このページの先頭です
西東京市立碧山小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

サイトメニューここまで

現在のページ 碧山小学校 の中の スクールライフ の中の 今日の給食献立(実際の様子) の中の 平成29年度 給食の様子 の中の 1月22日〜1月26日 のページです。

本文ここから

1月22日〜1月26日

更新日:2018年1月30日

22日(月曜日)の献立

・あんかけうどん
・ごぼうとツナのサラダ
・いが栗揚げ

・牛乳

 いが栗揚げは、秋に十三夜お月見献立としてお出ししていますが、毎年とてもたくさんのリクエストをいただくため、3学期にもう一度登場することが多いです。ごぼうとツナのサラダは、ツナを入れることでごぼうの土臭さがおさえられ、野菜が苦手な児童が多い低学年にも人気のサラダです。

23日(火曜日)の献立

・ごはん
・鯖の味噌煮
・白菜のお浸し
・五目汁
・牛乳

 大雪の影響で食材が届くかが心配されましたが、少しの遅れはあったものの無事に給食を調理することができました。給食の調理は朝7:00前から行われ、食材を運搬する業者の方々は、そのさらに前の時間から仕入れや配達で動いて下さっています。朝からの全校雪遊びでたっぷり体を動かした子供たち、「温かい給食がおいしい!」と大喜びでした。

24日(水曜日)の献立

学校給食週間1日目「昭和の給食(1)」
・ミルクコッペパン
・りんごジャム
・カレービーンズ
・マカロニサラダ
・牛乳

 戦後の給食の主食は、連合国側から援助された小麦粉で作られたパンばかりだったことを、子供たちにおたよりで紹介しました。パン中心の給食は、昭和50年代にごはん給食が導入されるまで、約30年続いたとのことです。「パン」+「和風の煮物」+「脱脂粉乳」といった変わった組み合わせの献立も珍しくなかったようです。

25日(木曜日)の献立

学校給食週間2日目「昭和の給食(2)」
・わかめごはん
・くじらの竜田揚げ
・ごま和え
・さつま汁
・牛乳

 調査捕鯨の副産物であるミンククジラ肉を、学校給食用に特別に低価格で購入させていただきました。捕鯨が国際的に禁止される昭和50年代より前は、クジラ肉は豚肉の1/3の価格で売られていたため、学校給食でも頻繁に登場したそうです。細かく切ったクジラ肉を、おろした香味野菜(にんにく、しょうが、玉ねぎ)に漬け込んで、柔らかく、臭みを感じさせないように仕上げました。毎年大人気です。

26日(金曜日)の献立

学校給食週間3日目「昭和の給食(3)」
・ソフト麺
・ミートソース
・グリーンサラダ
・りんご
・牛乳

 パン給食ばかりで飽きないようにと、ソフト麺が給食に登場するようになったのが昭和40年代のことです(ごはん給食の方が、設備や配送にお金がかかるために導入が遅れました)。ミートソースの他、うどんや中華めんのかわりなど、色々な料理として食べられてきました。「懐かしい!」と嬉々として児童に食べ方のコツを伝授する先生もいれば、碧山小でしか見たことがありません、という若手の先生もいて、毎年世代の差を感じる献立です。

このページのトップに戻る本文ここまで


以下フッターです。

碧山小学校

住所:〒202-0013 西東京市中町五丁目11番4号
電話:042-422-4521
交通アクセス
Copyright © Hekizan Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る