二中学校

住所:〒188-0003 西東京市北原町二丁目9番1号
電話:042-462-2812
交通アクセス
Copyright © Tanashidaini Junior High School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る