このページの先頭です
西東京市立保谷小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで

現在のページ 保谷小学校 の中の 学校の紹介 の中の 校長挨拶 のページです。


本文ここから

校長挨拶

更新日:2017年5月8日

開校143周年の始まりです。

校長 高野 富


平成29年3月31日夕方、校舎屋上に「開校143周年西東京市立保谷小学校」の看板が掲げられました。28年度末保谷小学校を巣立った子供達は12850人になります。
変わって4月6日、平成29年度が始まりました。1年生95名、2年生65名、3年生96名、4年生75名、5年生93名、6年生75名、計499名、15学級の子供たちです。心も体も成長した子供たちを私、校長高野富を先頭とし、60名の教職員で見守り育てます。全員一丸となり、143年の歴史に恥じることなく、さらに前進したいと思います。本年度もよろしくお願いいたします。

さて、4月3日8時15分、全職員を前に次のように話をいたしました。

その1 保谷小学校は市内の基幹小学校である。基幹校に勤める人間として自負をもち、責任を果たして欲しい。教員は指導者である。子供たちの良さを引き出し、成長させることが責務。子供たちに負けないように自己研鑽を積んでほしい。
その2 小学校に勤める人間は、職種や経験は異なっても成熟した社会人でなければならない。子供たちがあこがれる大人であってほしい。言葉遣い、挨拶、服装すべてが子供たちの心を育てる要素となることを肝に銘じてほしい。
 その3 一人では何も出来ない。学年、副担任、行政職、保護者、地域の方々と協力し助け合って行動してほしい。そのためには、常に謙虚な気持ちをもち、自分の行動を変容させることのできる、しなやかな心をもち続けてほしい。
 その4 私は保谷小学校の責任者として、何をどのように目指すのか。方向性や手段を常に伝え続ける。一人も見捨てることなく、過去を振り返ることなく、この大人たちで499名の子供たちを育てたい。
最後に校長14年目の経験を生かし、全力で取組むので信頼しついてきてもらいたい。

保谷小学校教育目標
すすんで学ぶ子

西東京市立学校教育研究奨励事業研究指定校算数科2年目

助け合う子

東京都教育委員会日本の伝統・文化の良さを発信する能力・態度の育成事業指定校

元気な子

東京都教育委員会オリンピック・パラリンピック教育推進校

保護者、地域をはじめ保谷小学校を支えてくださる皆様、これからもよろしくお願いたします。

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

保谷小学校

住所:〒202-0015 西東京市保谷町一丁目3番35号
電話:042-463-4511
交通アクセス
Copyright © Houya Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る