このページの先頭です
西東京市立保谷第二小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

サイトメニューここまで

現在のページ 保谷第二小学校 の中の スクールライフ の中の ホニホニ行事 の中の H28 ホニホニ行事 のページです。

本文ここから

H28 ホニホニ行事

更新日:2017年3月6日

2月23日(木曜日)お別れスポーツ大会を行いました。曇り空の寒い日でしたが、5年生も6年生も熱いプレイがたくさん見られました。応援の声も「どんまい!」「いいよ!いいよ!」とお互いを認めて励ましあう声がたくさんきかれました。

2-4

2月16日(木曜日)に、たてわりロング集会「6年生ありがとうの会」がありました。1、2学期のたてわり班活動では最高学年として下級生に優しく接し、活動を盛り上げることができました。

2-1

2-2

2-3

2年生 ライトアップにはぴったりだった「うちゅうせんでゴー!」。シルバーのスプレーで塗装するまでは試行錯誤の連続でした。木工用ボンドや強力な接着剤で何度も接着し直して、ようやく完成。自慢の作品が出来上がりました。「かっこいい!」とたくさんの方にほめられました。

12-3

12-4

10月30日(月曜日)から読書旬間始まりました。初めての読書旬間で、普段あんまり本を読まない子も、たくさんの本を読むことができています。 読書旬間のために、図書室に行き本を借りたり、家から持ってきたりと意欲的に読書をするようになりました。「本を読むことが好きになったよ」と、教えてくれる子もいました。

12-1

12-2

保谷第二小学校70周年記念品バンダナ

11-4

10月18日(火曜日)に歯磨き指導ありました。歯ブラシの持ち方や、力の入れ方、磨き方などを教えてもらいました。 教えてもらった磨き方を一生懸命実践していました。磨いた後に、「きれいになったよ」、「つるつるになったよ」と、子ども達が教えてくれ、満足そうでした。

11-3

11-2

11-1

ホニホニ共和国10月8日(土曜日)のにぎやかな様子

初めてのホニホニ共和国、一年生はとてもわくわく、ドキドキでした。お店番を一生懸命行い、大きな声で頑張っている姿に成長を感じました。 来年もとても楽しみにしています。

10-7
1年生

10-8
1年生

10-9
1年生

2年生は初めてお店を出しました。1組の「ばけものシューター」と3組の「ストラックアウト」は、的を狙うゲーム。2組の「海賊たちが残した宝物」は、箱の中身当てとコイン落としでした。子ども達は緊張しながらも一生懸命ルールの説明をしました。「お客さんに楽しんでもらうためにどうすればよいか。」を考える貴重な体験ができました。

10-14
2年生

10-15
2年生

10-16
2年生

4年生は投げタイ探しタイ笑いタイを合言葉にホニホニ共和国を4階で行いました。各学級の子どもが各階に回って大きな声でお店の宣伝をし、一人一人役割を果たしていました。来年は高学年、これまでのホニホニ共和国の経験を生かして、さらにお客さんに楽しんでもらうための計画を立てていきます。

10-11
4年生

10-12
5年生

10-13
5年生

4年生は、10月4日(火曜日)に社会科見学行きました。天気に恵まれ、小作浄水場、玉川兄弟像のある羽村取水堰、羽村市郷土博物館、柳泉園に行きました。案内の方々の話を聞き、学習したものの実物を見て、子どもたちはこれまで学んだことを深めることができました。

10-6

10-5

9 月24 日(土曜日) 道徳地区公開講座が開かれました!

5年 音楽鑑賞教室

9月16日、プロのオーケストラの演奏聴きに、こもれびホールへ行きました。いつもとは違った雰囲気での鑑賞に子どもたちはわくわく、どきどきしていました。色とりどりの楽器は聴くだけではなく、見ても楽しく、子どもたちはオーケストラに釘づけでした。馴染みのある曲が流れると、前のめりにして聴き入る姿が見られました。また、ホールに響き渡る音色を楽しんだり、パーカッションが織りなすリズムに合わせて体を動かしたりと、一人ひとりが音楽に親しむことができていたようです。この音楽鑑賞教室で培った豊かな感性を様々な場面で生かしてほしいと思います。

移動教室 きずなを深め思い出つくろう In 赤城

移動教室初日。雨の降る中、どきどき、わくわくしながら出発式を行いました。赤城では、自然を満喫すると同時に、仲間と力を合わせて様々な活動に取り組みました。友達と一緒に思う存分楽しみ、様々な事を学び、収穫の多い三日間となりました。保護者の皆様の温かいご協力に感謝します。ありがとうございました。

10-4
野外炊事の様子

10-3
楽しく踊り

10-2

10-1
ようやく晴れた朝

夏の学習会の様子 7月の終わりに夏の学習会を開きました。「久しぶり?」「この前、会ったばっかりだよ。」とまだ夏休み気分にはなっていない様子。いつもと少し違う雰囲気のおかげか集中して課題のプリントに取り組むことができていました。学習会が終わると、「今日はプールだ。」といきいきと教室を後にしていました。二学期の準備は万端かな?

7-8

7-7

7-6

7-5

7-4

1学期終業式 7月20日(水曜日)1学期の終業式を行いました。2年生と4年生がそれぞれ1学期を振り返った感想を発表しました。新しいお友達ができたこと、苦手だったものができるようになったことなど、全校に元気いっぱい伝えてくれました。どの子も2学期に向かって頑張っていこうという気持ちがあふれていました。新学期が楽しみです。

7-3

7-2

6月24日(金曜日)にスポーツテストを行いました。6年生は1年生に、5年生は2年生に、4年生は3年生に優しく教えながら、各種目に挑戦していました。日ごろの運動の成果を発揮しようと意気込んでいる様子でした。去年の記録よりも伸び、喜んでいる様子が見られました。

7-1

6月14日(火曜日) 4年生 水道キャラバン 今年も、東京都水道局の方々による水道キャラバンの出前授業が行われました。家庭での水の使われ方や、水がきれいになって水道から出てくるまでの流れについて、楽しくわかりやすく教えていただきました。自分たちで実際に水をろ過する実験では、かきまぜるとどんどんきれいになる水に「すごい!」と驚いた様子でした。

6-7

6-6

5月21日(土曜日)保谷第二小学校 運動会 運動会、今年のスローガンは、「70年 深まるきずな 協力し合い 炎とイナズマ 嵐をおこせ!」でした。赤、白どちらの組も正々堂々、真剣勝負を繰り広げ、今年の運動会も白熱した戦いとなりました。 どの学年もこれまで一生懸命に練習してきた成果を、発揮することができました。開校70周年にちなんだ演技や競技が多く、会場からは大きな拍手が沸き起こりました。

6-5

6-6

6-7

6-8

6-9

6-10

6-11

6-12

6-13

6-14

6-15

6-16

6-17

6-18

6-19

6-20

5月26日(木曜日)、今年度初めてのたてわりロング集会開かれました。まずは、自己紹介。照れながらも一生懸命に名前を言う姿は微笑ましかったです。そのあと、室内でゲームをして遊びました。初めは恥ずかしがっていた1年生も、お兄さん、お姉さんと一緒に遊べて、楽しそうにしていました。今回、初めてリーダーとして活躍した6年生。何週間も前から準備を進めてくれていたおかげで、とても有意義な楽しい会になりました。今後のたてわり班活動が楽しみです。

6-4
今年度初めてのたてわりロング集会

6-3
今年度初めてのたてわりロング集会

6-2
今年度初めてのたてわりロング集会

6-1
今年度初めてのたてわりロング集会

5月2日5年生は、武蔵横手駅から物見山頂上を通り、日和田山にぬける奥武蔵ハイクに出かけました。班で協力しながら山道を歩き、ハイキングを楽しむことができました。

5-5

4月22日(金曜日)2年生の稲荷山公園の遠足がありました。お天気にも恵まれ、絶好の遠足日和でした。 公園に着いて、グループごとにオリエンテーリングを行いました。校長先生とじゃんけん、2文字しりとり、校歌を歌うなどグループみんなで協力して、全てのミッションをクリアすることができました。 待ちに待ったお弁当の時間では、友達と楽しそうに話しながらおいしいお弁当を堪能しました。

5-3
2年生の稲荷山公園の遠足

5-4
2年生の稲荷山公園の遠足

4月20日(水曜日)1・2校時に、1・2年生合同の「はたらく消防」写生会行いました。消防士や消防団の方々から、貴重なお話を聞きました。写生会では、消防車をよく見ながら、紙いっぱいに大きく絵を描くことができました。

5-1
1・2年生合同の「はたらく消防」写生会

5-2
1・2年生合同の「はたらく消防」写生会

4月6日 入学式 保谷第二小学校に新一年生が仲間入りしました。入学式では、2年生が1年生のために、歌と合奏のプレゼントをしました。元気な歌声が体育館に響き渡り、新一年生も楽しそうに聴いていました。

nyugakushiki
平成28年度入学式

このページのトップに戻る本文ここまで


以下フッターです。

保谷第二小学校

住所:〒202-0022 西東京市柳沢四丁目2番11号
電話:042-463-4515
交通アクセス
Copyright © Houyadaini Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る